« 北京ダック … 中華料理「中国茶房8(ちゅうごくさぼうえいと)」(恵比寿) | トップページ | 久々にひとりヨジカワ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

鍋三連発! … 居酒屋「酒の高橋」(世田谷)~ラーメン「御天」(下井草)

ひとり用の鍋物を食べることができるお店を知りたくて、掲示板での紹介をお願いしたり、酒友にたずねたりしていたところ、宇ち中さん行きつけの「酒の高橋」にも1人前から注文できる鍋が何種類かあるという。「ぜひそれをいただきましょう!」と、先日、北京ダックを食べに行ったメンバー4人で世田谷の「酒の高橋」にやってまいりました。

本来、ひとりで食べるから「ひとり鍋」なんだけど、こうやって人に紹介していただいてる過程では、わいわい楽しく「みんなで鍋」になって、これもまたうれしいですね。

土曜日、午後5時の店内は開店と同時に満席。宇ち中さんが口開けと同時に席を確保しておいてくれたので、ちょっと遅れて入った我われも無事に左手小上がり席の1卓を囲むことができました。ビール(サッポロ黒ラベル大瓶、550円)をもらって乾杯すると、お通しには鶏ナンコツを和えたものが出されます。

壁のメニューを確認すると、ありました、ありました。白子鍋(800円)、アンコウ鍋(800円)、カキちり鍋(800円)、カキ鍋(800円)、豚ちり鍋(700円)、豚みそ鍋(700円)、タラちり鍋(600円)、湯どうふ(400円)という8種類がずらりと並んでいます。ちり鍋はポン酢醤油でいただき、そうでないのはあらかじめミソ味が付けられるようです。

そんな中からまず選んだのは白子鍋(800円)。他にも何種類か食べたいのでひとり分だけ注文することにします。ニラ玉(320円)や空豆(350円)などとともに注文用の紙に書いて女将さん(マサ子ママ)に渡します。

店は料理を担当する女将さんと、ホールを担当する義妹のケイちゃんのふたりで切り盛りしているのですが、ケイちゃんが店に入るのは午後6時以降。それまでの間は女将さんひとりで何でもやらないといけない。通常はケイちゃんに口頭で伝える注文も、この忙しい時間帯だけは紙に書いて渡すようです。なにしろ5時の開店と同時に満席になるまで入った人たちがいっせいに注文しますからねぇ。なかなか我われの順番が回ってきません。ビールのおかわりすらたのみづらい状況なのです。

5時半くらいになって空豆が出てきました。ゆでたて熱々のものにさっと塩をふっていただく旬の味。待ち時間が長かっただけにひときわおいしく感じるなぁ。

6時前にやっと白子鍋の登場です。すごーいっ! たっぷりの野菜の上に、どかっと白子がのって、その上に味噌がのって、てっぺんにポンと1個、大きな豆腐がのっています。これが1人前!? ひとりで来たら食べられないかも。

コンロに着火してコトコト煮はじめると、豆腐の重みがうまくきくのか、鍋の上にこんもりと盛り上がっていた部分がだんだんと低くなってきて、最終的にはちょうど鍋いっぱいの量になってきました。

さぁ、いただきましょう。小鉢によそってハフハフといただくと、ダシはみそ汁と同じ程度の味付け。熱が加わってやわらかくなった白子が口の中でプツンとはじけて広がります。ックゥ~~ッ。うまいもんじゃのぉ。やっぱり冬は鍋ですねぇ!

待ちに待ったケイちゃんも到着。みんなの注文の品も続々と出てくるようになり、我われのところにもニラ玉が出てきたところで、宇ち中さんがキープされている金宮ボトルを出してもらいます。ウーロン茶(170円)やホッピー(外、210円)ももらってウーロンハイやホッピー割りにして乾杯。ここからいよいよ本格飲みモードです。

第2弾は豚みそ鍋(700円)をこれまた1人前。玉ねぎと桜えびの天ぷら(320円)なども合わせて注文します。

豚みそ鍋も、構成は先ほどの白子鍋とまったく同じで、白子の代わりに薄く広くスライスされた豚ばら肉が入っています。これまたコトコトと煮て、こんもりと盛り上がった山がさがってきたらできあがり。

ここで名物の刺身盛り合せ(600円)と、豆乳をもらって、焼酎の豆乳割りで刺身をいただきます。今日の刺身はマグロ、平貝、赤貝の3種盛り。それぞれ単品で注文すると500円です。

そして第3段はカキ鍋(800円)とフカヒレのにこごり(320円)を注文。このカキ鍋も、白子鍋、豚みそ鍋と同じ構成。「別々に注文しなくても、いっぺんに注文してもらっても大丈夫だったのよ」と女将さん。そうか。同じ構成、同じ味付けなので「白子と豚とカキの鍋」なんて注文もできたんですね。

それにしてもやっぱりこの鍋はボリュームたっぷり。ひとりで来ると、この鍋だけで満腹になっちゃいますね。それが600~800円というんだから、このコストパフォーマンスの良さも「ひとり鍋」ならではですね。

午後9時半まで、ゆっくりと4時間半の滞在は4人で10,960円(ひとりあたり2,740円)でした。長時間ありがとうございました。ごちそうさま。

070203a 070203b 070203c
「酒の高橋」 / ビールとお通しの鶏ナンコツ / そらまめ

070203d 070203e 070203f
みそ味・白子なべ / できあがった白子なべ / にらたま

070203g 070203h 070203i
ウーロンハイ / ホッピー / 玉ねぎと桜えびの天ぷら

070203j 070203k 070203l
いかげそ焼 / 豚みそなべ / できあがり

070203m 070203n 070203o
刺身盛り合せ(マグロ、平貝、赤貝) / 豆乳割り / かきなべ

070203p 070203q
ふかひれのにこごり / できあがってきたかきなべ

・「酒の高橋」の店情報前回、同じときの「帰り道は、匍匐ぜんしん!」「宇ち中」)


自宅がすぐ近くの宇ち中さんは「酒の高橋」を出たところで帰宅され、残る3人で三軒茶屋で軽く二次会。そろそろ終電ということで11時半ごろに帰路につくと、会社近くでの飲み会を終えて、すでに「御天」まで戻っていた近所の酒友・にっきーさんと連絡がつきます。おぉ。危なかったですねぇ。同じ「御天」でも、地下にある焼酎バー「Goten's Bar(ゴテンズバー)」に入られてたら、電波が届かないところでした。

「御天」に到着したのは午前1時ごろ。「御天」は長浜ラーメンのお店でありながら、博多の長浜ラーメン屋台がそうであるように、まずは居酒屋風にガンガンお酒をいただいてから最後のシメにラーメンを、というお店。したがっておつまみのメニューも充実していてザク切りキャベツ(200円)、マカロニサラダ(250円)、ポテトサラダ(300円)、タラモサラダ(350円)、おつまみザーサイ(300円)、おつまみキムチ(300円)、さつまあげ(300円)、もつ煮込み(300円)、黒豚おろし水餃子(6個450円)、ネギチャーシュー(550円)、ピータン(400円)、ピータン豆腐(550円)、あらびきソーセージ(600円)などなどの品が並びます。

そんな中、にっきーさんが「最近のオススメ!」と紹介してくれたのが「せん菜(さい)炒め」(550円)。メニューには「モヤシの新種」と書き添えられていますが、モヤシよりはうんと細くてシャキシャキとした食感がクセになりそうな一品です。しかもお皿にテンコ盛りのものすごいボリューム。ひとりで注文したら食べきれないかも! この「せん菜」はラーメンのトッピングにもできるそうです(200円)。博多ラーメンの細い麺と同じくらい細いので、バランスがいいかもしれませんね。

焼酎を何杯かいただいて、2時半を回ったところでラーメン(680円)を注文します。この店は午前3時までの営業なので、そろそろラーメンにしておかなければ食いっぱくれてしまうのでした。

濃厚な博多とんこつラーメンでピシッとしめて、本日の飲み会も終了! どうもごちそうさまでした。

070203s 070203t 070203u
せん菜炒め / ラーメンメニュー / シメのラーメン

・「御天」の店情報前回、同じときの「アル中ハイマー日記」)

《平成19(2007)年2月3日(土)の記録》

|

« 北京ダック … 中華料理「中国茶房8(ちゅうごくさぼうえいと)」(恵比寿) | トップページ | 久々にひとりヨジカワ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

師匠、こんにちは。
『御天』同行いただき、ありがとうございました。

ところで地下の『GOTEN’S BAR』ですが
営業時間はAM3時までです。
5時までだと、お店の方も大変でしょう(笑)。
時々そんな時間まで飲んでることもありますが・・・。

投稿: にっきー | 2007.03.04 16:17

どうもありがとうございます。>にっきーさん
さっそく修正いたしました!(^^)

投稿: 浜田信郎 | 2007.03.04 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/14056791

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋三連発! … 居酒屋「酒の高橋」(世田谷)~ラーメン「御天」(下井草):

» 酒の高橋でなべ三昧 [宇ち中]
2007/02/03 節分の日の土曜。この日ははまださんに酒の高橋の白子なべを食べていただきたくて、そして年末の鍋忘年会以来また鍋いこうね!と言っていたここっとさん、そして友人のMさんをお誘いして高橋の口開けを目指すことにしました。てくてくと歩いて世田谷線世田谷駅へ着いたのは口開けの10分前。はまださんにメールしてみると、ここっとさんと待ち合わせをしていてもう少しかかりそうというお返事。それではということで、5分前にお... [続きを読む]

受信: 2007.03.01 06:05

» 地下は満席。1階で餃子とラーメン・・・下井草『御天 井草本店』 [アル中ハイマー日記]
人形町で気持ちよく酔っ払い、地元に戻ることにした。会社そばの駅から2駅だが、地元に帰るルートはなかなか面倒くさい。日比谷線から東西線、西武新宿線と乗り継いでやっと下井草の駅まで戻ってきた。締めに地下で一杯と思ったが、土曜の夜の『GOTEN’S BAR』は....... [続きを読む]

受信: 2007.03.04 16:12

» シャキシャキとせん菜炒め … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) [居酒屋礼賛]
近所の酒友・にっきーさんとふたりで「日登美」を出たものの、もちろんこのまま終わるはずはなく電車で下井草(しもいぐさ)まで移動。駅北口から5分ほど歩いて新青梅街道にぶつかると、そこがにっきーさん行きつけのラーメン屋「御天」です。 まずは地下の「ゴテンズバー」でハーフ&ハーフの生ビールで乾杯。大豆のうまみがたっぷりと感じられる男前豆腐の黒豆腐をいただきつつ、芋焼酎「うなぎ」などをチビリチビリ。 午前1... [続きを読む]

受信: 2007.03.25 10:34

» 開店前から常連さん? … 大衆酒場「酒の高橋(さけのたかはし)」(世田谷) [居酒屋礼賛]
 久しぶりにやってきた世田谷(せたがや)の町。今日は午後5時の開店時刻を目指して「酒の高橋」です。近くでぶらぶらしながら暖簾(のれん)が出るのを待ち、暖簾が出たところで、地元の常連さんらしき年配の男性客に続いて店内へと入ります。  当然、店内の先客はその男性客ひとりかと思いきや、なんとその男性客のさらに奥側に、フライングスタートの男性ひとり客がいるではありませんか。うーむ。相当な常連さんに違いない... [続きを読む]

受信: 2008.08.10 01:39

« 北京ダック … 中華料理「中国茶房8(ちゅうごくさぼうえいと)」(恵比寿) | トップページ | 久々にひとりヨジカワ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »