« しっかりしていてやわらかい … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | なんとチューハイが190円! … 焼き鳥「とり千(とりせん)」(横浜・新杉田) »

よじあきメンバーと合流 … 「秋元屋」(野方)~「石松」(中野)

横浜から東急東横線、JR山手線、西武新宿線と乗り継いで野方(のがた)です。今日は宇ち中さんやH氏、K氏ご夫妻が「よじあき」をするということでお誘いを受けていたのですが、横浜地区飲み会の先約があったので「帰りに連絡します」ということにしていたのです。

電車の中からメールをしてみたりしたのですが、返事が返ってきません。うーむ。現在の時刻はすでに午後10時をまわっているので、「よじあき」のメンバーがそのまま「秋元屋」に残っているとは思えませんが、ひとまず「秋元屋」に行って状況を確認してみることにしましょう。

店頭のビニールシートをめくり、「こんばんは」と店内に入ると、「いらっしゃいませ」と迎えてくれたのは店主の秋元さん。「みんな9時過ぎまで、5時間以上飲んでたんですよ!」と、さっそく本日の「よじあき」メンバーの様子を聞かせてくれます。

「じゃ、少し前までみんないたんですねぇ」と話をしながら、コの字カウンターの一番奥側に座り、まずは氷なしホッピー(380円)と赤カブ漬け(120円)をいただきます。

今日の奥の間は、宇ち中さんたちをはじめとする、ネット上でよくお名前を拝見する方々が大勢いて、ものすごい盛り上がりになっていたのだそうです。

そのあたりの様子は、以下のブログに詳しく紹介されています。

そんな話をうかがいながら焼いてもらったのはガツ醤油(100円)とテッポウ醤油(100円)。このところ醤油味のもつ焼きにはまり気味ですが、中でもガツ(豚の胃袋)とテッポウ(豚の直腸)は醤油味によく合うように思います。(牛ミノは以前からデフォルトで醤油味で、これももちろん合います!)

さてと、次は何を焼いてもらうかなぁ。レバ生や、最近はやりのチレ刺しもいいし、レバ塩、アブラ塩、カシラ塩、ハラミ味噌なんかも捨てがたい。今日はけっこう飲んできたので、あったかい煮込みにも引かれるよなぁ。

と、そこへ、たっつんさん(店のおにいさん)から「外にみんなが来てますよ」と声がかかります。「えっ!」と入口に目をやると、宇ち中さんがこちらに向かって手を振ってくれています。ありゃりゃ。メールに気がついて、こちらに戻ってきてくれたんですね。

さっそくお勘定(800円)を済ませ、店の外で宇ち中さん、H氏、K氏ご夫妻と合流し、タクシーで中野へ。「石松」でキンミヤの生茶割りや、常連さんのおみやげの電気ブラン(40度)などを飲みながら、絶品のレバ塩などをいただいて、今日1日を締めくくります。

みんなと別れてタクシーで自宅に帰りつくと午前2時。京急・神奈川駅に集合して飲みはじめたのが午後2時でしたから、移動時間なども含めて、ちょうど12時間のマラソン飲みとなった1日でした。

061216g1 061216g2 061216g3
【秋元屋】赤カブ漬け / ガツ醤油とテッポウ醤油 / 参考画像:チレ刺し

・「秋元屋」: 店情報前回

061216h1 061216h2 061216h3 061216h4
【石松】ウインナー / うずら卵 / 電気ブラン / レバ塩

・「石松」: 店情報前回、同じときの「宇ち中」)

《平成18(2006)年12月16日(土)の記録》

|

« しっかりしていてやわらかい … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | なんとチューハイが190円! … 焼き鳥「とり千(とりせん)」(横浜・新杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/13662556

この記事へのトラックバック一覧です: よじあきメンバーと合流 … 「秋元屋」(野方)~「石松」(中野):

» 石松で覚醒・そして朝まで [宇ち中]
2006/12/16 (続き) 秋元屋の後半から記憶がなくなり、ごちそうさまをした記憶も全くなく既に意識のない全く空白な時間に突入していたのは恐らく2時間ほど。その間の画像は意味不明なものばかり。 後からお聞きするに、金魚屋さんオススメのお店に行っていたとか。これは恐らくそのときの画像と思われます。 これははまださん行きつけのバー、PUREですね。後から聞くと、入ろうと思ったものの満席で入れな�... [続きを読む]

受信: 2007.01.28 10:53

» 気がつけば午前さま … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方)ほか [居酒屋礼賛]
「魚がし寿司」のあとは、ひとりで「秋元屋」です。午後7時前の店内にはにっきーさんやM先生もいて、ちょうどその間に座らせてもらいます。おふたりとも早くから、すでに2時間以上ここで飲んでいたのだそうで、そろそろ引き上げるところなのだそうです。 いつものように氷なしホッピー(380円)をもらって、焼き物はレバ(100円)、ハラミ(100円)、ウズラ玉子(120円)を味噌で。ここのもつ焼き(やきとん)は塩... [続きを読む]

受信: 2007.02.18 09:07

» 伝説のもつ煮込み … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
「北国」を出て午後10時。金曜日なので、席がまったく空いてない可能性は高いけど、ひとまず「石松」をのぞいてみてから次のお店を決めることにしましょう。「北国」から「石松」までは歩いて5分ほど。どうかな? 「ひとり? 入れるよ」と店主(マスター)。ラッキーッ! カウンターのまん中あたりにポツンとひとつ空いていた席に座り、キープしている焼酎(キンミヤ)を出してもらって生茶割りで飲み始めると、今日のお通し... [続きを読む]

受信: 2007.02.18 09:40

« しっかりしていてやわらかい … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | なんとチューハイが190円! … 焼き鳥「とり千(とりせん)」(横浜・新杉田) »