« 改装工事終了! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「ニューボンボン」(横浜・西谷) »

ねっとりもっちり牛スジ … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜)

ふらりとやってきたのは横浜駅西口は狸小路にある「豚の味珍」。その店名のとおり豚の頭や舌、足、耳、尾、胃など(各700円)でお酒が飲めるお店なのです。

「豚の味珍」は路地をはさんで両側に2軒。そしてそのそれぞれに1階の店舗と2階の店舗があるので、都合4店舗がここで営業しているのです。本店1階はL字カウンターのみ、本店2階はL字カウンターとテーブル席がひとつ。支店(新店)1階はV字カウンターのみ、そして支店2階はL字カウンターにいくつかのテーブル席と、4店の中では最も大きいお店です。

今日は本店の2階にしてみましょう。本店の扉を開けて「こんばんは」と店内へ。月曜、午後7時の店内はまだまだ余裕があって5割程度の入りです。「いらっしゃいませ」と迎えてくれる本店1階のおにいさんに「2階にあがります」と声を掛けて、入り口右手の急な階段で2階へ。

2階はけっこういっぱいで、空いているのはカウンターに2席のみ。そのひとつに腰をおろし、まずはビール(中瓶、500円)をもらってプハァーッと1杯。瓶ビールはキリンとアサヒが選べるのですが、銘柄を指定せずに注文したらアサヒスーパードライが出されました。

「尻尾はまだありますか?」とたずねてみると、「ありますよー」という返事。さっそくその尻尾(メニュー上の表記は「猪尾」、700円)をいただきます。

ここの豚料理はどれも美味しいのですが、なかでも尻尾は人気の高い品。早い時間に売り切れていることが多いのです。たまたまかもしれませんが、月曜日だとこの時間(午後7時)でも大丈夫なんですね。

尻尾まるごとの状態で調理されているものを2~3本取り出して、ひと口大にスライスして出してくれるのです。

まん中に通った小さな骨のまわりにはプリプリとコラーゲンたっぷりの身。これを練り辛子を溶いたお酢でいただくのです。練り辛子やお酢の他にカウンター上に常備されている調味料は、ラー油(中に唐辛子がたっぷり沈殿している)、醤油と、おろしニンニク。これらを好みに応じて混ぜ合わせます。

フルフルととろける尻尾にはやっぱり焼酎(350円)ですね。「ヤカンをひとつお願いします!」この店では、焼酎はヤカンと呼ばれる銀色の器から注がれるので、焼酎そのものも「ヤカン」と呼ばれているのでした。焼酎は宝の25度のもの。表面張力の部分をズズッとすすったあと、ジョニーウォーカーのビンに入った梅エキスを入れると、全体がさっと黄色っぽくなります。

棘白菜(ラツパーサイ、300円)という白菜の漬物ももらいます。ちょっと甘めのこの漬物も、この店ならではの特徴的な品物なのです。

牛もつ煮込み(550円)をつついていたとなりのおじさんは、馬刺し(800円)を追加注文。そうそう。豚料理以外にも、ピータン(300円)や腐乳(醗酵豆腐、150円)、くらげサラダ(350円)などのメニューがあるんですよね。ヤカンをおかわりして、私も牛スジ(450円)をいただいてみることにしました。

小鉢で出された牛スジは、丸まるの筋を煮込んで冷ました上でスライスしたようで、断面がとても美しい。どーれどれ。んーーっ。これはまたねっとり、もっちりといいですねー。

1時間強の滞在は2,650円でした。どうもごちそうさま。

061204a 061204b 061204c
狸小路入口のアーチ / 猪尾 / ヤカンと梅エキス

061204d 061204e 061204f
宝焼酎 / 棘白菜 / ヤカンおかわり

061204g 061204h 061204i
牛すじ / バックバーの酒瓶 / 狸小路の様子

店情報前回

《平成18(2006)年12月04日(月)の記録》

|

« 改装工事終了! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「ニューボンボン」(横浜・西谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/13487796

この記事へのトラックバック一覧です: ねっとりもっちり牛スジ … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜):

» しっかりしていてやわらかい … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) [居酒屋礼賛]
西谷(にしや)から相鉄本線で15分弱。横浜に到着したのは午後7時50分。まだまだ夜ははじまったばかりですねぇ。もう1軒行きますか! とやってきたのは西口・狸小路にある「豚の味珍」です。ここもまた濱の酒場通・iiさんや湘南のモツラー・G.Aさんの行きつけのお店。本日のゲストである祝さんとMさんにとっては初めての「豚の味珍」だそうです。 土曜日の夜とあって本店側は1・2階とも満席。向かいの支店の2階に... [続きを読む]

受信: 2007.01.28 10:31

« 改装工事終了! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「ニューボンボン」(横浜・西谷) »