« すっぽん鍋は700円 … 居酒屋「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | ドイツからパラスパ! … 「ペルル」~「満月」(鷺ノ宮) »

八起の名物・三連発 … 居酒屋「八起(やおき)」(赤羽)

「まるます家」を出たところで、今日昼過ぎから飲み始めていたというふたりが戦線離脱。なにしろすでに午後8時過ぎですからねぇ。明日は朝から普通に仕事ですし、長時間どうもお疲れさまでした。

私も含め、夕方から飲み始めた3人は最後にもう1軒。「まるます家」の裏手、OK横丁の中にある大衆酒場「八起(やおき)」です。ここも「まるます家」同様、1階はカウンター席とテーブル席、2階は座敷席になっています。「3人です」と入ると1階奥のテーブル席に案内されました。

「まるます家」は厨房には男性がいますが、フロアはすべて女性陣が切り盛り。それに対してこちら「八起」はすべてを男性陣で取り仕切ります。

瓶ビール(キリンラガー大瓶540円)と生レモンサワー(350円)、ウーロンハイ(350円)をもらって乾杯し、料理はここの名物を三連発で注文します。

そのひとつ「豚王ぽ」(370円)は豚の尻尾を台湾風のタレで煮込んでから、室温まで冷ましたもの。横浜駅近くの「豚の味珍(まいちん)」の尻尾と似たような感じですね。「味珍」が辛子+酢のタレをつけていただくのに対して、こちらは味噌+酢。どちらの店にもテーブル上にラー油などが置かれているので、辛さは補強できます。骨のまわりのとろりとしたコラーゲンが決め手の一品。とろり感は「味珍」のほうがありますねぇ。こちら「八起」の尻尾は、むしろしっかりとした弾力感を噛みしめるタイプです。尻尾以外にもタン(480円)、ハツ(480円)、コブクロ(480円)、ガツ(370円)、ミミ(370円)などが置いてある他、盛り合わせ(480円)もあるのがうれしいですね。

ふたつめは「チャーメン」(370円)。なぜこれをチャーメンと呼ぶのかはわかりませんが、これはちょっと挽肉(ひきにく)の入ったモヤシ炒めなのです。炒め物にもモツ類があって、レバ炒め(370円)、コブクロ炒め(370円)、玉炒め(370円)、オッパイ炒め(370円)、そしてピリカラスタミナと書かれたカシラ炒め(460円)といった魅力的な商品が並びます。赤羽は「米山」や「たる鉄」(→至高のはらわた)など、モツ(内臓)料理の有名店がそろう土地柄。ここ「八起」のメニューにも、そういう土地柄であることがずばりと表れてますよねぇ。

そして三つめは、メニューにも“八起特製”と注記が入った手作りの「餃子」は一皿6個入りで350円。

こうやって紹介すると、まるで中華系の料理ばっかりのような感じですが、店内のメニューは決してそんなことはなくて例えば「やきとん」は1人前5本で370円(1本あたり74円!)、人気の刺身はマグロ中落ち(480円)やツブ貝刺(460円)、アジたたき(480円)などの魚介類に加えてレバ刺(370円)、馬刺(500円)、ガツ刺(370円)なども。そして居酒屋定番のイカ納豆(460円)や自家製塩辛(320円)、冷奴(350円)。

もちろんここにも1人前から注文可能な鍋もあります。しかも普通の鍋ではなくて、モツ鍋(豚、790円)、サクラ鍋(馬、950円)、ラム鍋(仔羊、790円)という一風変わった3種類の鍋なのです。この鍋にも引かれるなぁ。

1時間半ほどの滞在は3人で2,320円(ひとりあたり770円強)でした。やっぱりいいですねぇ、赤羽も!

070212m 070212o 070212n
王ぽ / チャーメン / 手作り餃子

店情報前回

《平成19(2007)年2月12日(月)の記録》

|

« すっぽん鍋は700円 … 居酒屋「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | ドイツからパラスパ! … 「ペルル」~「満月」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/14188866

この記事へのトラックバック一覧です: 八起の名物・三連発 … 居酒屋「八起(やおき)」(赤羽):

» 〔コラム〕 連休五日目は類さんたちと取材飲み [居酒屋礼賛]
 1週間の大型連休も折り返し点を過ぎ、今日も含めて残すところあと三日。憲法記念日の今日は、KKベストセラーズから5月31日に発売予定のCIRCUS6月号増刊「TOKYO大衆酒場」の取材で、赤羽の「まるます家」です。  取材の中身は、「酒場放浪記」でおなじみの酒場詩人・吉田類さん、「居酒屋考現学」の橋本健二教授との大衆酒場に関する鼎談(ていだん)。  最初に、今日も行列ができるほど人気の高い、1階店... [続きを読む]

受信: 2010.05.15 23:10

« すっぽん鍋は700円 … 居酒屋「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | ドイツからパラスパ! … 「ペルル」~「満月」(鷺ノ宮) »