« タチウオのフライ … 居酒屋「春告魚(めばる)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | 水割りであつどーふ … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野) »

ハッピーアワー … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷)

四ツ谷方面での仕事を終えて、四ツ谷駅近くのビルの2階にある英国パブ「ザ・ライジング・サン」に入ったのは午後6時。予想どおり、この早い時間、店内には先客はなく、右手の5~6人カウンターも、左手の大きなテーブル席も開店直後のピッチリと整理が行き届いた状態です。

カウンターの中で料理(シェパーズ・パイ)を作っている、この店のバーキーパーのおねえさんに、バスペールエールを注文します。このところいつもサッポロ生ビールをいただいていたのですが、今日はなんとなくエールが飲みたかったのです。バスペールエールも生で、専用のサーバーから注がれます。

ハッピーアワー(毎日午後5時半~7時半)のこの時間、バスペールエールは通常900円のところが750円。なんだかちょっとうれしいですね。ちなみにハッピーアワーで安くなるのは、このバスペールエールの他には、サッポロ生ビール 700円→550円、ウイスキー(シングル)750円→500円、カクテル 800円→500円などです。

思いっきりお腹もすいているので、ちょっとつまむものをもらおうかな。ピクルドエッグ(玉子の酢漬け、250円)を注文すると、玉子がたくさん漬けこんである瓶から1個を取り出しながら、「おにいさん、グルメですねぇ」とおねえさん。「えっ? なんで。そんなことないですよ」と答えると、「ピクルドエッグやピクルドオニオンを食べる人は、外国にもよく行ってたりするグルメの人が多いんですよ」とのこと。へぇー、そうだったのか。

たしかに英国出張のときに、とあるパブでピクルドオニオン(小タマネギの酢漬け)にすっかりはまってしまって、帰りには缶詰のピクルドオニオンを何個か購入して、自分用に持って帰ったほどでした。グルメかどうかはさておいて、海外に行かないとめぐり合わなさそうな食べ物であることは確かなようです。この店に来ると、自家製のピクルドオニオンもあって、根強いピクルドオニオンファンもいるのだそうです。「できるだけ長く漬かってるのをくれ、っていう人もいるのよ。外国のお客さんだけど」とおねえさん。

ピクルドエッグは食べやすいように包丁で4つに切って出してくれました。んー。この酸っぱさがビールに合うように思うのは私だけだろうか。待てよ。ここでよくお会いするキタさんも、生ビールに黒酢を何滴かおとして飲んでますよねぇ。あれも酸っぱさとの相性なのかなぁ。今度会ったら聞いてみなきゃ。

30分ほどかけてじっくりとバスペールエールをいただいて、2杯目はいつものサッポロ生ビール(700円→550円)をいただきます。エールのあとでいただく生ビールは、なんだかとてもライトに感じて、スイスイと喉の通りが良すぎるなぁ。

「こんばんは」とやってきたのは、お客さんかと思いきや、ビールを配達してくれる業者さん。「ここに置きますねぇ」とカウンター上に並べたのは生姜ビール(GINGER BEER)とヒューガルデン(Hoegaarden)です。なるほど。こうやって少量ずつ届けてくれるんですね。

おねえさんは茹であがったポテトをつぶして、つぶしてマッシュポテトの状態にして、それをパイ皿の底に敷いて、その上に別に煮込んでいた挽き肉主体の具をたっぷりと盛り、またマッシュポテトを入れて表面を平らに整形します。つまりポテト、挽き肉、ポテトの三層構造になるわけですね。最後にポテトの表面に、フォークの先を使ってナミナミ~と模様をつけたらできあがり。サランラップをかぶせて、今日の日付の付箋紙を張って保存します。

「すぐに食べないんですか?」と聞いてみると、「何日か置いたほうがおいしいのよ。だから今日出すのは、何日か前に作ったもの。これを出すのは来週ね」とのことでした。

「こんばんは」とやってきたのは、今度は本当にお客さん。天井の梁(はり)のところにぶら下がっている金属製のジョッキをひとつ取っておねえさんに渡すと、おねえさんがそれに生ビールを注いでくれます。

このお客さんはキムさんといって、韓国人なのだそうです。店のおねえさんがマレーシア人、そして私が日本人と、3人しかいない店内なのに国際色豊かです。とはいえ、みなさん日本語がとても上手、というかほとんど日本人と変わらない状態なので、あまり外国の人って感じもしないくらいです。

ググッと生ビールを飲み干して、今日は終了。約1時間半の滞在は1,550円でした。

帰りに1階の入口のところに張り出されていた「期間限定 特別ハッピーアワー(17:30-19:30)」というお知らせを見てみると、「シェパーズ・パイ・ライトまたは自家製イギリスソーセージ・ライト + ギネス・ハーフパイントまたはバスペースエール・ハーフパイントで1,000円。飲み物はサッポロ生やカクテル、ソフトドリンクでもよい。また500円プラスで食べ物のライトをパブ・プラッター(ディナー)に変えることもできる。」とのことです。「期間限定」がいつまでなのかよくわかりませんでしたが、おねえさんの話によると、この店の自家製ソーセージもお土産として持ち帰る人がいるくらいの人気の品らしいので、「特別ハッピーアワー」で試してみるといいかもしれませんね。

061110a 061110b 061110c
バスペールエール / ピクルドエッグ / サッポロ生ビール

店情報前回

《平成18(2006)年11月10日(金)の記録》

|

« タチウオのフライ … 居酒屋「春告魚(めばる)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | 水割りであつどーふ … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/13101197

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーアワー … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷):

« タチウオのフライ … 居酒屋「春告魚(めばる)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | 水割りであつどーふ … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野) »