« 待ち合わせは立ち飲みで … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) | トップページ | 八起の名物・三連発 … 居酒屋「八起(やおき)」(赤羽) »

すっぽん鍋は700円 … 居酒屋「まるます家(まるますや)」(赤羽)

赤羽の立ち飲みおでん屋「丸健水産」で飲み仲間たちと合流し、5人がそろって向かったのは、すぐ近くにある鯉と鰻の「まるます家」。休日の午後6時過ぎとあって、外まで行列ができるほどの人気ぶりです。ここの2階は、3人以上なら利用可能な座敷席。2時間以内という時間制限はつきますが、私自身、2階に入ったことがないので楽しみです。

ちなみに、ここ「まるます家」は「飲んでいる方はお断り」というお店ですので、酔っ払った状態だと入れません。店内でも「お酒はひとり3本まで」というお約束。朝から開いているお店ながら、泥酔は嫌われるんですね。

お客さんが高密度に詰まった1階とはうって変わって、2階の座敷席は卓の配分もゆったりとしていて、入った瞬間になんだかくつろげる雰囲気です。さっそく瓶ビール(サッポロ黒ラベル又はラガー大瓶、500円)や「ジャンボ・チューハイ」(ハイリキ1リットル950円)をもらって乾杯です。ジャンボ・チューハイは氷とレモンスライス入りのジョッキにちょうど4杯分。1杯あたり237.5円というのは、単品のチューハイ(350円)と比べるとずいぶんお得ですよね!

「まるます家」で一度食べてみたかったのが1人前700円という「スッポン鍋」。「この値段で本当にスッポンが食べられるの!?」と、前々から気になっていた一品なのです。そのスッポン鍋を1人前注文し、それが出るまでの間に「カルシウム」(ウナギの骨煎餅、350円)をいただいて、みんなでポリポリとかじります。

スッポン鍋はできあがった状態で出されます。鍋の中には豆腐やしらたき、油揚げに白ネギやキャベツ、ニンジン、シメジなどの野菜類が入り、そして骨(甲羅?)付きのスッポンの身や、見るからにプリリとしたエンペラの部分などがしっかりと入っています。いやぁ、700円ながらちゃんとスッポンが入ってましたねぇ。しかも実にいいおだしの味じゃないですかー!

となりの卓のおにいさん3人連れがつついている鍋も、内容的にはスッポン鍋みたいなんだけどとても大きい。
「この鍋はなんていう料理なんですか?」と聞いてみると、
「これは2階の座敷席でだけ注文することができる3~5人用のスッポン鍋なんです。最後の雑炊も付いて3千円なのでお得なんですよ」とおにいさんたち。
そうであったか。それでさっき「スッポン鍋ください」と注文したときに、店のおねえさんが「1人前でいいの?」と確認してくれたんですね。うーむ。念願のスッポン鍋を食べたことで、ここ数年来の課題がやっと克服できたと思ったら、また新たな課題ができてしまったか。今度はこの大鍋のスッポン鍋+シメのスッポン雑炊をいただかなければ。

料理のほうはウナギを柳川風に玉子でとじた「うなぎとぢ」(←店内メニュー表記のまま。650円)や、丼鉢でスープ餃子風に供される「水餃子」(450円)、安いんだけど丸皿にたっぷり山盛りの「げそ天」(350円)、そしてクリームコロッケながら中身は比較的しっかりとしている「クリームコロッケ」(350円)と、なにしろ品数の多い店だけにいろんなものをいただきます。

「鍋ももう一品」と注文したのは「キムチちげ鍋」(550円)。これも先ほどのスッポン鍋同様に、小さなひとり用の鍋で完成した状態で出されます。てっぺんに乗っかっている半熟状態の玉子をつぶしてかき混ぜると、真っ赤でピリ辛だった汁がややマイルドに。

この店の鍋は、今日注文したスッポン鍋とキムチちげ鍋の2品だけのようですが、それぞれ値段も安く、1人前が標準(というか2人前とか3人前といった注文はできないかも!)というところがいいですね。まさにひとり飲みの強い味方のようなお店です。

「最後にウナギの蒲焼もいただきましょうか」と800円、1,000円、1,200円、1,500円とラインナップされた蒲焼(白焼も同じ値段)の中から、下から2番目、1,000円の蒲焼をいただきます。さすがにウナギは看板商品だけあって、ほっこらとおいしく焼きあがってきますねぇ。1階のカウンター席でもシメにウナ丼(750円)を食べている人をよく見かけます。

「そろそろお開きにしますか」と時計を見れば、ちょうど2時間といったところ。お勘定は5人で8,000円(ひとりあたり1,600円)でした。にぎやかな1階席もいいけれど、ゆったり過ごせる2階席もいいもんですね。大きなスッポン鍋もあるしね!

070212d 070212e 070212f
カルシウム / ジャンボ・チューハイ / すっぽん鍋

070212g 070212h 070212i
うなぎとぢ / 水餃子 / げそ天

070212j 070212k 070212l
クリームコロッケ / キムチちげ鍋 / うなぎ蒲焼

店情報前回、同じときの「帰り道は匍匐ぜんしん!」「宇ち中」)

《平成19(2007)年2月12日(月)の記録》

|

« 待ち合わせは立ち飲みで … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) | トップページ | 八起の名物・三連発 … 居酒屋「八起(やおき)」(赤羽) »

コメント

赤羽にいらしていたんですね。この日は私は仕事でした。

すっぽん鍋は一人用も汁を残しておけば卵入りの雑炊にしてくれますよ。200円なのかな。

それと、うなぎは人数が居るときは出来るだけ大きいのを頼んで分けたほうがおいしくてお得だと思います。

投稿: シュテンノ | 2007.03.09 21:35

つい最近パソコン買ったのでさっそくメールしました。
「酒場百選」を読んでからずっと気になっていたサイトなので
コメント書き込めてうれしいです。
僕は新潟に住んでいるのですが、たまに東京に遊びに行っては
飲み歩いています。
浜田さんもお体に気をつけて楽しく飲み歩いてください。
「続酒場百選」も楽しみにしています。ではまた

投稿: NOB | 2007.03.19 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/14178723

この記事へのトラックバック一覧です: すっぽん鍋は700円 … 居酒屋「まるます家(まるますや)」(赤羽):

» 夜も天国まるます家 [宇ち中]
2007/02/12 (続き) 丸健水産で集合しこの日のメンバーが揃った時、今日のメインのお店はどこにしましょうかという話に。5人なのでまるます家はキビシイですかねえと言っていたところ、ここっとさんが先発隊としてまるます家へ言ってくれて、席を確保してくれました。二階で待ってますとのこと。なるほど、まるます家は二階にも席があるのですねえと言いながらお店へ向かいます。 昼間に一度お邪魔しているまるます家。「お... [続きを読む]

受信: 2007.03.09 06:33

» オペレーションが確立 … 鯉とうなぎの「まるます家(まるますや)」(赤羽) [居酒屋礼賛]
「久しぶりに赤羽・十条方面に出かけてみるか」  ふと思い立って、早めの夕方に自宅を出て、「秋元屋」などのある野方方面へテクテクと歩きます。野方まで行くと、そこから環七にそって赤羽まで直通で行ける路線バスがあるのです。しかも赤羽は終点。ボォーッとバスに揺られていれば着くので、こんなに楽なことはありません。  赤羽にも、たくさんの名酒場があるのですが、今日は夏らしく川魚をいただくべく、鯉(こい)とうな... [続きを読む]

受信: 2007.07.25 13:55

« 待ち合わせは立ち飲みで … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) | トップページ | 八起の名物・三連発 … 居酒屋「八起(やおき)」(赤羽) »