« 店情報: 喫茶「みなと」(横浜・桜木町) | トップページ | 遅く帰った夜は … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

横浜・都橋商店街近くののユニークバーたち(横浜・桜木町)

「ホッピー仙人」~「喫茶みなと」~「日の出理容院」

だるま」を出て、交差点を道路の向こう側に渡ると、もうその先は野毛(のげ)の町。本日の2軒目は「ホッピー仙人」です。午後9時半の店内は先客は「犬連れなるままに!」のゴンファミリーのみなさんとそのお連れの方や、ホワイトメリーさんなど5~6人。今日は生ホッピーはないらしくて、普通のホッピー(500円)をいただきます。

しばらくすると「銀座とハマで飲んでます。」のハルさんも登場。そのブログタイトルどおり、今日も職場に近い銀座で飲んでから、今、横浜に帰ってきたところだそうです。ハルさんがホッピーをキューッと飲み干したところで、「ホッピー仙人」の閉店時刻、午後10時です。

「ホッピー仙人」を出て、ハルさんが「おもしろい店ができたんですよ」と連れて行ってくれたのは、通りをはさんで目の前にある喫茶「みなと」。えっ!? 喫茶って??? と思いながらついて入ると、店内は薄暗く、昭和レトロ調をねらったようなバーでした。

カウンター数席と、テーブル席だけのこじんまりとした店内は若いお客さん、それも女性客が多い。ハルさんと私は空いていたテーブル席に座り、私はトリハイ(トリスのハイボール。トリスは300円)をいただきます。

肴にスルメ(300円)を注文すると、なんとカウンター上にデンと置かれた丸火鉢の炭火で炙ってくれます。いやぁ、懐かしいなぁ。子供のころ、祖父母の家に遊びに行くと、火鉢の上でスルメを焼いてくれたり、餅を焼いたりしてくれてたことを思い出します。できあがったスルメは七味マヨネーズを添えて出してくれました。

小1時間の滞在、ふたりで1,300円は、ハルさんにごちそうになりました。ありがとうございます。>ハルさん

ハルさんはここで帰宅され、私は最後にもう1軒と、通りをぐるりとまわって、ちょうど喫茶「みなと」の裏側に当たる「日の出理容院」です。この両店は同じ建物の中に、(位置的には少しずれてますが)背中合わせ的に存在しているのでした。

「日の出理容院」でも、再びテーブル席でくつろぐゴンファミリーのみなさんと遭遇。私はカウンターに座って、いつものとおり角ハイボール(600円)をもらいます。このバーは、キャッシュ・オン・デリバリーでチャージ等一切なし。でも、お通しに必ずさや付き落花生を出してくれるのです。

「日の出理容院」の女性バーテンダー・めぐみさんの笑顔に癒されつつ、今日も楽しく飲み終えました。どうもごちそうさま。

070208m 070208n 070208o
「ホッピー仙人」のホッピー / 喫茶「みなと」 / 火鉢で炙るスルメイカ

070208p 070208q 070208r
トリハイ / 炙りあがったスルメ / 「日の出理容院」の角ハイボール

・「ホッピー仙人」の店情報前回
・「喫茶みなと」の店情報
・「日の出理容院」の店情報前回、同じときの「犬連れなるままに!」)

《平成19(2007)年2月8日(木)の記録》

|

« 店情報: 喫茶「みなと」(横浜・桜木町) | トップページ | 遅く帰った夜は … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

コメント

こんにちは、トラックバックありがとうございます。
私は明日から半月ほど、横浜を離れるのでしばらく野毛には行けませんが、
またお会いしたときはよろしくお願いします。

投稿: ゴンチチ | 2007.03.04 15:39

野毛にももっと足しげく出かけたいのですが、週に1回行けるかどうかといった感じになっています。
「犬連れなるままに!」もいつも楽しみに読ませていただいています。
これからもよろしくお願いします。>ゴンチチさん

投稿: 浜田信郎 | 2007.03.04 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/14114149

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜・都橋商店街近くののユニークバーたち(横浜・桜木町):

» お通しは五品盛り … 酒処「侘助(わびすけ)」(横浜・桜木町) [居酒屋礼賛]
四季折々の料理をチマチマと何品か出してくれて、それを肴(さかな)にお酒をいただく。そんな飲み方も大好きです。神楽坂の「伊勢藤」や広島の「爐談亭」、そして年中変わらぬ料理ですが野毛の「武蔵屋」などがそういうお店ですが、その「武蔵屋」近くの小さい路地の中にもそんな店があると聞いてやってきました。 店の名は「侘助」。入口引き戸をガラリと空けて店内に入ると、裸電球だけの柔らかくて暗めの照明の店内には、目の... [続きを読む]

受信: 2007.03.31 14:05

» 値段はないけど高くない … 居酒屋「魚市(うおいち)」(横浜・桜木町) [居酒屋礼賛]
「野毛の魚がおいしいお店で飲みたいね」 そんな話で、3人でやってきたのは野毛の「魚市」。ドロンジョさんが「酒場で話した100のコト」の中で『野毛で一番大好きなお魚の店』と書かれているお店です。 「魚市」と縦書きされたのれんをくぐり引き戸を開けると、右手にはどーんと白木のカウンター。その上には魚介類が並ぶネタケースがあり、なんだか高級割烹風な印象。ドロンジョさんは「値段が書いて無いけど決して高くはあ... [続きを読む]

受信: 2007.04.15 10:28

» 昨夜に続いて野毛の町 … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町)ほか [居酒屋礼賛]
「今日は、仕事の関係で横浜に来ています。軽くいかがですか?」 以前一緒に仕事をしていた仕事仲間のGから、そんな電話が入ります。 「え? どんなところに行きたいの?」 「そりゃもう、横浜らしい濃いところに!」 うーむ。そういう希望であれば、昨日、行ったばかりながら、今日もやっぱり野毛(のげ)方面に出没しますか。 そんなわけで、当時の仕事仲間KやDも加わって、4人で桜木町駅の改札に集合。みんなを案内し... [続きを読む]

受信: 2007.06.26 07:57

« 店情報: 喫茶「みなと」(横浜・桜木町) | トップページ | 遅く帰った夜は … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »