« 春先なのに秋、秋、秋 … 「秋元屋」「とっとっと」(野方) | トップページ | すっぽん鍋は700円 … 居酒屋「まるます家(まるますや)」(赤羽) »

待ち合わせは立ち飲みで … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽)

都内での仕事を終えて向かったのは赤羽(あかばね)。振替休日の今日(2月12日)は、飲み仲間たちが早い時間から赤羽で飲み始めているらしく、そこに合流です。

到着した「丸健水産(まるけんすいさん)」は、おでんの食材を売るお店ながら、その食材で作ったおでんも販売しており、そのまわりで立ち飲むことができる人気店。私も缶ビール(スーパードライ350ml、250円)と、巣籠り(ウズラの玉子)や厚揚げなど、おでんを2~3品(それぞれ70~200円ほど)もらってみんなの輪(立ち飲みテーブル席)に加わります。(代金はキャッシュ・オン・デリバリーで、その場で支払う仕組みです。)

私のすぐあとにやってきた常連さんらしき男性3人(それぞれひとり客としてやってきて、店先で合流)は、みなさんおでんセットをもらっています。おでんセットは缶ビール、缶チューハイ、カップ日本酒のいずれか(それぞれ単品だと250円)と、おまかせのおでん5品ほどがセットになって650円というお得な品。そうだったなぁ。前回来たときも「次はおでんセットをもらうことにしよう」と思いながら帰ったのに、すっかり忘れてました。また次回の宿題ですね。

すぐ近くのカウンターで立ち飲んでいるおにいさんは煮こごりをつつきつつお酒(地元・北区産の「丸真正宗」カップ酒、250円)を飲んでいる。
「煮こごりもあるんですか?」と聞いてみると
「向こう(おでん種を売っているところ)で売ってるものを出してくれるんですよ」とのこと。

そちらのショーケースを見てみると、大きくてきれいな煮こごりがプラスチック容器の中に置かれています。さっそく売り場のおかあさんに
「この煮こごりをください」と注文すると、
「1人前でいいですか? 半分というのもできますよ」とおかあさん。

1人前は煮こごりが8切れで400円、半分は個数・値段ともにその半分だそうです。ひとりだと8切れもあるとそれで満腹になっちゃいそうですが、今日はなにしろ5人で来ているので1人前で大丈夫です。おかあさんは大きなかたまりの煮こごりから1人前を切り分けてくれます。

そして出された煮こごりは、サメの身だけではなくて、椎茸などもたっぷりと入った具沢山なもの。口に含むとうまさがとろりと広がります。うーむ。おでんのみならず、こういう肴も置いているとは!

今日はここ「丸健水産」が待ち合わせ場所。ここで予定のメンバーが全員そろってから、次の店に向かおうという趣向です。こういう待ち合わせには立ち飲みの店がぴったりですね。とはいえ、やはりおいしいお店じゃないといけません。

そういう意味では、赤羽であればここ「丸健水産」か「いこい」、渋谷ならば「富士屋本店」、そして野毛の「福田フライ」などが味はもちろんのこと、場所的にも、店の大きさ的にもちょうどいいように思います。

さぁ、それじゃ、みんながそろったところで次へと向かいますか。この店では、私は千円ほど使ったかな。
「テーブルの上のお皿などはそのままにしておいてください。どうもありがとうございました!」と笑顔で声をかけてくれる店のおにいさんに、
「どうもごちそうさまでした!」とみんなで返事して本日の1軒目終了です。

070212a 070212b 070212c
立ち飲みテーブルでおでん / 煮こごり / おでん種売り場

店情報前回、同じときの「帰り道は匍匐ぜんしん!」「宇ち中」)

《平成19(2007)年2月12日(月)の記録》

|

« 春先なのに秋、秋、秋 … 「秋元屋」「とっとっと」(野方) | トップページ | すっぽん鍋は700円 … 居酒屋「まるます家(まるますや)」(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/14178683

この記事へのトラックバック一覧です: 待ち合わせは立ち飲みで … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽):

» 集合は丸健水産 [宇ち中]
2007/02/12 (続き) 「八起」でチャーメンをいただいている時にここっとさんから電話が入り、おっとこまえHさんと二人で急いで丸健水産に向かってお店に到着したのは17:15。店先には既にお客さんが一杯で、閉まっているお隣の店舗前までテーブルが増設されてます。まさにお客さんが鈴なり状態。 そんな中、既にここっとさんとMさんがおでんで一杯やってらっしゃいます。いやはや、遅れてスミマセンとご挨拶して、我々もおでんをもらいましょうと鍋前... [続きを読む]

受信: 2007.03.08 07:05

» 〔コラム〕 連休五日目は類さんたちと取材飲み [居酒屋礼賛]
 1週間の大型連休も折り返し点を過ぎ、今日も含めて残すところあと三日。憲法記念日の今日は、KKベストセラーズから5月31日に発売予定のCIRCUS6月号増刊「TOKYO大衆酒場」の取材で、赤羽の「まるます家」です。  取材の中身は、「酒場放浪記」でおなじみの酒場詩人・吉田類さん、「居酒屋考現学」の橋本健二教授との大衆酒場に関する鼎談(ていだん)。  最初に、今日も行列ができるほど人気の高い、1階店... [続きを読む]

受信: 2010.05.15 23:15

« 春先なのに秋、秋、秋 … 「秋元屋」「とっとっと」(野方) | トップページ | すっぽん鍋は700円 … 居酒屋「まるます家(まるますや)」(赤羽) »