« 毎月8日は料理全品半額の日 … 居酒屋「ふくろ」(池袋) | トップページ | キンメダイとカワハギ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

お焦げで「おこげ」!? … 居酒屋「美酒佳肴(びしゅかこう)」(中村橋)

池袋駅でみなさんと別れ、自宅の近いにっきーさんとともに西武池袋線で中村橋へ。「もう1軒寄って帰りましょうか」と向かったのは、先日はじめて行った「美酒佳肴」です。ここは実はにっきーさんからご紹介いただいたお店。にっきーさんは焼酎の研究家でもあるし、さらにこの店の店主とは幼稚園が同窓なのだそうです。

今日の1杯目は麦焼酎「おこげ」(焼酎はすべて1杯500円)をストレートで。にっきーさんは同じものをロックです。これは麦を焙煎して造った焼酎だそうで、その名のとおり“お焦げ”っぽい風味が楽しめます。前回来たときに「芋焼酎はどんどん進化してるみたいだけど、麦焼酎はどうなんですか?」と店主に聞いたところ、「麦焼酎にもおもしろいものが出てきてますよ」と教えてもらったのがこの「おこげ」だったのです。お通しは小鉢に盛られたガンモドキ2個。

照明を押さえ気味にした暗い店内には焼酎の一升瓶がずらりと並び、居酒屋というよりも焼酎バーといった風情。しかしながらメニューはと見れば、白子ポン酢(750円)、皮ハギのうす造り(750円)、サーモンのうす造り(650円)、エンガワ刺(600円)、メバチマグロ刺(600円)、タコ刺(500円)、イセエビの頭のミソ汁(500円)、牛タタキ(650円)、イカ一夜干(450円)、甘鯛の干物(500円)、湯豆腐(600円)、ブロッコリーの塩ゆで(350円)、酒盗のクリームチーズ和え(350円)、マグロの石焼ビビンバ(650円)といった本日のオススメメニューがずらりと並び、こちら紛う方なくお魚に強い居酒屋風なのです。

すでに「ふくろ」でたくさんいただいてきましたので、私は「イセエビの頭のミソ汁」(500円)で一献といきましょう。あったかい汁物をつまみにいただくお酒もおいしいんですよねぇ。出てきたミソ汁は、大きなイセエビの頭がお椀からどーんとはみ出していて、豪快です。んー、いい味が出てますねぇ。

「実はこれもここの名物なんです」と、にっきーさんが注文したのは「マグロの石焼ビビンバ」(650円)。土鍋で調理された石焼ビビンバの上に、たっぷりのマグロのづけ、そして刻みネギに卵の黄身。これをサクッと混ぜ合わせて取り皿にとっていただくと、ごはんのお焦げの部分がおいしいこと。お焦げを肴に、麦焼酎「おこげ」ですね!(笑)

続いていただいたのは、「これも珍しいですよ」とにっきーさんがすすめてくれた「青酎(あおちゅう)」のロック。東京都青ヶ島村で造られたこの焼酎は、江戸末期に八丈島の流人が青ヶ島に伝え、それ以来ずっと島内だけで飲まれてきた芋焼酎だったそうです。「それが2~3年前にマスコミに紹介されたのがきっかけで急に世に出てきて、大ブレークしたんです。当時は幻の焼酎と言われて、なかなか手に入らなかったんですよ」とにっきーさん。アルコール度数35度の素朴な味わいです。

カウンターの一番奥あたりに陣取っている我われの目の前にずらりと並んでいるのは、芋焼酎「くじら」の各銘柄。店主は今「くじら」に力を入れているのだと言います。中でも現在のオススメは、「くじらのボトル・新焼酎」なのだそうです。他のラベルが普通に横に向かって泳ぐ鯨が描かれている中、この新焼酎のラベルは、まるで鯉の滝登りのように上に向かって泳ぐ鯨が描かれていて、絵柄だけ見てもとても力強い。

3杯目としてにっきーさんがいただいたのは芋焼酎「白麹萬年(しろこうじまんねん)」湯割り、私は芋焼酎「薩摩茶屋」をストレートで。

閉店時刻の午前1時も回り、もはや店内にいるのは我われも含めて4人ほどの地元民のみ。店主もカウンターの中から出てきて、にっきーさんと焼酎談義です。「コンビニやなんかでも手軽に手に入れることができる焼酎の中でおいしいのは島美人(芋焼酎)だよね」とお二人の意見が一致します。なるほど、そうなんだ。今度買ってみようっと。

2時間ほどの焼酎タイムはふたりで5千円(ひとりあたり2千5百円)ほど。店主が店の外まで見送りに来てくれました。どうもごちそうさま!

061208g1 061208g2 061208g3
「美酒佳肴」 / 「おこげ」 / お通しはガンモドキ

061208h1 061208h2 061208h3
イセエビの頭のミソ汁 / マグロの石焼ビビンバ / 小皿に取り分けて

061208i1 061208i2 061208i3
「青酎」 / 「白麹萬年」 / 「薩摩茶屋」

店情報前回、同じときの「アル中ハイマー日記」)

《平成18(2006)年12月08日(金)の記録》

|

« 毎月8日は料理全品半額の日 … 居酒屋「ふくろ」(池袋) | トップページ | キンメダイとカワハギ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

師匠、先日はありがとうございました。

しかし、オイラは「焼酎研究家」ではありません!(笑)
単なる焼酎好きのノンベエですし、芋焼酎しか知りません(笑)。
おまけに『美酒佳肴』のマスターとはたまたま通った幼稚園が一緒だったのが判っただけで、友達でも何でもありません(笑)。

師匠の記事を読んで、自分の記事を書き直しました。
いやあ、やっぱりアル中ハイマー。
飲むとすぐ忘れるので、ブログを書くのは不適格者かも・・・。

投稿: にっきー | 2007.01.20 15:24

いやいや。焼酎に関しても、ワインに関しても、そしてもちろんウイスキーに関してもいろいろとよくご存知で、いつも感心しつつ学習させていただいてます。>にっきーさん
また機会がありましたら、西武池袋線沿線のお店をご紹介くださいね!

投稿: 浜田信郎 | 2007.03.04 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/13538754

この記事へのトラックバック一覧です: お焦げで「おこげ」!? … 居酒屋「美酒佳肴(びしゅかこう)」(中村橋):

» 最後は芋焼酎を・・・中村橋 『美酒佳肴』 [アル中ハイマー日記]
池袋でみなさんとお別れし、西武池袋線に乗る。夕方から飲み続けてきたのでまっすぐ帰ろうかとも思ったが、せっかくHmさんと一緒なので、もう少しどこかで飲みたい。時刻は11時を回っているので遅くまで営業しているところがいい。中村橋の『美酒佳肴』は夜中の1時まで....... [続きを読む]

受信: 2007.01.20 15:16

« 毎月8日は料理全品半額の日 … 居酒屋「ふくろ」(池袋) | トップページ | キンメダイとカワハギ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »