« 店情報: 中華料理「寺尾屋(てらおや)」(横浜・大口) | トップページ | とろけるとろけるマグロのすき身 … 立ち飲み「ニューボンボン」(横浜・西谷) »

前時代的な価格!? … 中華料理「寺尾屋(てらおや)」(横浜・大口)

東海道の旧宿場町・神奈川でスタートを切った5人は再び京急・神奈川駅から電車に乗り込み3駅。子安(こやす)駅に降り立ちます。この子安駅から、JR横浜線・大口(おおぐち)駅までを結ぶ通りが大口商店街。その両駅の中間あたりに餃子が安くておいしいことで有名な「寺尾屋」があるのです。

以前、濱の酒場通・iiさんにこのあたりに連れてきていただいたときにも、ここ「寺尾屋」をご紹介いただいたのですが、残念ながらそのときは閉店時刻をまわっていて入れなかったのでした。今日はまだ午後4時。バリバリと営業中です!

夕食前のこの時間帯、店頭のお土産用の餃子売り場のところでも何人かのお客さんがお持ち帰り用の餃子を買っています。この店の名物・ギョーザは店内でいただくと1人前7個で150円、お持ち帰り用は生なら8個、焼いたものなら7個でそれぞれ140円という安さなのです。

店内に入ると両側にテーブル席が何卓かずつ並び、その奥の飲み物用冷蔵庫の後ろ側が小上がりの座敷席になっています。我われも5人で1テーブルを囲み、ビール(キリンラガー大瓶、500円)とレバニラ炒め(400円)、そして人数分のギョーザ(1人前150円)をもらって乾杯です。

それにしてもギョーザが150円、ラーメンが300円というのは前時代的な価格ですねぇ。その他にもカレーライス350円、カツ丼550円、麻婆豆腐400円と昭和時代で止まってしまったかのような価格設定。「サンマーメンが450円というのはありえない値段ですよ。これはいかんでしょう!」とモツラー(モツとラーメンの愛好家)であるG.Aさんも驚いています。

さらにすさまじいのはそのセットメニューです。ギョーザセットはラーメン、ギョーザに半ライスがついて500円。ラーメン(300円)とギョーザ(150円)ですでに450円ですから、半ライスは50円ということなんですね。ちなみに単品のライスは150円です。(半ライスという単品メニューはありません。)

チャーハンセットはラーメン(300円)と半チャーハンで500円。チャーハンが単品で400円のところを、都合200円で半チャーハンが付くんですね。(これまた単品の半チャーハンというメニューはありません。)

さらにカレーセット(カレーライス、半ラーメン)、マーボセット(マーボ、ライス、スープ)もそれぞれ500円と、ワン・コイン(500円玉)で食べられるセットメニューが実に4品そろっているのです。

そんな中からラーメンと半チャーハンのチャーハンセット(500円)を1人前注文すると、すぐに半チャーハンが登場し、追いかけるようにラーメンが出されます。ラーメンはシナチクにチャーシューが1枚、ナルトが1枚というシンプルなもの。その半チャーハンとラーメンを、みんなで「どーれどれ」と回し食い。G.Aさんは、さすがに斯界の第一人者だけあって、ラーメンの味見をする表情も真剣です。

30分強のギョーザ・タイムは5人で3,150円(ひとりあたり630円)。おまけに三角クジで餃子1人前が当たったのでした。さぁー、次はどこだーっ!!

061216c1 061216c2 061216c3
ビールで乾杯 / レバニラ炒め / ギョーザ

061216c4 061216c5 061216c6
テーブルの光景 / 半チャーハン / ラーメン

店情報

《平成18(2006)年12月16日(土)の記録》

|

« 店情報: 中華料理「寺尾屋(てらおや)」(横浜・大口) | トップページ | とろけるとろけるマグロのすき身 … 立ち飲み「ニューボンボン」(横浜・西谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/13601763

この記事へのトラックバック一覧です: 前時代的な価格!? … 中華料理「寺尾屋(てらおや)」(横浜・大口):

» 寺尾屋@大口 [MusicArena]
日曜である本日、ランチに出掛ける折り、大口の曙通を通りかかったら寺尾屋が新装開店していた。 ということで、まずは速報。 新しい建物の正面は立派な看板が掲げられ、赤いオーニングも新調されていた。開店祝いの花輪などもたくさん届いており、店には早速行列が出来ていた。予測通り、左側が食堂の店舗、右側が厨房兼餃子テイクアウトのカウンタとなっていた。厨房の一番手前には以前から愛用されてきた餃子製造機、即ちパッコン、パッコン・・・と圧縮空気を用いてホッパから供給される餡を皮に撃ち込むオリジナル開発のマシン... [続きを読む]

受信: 2012.06.12 17:30

« 店情報: 中華料理「寺尾屋(てらおや)」(横浜・大口) | トップページ | とろけるとろけるマグロのすき身 … 立ち飲み「ニューボンボン」(横浜・西谷) »