« アミちゃんに夢中! … 酒亭「武蔵屋(むさしや)」(横浜・桜木町) | トップページ | ガツとテッポウの醤油焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)など »

春節の中華街を抜けて … バー「ザ・ダフタウン(THE DUFFTOWN)」(横浜・石川町)

中華街は春節(=中国のお正月、今年は2月18日(日)が旧暦元旦)関連イベントのまっ最中。どんな様子なのかと石川町の駅を降りてみると、木曜、午後10時前の中華街はすでに人影まばらで、まったくお祭りらしくはない雰囲気です。そうだった。中華街の夜は早いんでした。何軒か開いているお店の様子を眺めながら中華街を突き抜けると、そこは元町(もとまち)。ちょっと喉も乾いたので、近くのバー「ダフタウン」で喉を潤して帰りますか。

「ダフタウン」は石川町駅・元町口のすぐ近く、川沿いのビルの2階にあります。

「こんばんは」と入った店内には、先客は女性客ひとりだけ。その女性から2席くらい間をあけたカウンター席に座ると、ひとりで切り盛りしているマスターが「いらっしゃいませ」と笑顔を向けてくれます。

ここ「ダフタウン」はいわゆるモルト・バーで、店内はウイスキーがいっぱい。そもそも「ダフタウン」という名前が、スコッチの産地、スペイ川流域にある町の名前なのだそうです。

まずは喉の渇きをいやすためにハイボールを注文すると、
「ハイボールはモルトで作りますか?」とマスター。
「いや。ブレンデッドでお願いします」
モルトはこのあとのお楽しみです。

女性ひとり客はこの店の常連さんの様子。
「明日は北海道に出張なのよ」
と言いながら、飲んでいた生ビールをおかわりです。

店内は入口の前に横に長く伸びる直線カウンター。左手奥がテーブル席になっていて、壁いっぱいの大きな窓の向こうに川と夜景が広がります。なにしろ2階なので、それほど広がった風景ではないのですが、夜景が見えるのは気持ちいいですよね。

ハイボールで喉を潤した後は、タリスカー(Talisker)をストレートでいただきます。この店のストレート・モルトは蓋付きのチューリップグラスで供されます。鼻の近くまでグラスを持ってきておいて、ふっと蓋を取るとズドーンと入ってくる燻蒸香。さすがは「液体になった雷(かみなり)」と言われるほどのタリスカー。強力ですねぇ!

スコッチは、その産地でまるで違うのがおもしろいところ。日本酒の各地の地酒の違いが微妙なのと比べると、まさに「明らかに」と言っていいほど味わいが異なるのです。

スコットランドの東側、スペイ川周辺のお酒が高貴なお嬢様タイプだとすれば、このタリスカーなどの産地である西側のスコッチはチャキチャキのおてんば娘風。最初はそのスパイシーな刺激にビックリしますが、じっくりと飲んでみると芯はしっかりとしたおいしいウイスキーなのです。

2杯目のモルトは大好きなアードベッグ(Ardbeg)をいただきましょう。

これもタリスカーと同じくスコットランド西側の島で造られたウイスキー。タリスカーがスカイ島(Skye)産なのに対し、アードベッグはそれよりも南にあるアイラ島(Islay)産。強力なピート(泥炭)の香りが特徴的なこの島のウイスキーは「ヨードチンキのような」と称されることもあるほど独特の味わい、薫りなのです。

ハイボール1杯とモルト2杯をいただいて今宵は2,950円。にこやかにマスターとおしゃべりしながら生ビールのジョッキを重ねる女性客に「お先に!」とあいさつし、石川町駅から電車に乗り込みます。

ここでやめておけば健康的なんだけど、なにしろ「武蔵屋」の定番5品しか食べていないので、ちょっと食べ足りない。ついつい洋光台駅近くのラーメン屋、「千客萬來」に入り、ラーメン(500円)です。

化学調味料を使わないラーメンが増えている中、この店のラーメンはしっかりと化学調味料が効いているように思います。学生時代によく食べていた、博多の屋台ラーメンにもたっぷりと化学調味料が使われていたものでした。そのラーメンに慣れ親しんでいたからか、個人的にはしっかりと化学調味料の味がするラーメンが好きだったりするんですよねぇ。満足、満足。

070222g 070222h 070222i
「ダウタウン」 / ハイボール / バックバーに並ぶウイスキー

070222j 070222k 070222l
タリスカー10年 / アードベッグ10年 / 「千客萬來」のラーメン

店情報前回

《平成19(2007)年2月22日(木)の記録》

|

« アミちゃんに夢中! … 酒亭「武蔵屋(むさしや)」(横浜・桜木町) | トップページ | ガツとテッポウの醤油焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/14270318

この記事へのトラックバック一覧です: 春節の中華街を抜けて … バー「ザ・ダフタウン(THE DUFFTOWN)」(横浜・石川町):

» 最後はシングルモルト … バー「ダフタウン(The Dufftown)」(横浜・石川町) [居酒屋礼賛]
 「元町愛知屋」を出て、JR石川町駅に向かいながら「最後にもう1杯」と入ったのは、石川町駅元町口からすぐの川沿い2階にあるバー「ダフタウン」です。  薄暗いカウンターの一角に座り、私は「アードベッグ(Ardbeg)10年」を、K口さんは「タリスカー(Talisker)10年」を、それぞれストレートでいただきます。  アードベッグは、スコットランドの西側にあるアイラ(Islay)島で造られたシングル... [続きを読む]

受信: 2007.07.30 08:19

« アミちゃんに夢中! … 酒亭「武蔵屋(むさしや)」(横浜・桜木町) | トップページ | ガツとテッポウの醤油焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)など »