« 値段はないけど高くない … 居酒屋「魚市(うおいち)」(横浜・桜木町) | トップページ | 中野5丁目の老舗居酒屋 … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) »

野毛酒場探訪記(FF~第一亭~末広~大衆~理容院ほか)

西武線沿線に住む酒友・F本さんが、今日は横浜方面に出てこられて野毛飲みです。やって来たのは串揚げと魚介類の「福田フライ」。F本さんは、早々と横浜に到着されて、すでに横浜駅の「星のうどん」からはじまって、上大岡の立ち飲み「じぃえんとるまん」を経て野毛入りし、現在は「トモ」にいらっしゃるとのこと。それを、その次の巡回候補店である「福田フライ」で待ち受けておこうという考えです。

キリンラガービール(大瓶600円)を飲みながら、エビと串カツ(各120円)を揚げてもらいます。白菜のお新香も追加して飲んでるところへF本さんも到着。今日はたっぷりと楽しみましょう!

F本さんの合流で串揚げも鳥皮とハツ、カキ(各120円)を辛いソースで仕上げてもらいます。「福田フライ」の名物のひとつでもある辛いソースは、ニンニクがたっぷりと効いたピリ辛ソースで、ガツンと鼻に抜ける辛さがたまらないのです。

「福田フライ」に来ると白モツ炒め(350円)も食べておいてもらわなきゃね。これまた辛いソースで仕上げてもらって、飲み物はウイスキー水割り(ブラックニッカ瓶450円)に切りかえます。

そこへ都内での仕事を終えて到着されたのは湘南のモツラー・G.Aさん。ゲソ、ハツ、アサリ、……と、テンポよく好みの串揚げを注文して1軒目を終了です。

〔福田フライ〕
070323a1 070323a2 070323a3
エビと串カツ / 白菜のお新香 / 皮とハツ

070323a4 070323a5 070323a6
カキ / ウイスキー水割り / 白モツ炒め
店情報前回


野毛の2軒目は中華料理の「第一亭」。紹興酒をボトルごと燗づけてもらって、定番中の定番、豚耳軟骨(500円)、特製・チート(豚胃)の生姜炒め(600円)、そしてシジミ醤油漬(600円)でスタートです。

横浜の「豚の味珍」の豚肉もすばらしいのですが、ここ「第一亭」の豚料理も、また特徴的でいいのです。耳や胃のほかに、頭(かしら)、舌(たん)、豚足、子袋、ハツ、レバ、モツ、ホルモンなどがそれぞれ600円でいただけます。

そしてもちろん「第一亭」の人気・裏メニューであるパタン(600円)も、普通の冷やしたパタンに加えて、あったかいパタンもいただきます。パタンは本来はこの店のまかない料理で、たっぷりのニンニクが入った醤油系ソースを絡めた冷たい麺のこと。それが常連さんたちの知るところとなり、今ではすでに裏メニューと呼べないほどの人気メニューになっているのです。注文する人がよほど多いのか、定番である冷たいパタンは、注文するやいなや、という速さで出てきました。

ならべて食べてみると、個人的には冷たいパタンのほうが好きかな。

それにしてもものすごいニンニクの量。さっきの「福田フライ」でもニンニクのよく効いた辛いソースをたっぷりといただいたので、帰りの電車はもとより、明日も1日中たいへんかも!!

〔第一亭〕
070323b1 070323b2 070323b3
紹興酒 / 豚耳軟骨 / チート生姜炒め

070323b4 070323b5 070323b6
しじみ醤油漬 / パタン / あったかいパタン
店情報前回


ひとしきり「第一亭」を堪能したころ、濱の酒場通・iiさんから「末広」で飲みはじめたという連絡が入り、G.Aさん、F本さんとともに「末広」に移動します(3軒目)。もう午後8時半近い時間なので、名物の刺身(鳥)はすでに売り切れ。皮、ピーマン肉、もつ、ハツを焼いてもらいます。

皮は塩焼き。横浜の焼鳥屋では、塩焼きの焼き鳥にはニンニクなどが入った秘伝の味噌を塗って食べることが多いのです。この店ももちろんその味噌が用意されていて、それをたっぷりと塗っていただきます。3軒連続となるニンニクだけど、おいしいものはおいしいよなぁ!

飲み物のほうは、最初は「泰平」と書かれた、たぬき(かな?)の形の酒器で出される燗酒をいただいていたのですが、途中からiiさんがキープされているウイスキー(オールド)の水割りに切り替えます。

〔末広〕
070323c1 070323c2 070323c3
燗酒 / 鳥皮 / 特製の味噌

070323c4 070323c5 070323c6
ピーマン肉 / もつ / ハツ
店情報前回


「末広」を出たところでG.Aさんが帰宅され、残る3人で「大衆」(4軒目)の生ホッピー。もちろんつまみはホルモン(腸)にジンギスカン(羊肉)。センマイ刺しもいただきます。

「大衆」を出てにっきーさんと酒場データベース・K口さんのおふたりと合流。おふたりは偶然「武蔵屋」で一緒になり、その後「第一亭」をまわられていたのだそうです。

濱の酒場通・iiさんも帰宅され、残る4人で「日の出理容院」(5軒目)に入ったのは10時半過ぎ。思い思いに角のハイボールやジントニックなどをいただいて、野毛での飲み会を終了します。

〔大衆/日の出理容院〕
070323d1 070323d2 070323d3
「大衆」の生ホッピーとセンマイ刺し / ホルモンとジンギスカン / 「日の出理容院」
・「大衆」の店情報前回) / 「日の出理容院」の店情報前回


桜木町から電車に乗り込み、途中で路線の違うK口さんと別れ、西武新宿線に乗り換えて鷺ノ宮駅に着いたのは午前1時頃。ここまで帰ればもう安心と、F本さん、にっきーさんと3人で「満月」(6軒目)に入り、今日の野毛飲みをふり返りつつ最後の仕上げです。

夕方からざっと回った野毛での5軒(人によってはさらに2~3軒!)。とても1日では回りきれないほど名店のそろった町ですので、行けなかった店のほうがもちろん多いのですが、よく飲んだ1日でした(笑)

〔満月〕
070323d4 070323d5 070323d6
「満月」 / 砂肝 / 野菜サラダ
店情報前回

《平成19(2007)年3月23日(金)の記録》

|

« 値段はないけど高くない … 居酒屋「魚市(うおいち)」(横浜・桜木町) | トップページ | 中野5丁目の老舗居酒屋 … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/14620099

この記事へのトラックバック一覧です: 野毛酒場探訪記(FF~第一亭~末広~大衆~理容院ほか):

» 自宅近くの行きつけ酒場 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)など [居酒屋礼賛]
4月1日、日曜日。新しい年度に入りました。 日曜日の夕方、よく出かけるのは自宅近くの「川名」か「秋元屋」。この両店は午後4時に開店(「秋元屋」は土日のみ午後4時開店)するので、夕方トコトコと散歩に出かけて、ちょいと一杯引っ掛けて、家に帰ってゆっくりとお風呂に入ると、ちょうど家族との夕食時間になって、実に都合がいいのです。 がしかし。「秋元屋」には実は一昨日行ったばかりだし、なにしろ今日は魚が食べた... [続きを読む]

受信: 2007.04.18 07:50

» 昨夜に続いて野毛の町 … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町)ほか [居酒屋礼賛]
「今日は、仕事の関係で横浜に来ています。軽くいかがですか?」 以前一緒に仕事をしていた仕事仲間のGから、そんな電話が入ります。 「え? どんなところに行きたいの?」 「そりゃもう、横浜らしい濃いところに!」 うーむ。そういう希望であれば、昨日、行ったばかりながら、今日もやっぱり野毛(のげ)方面に出没しますか。 そんなわけで、当時の仕事仲間KやDも加わって、4人で桜木町駅の改札に集合。みんなを案内し... [続きを読む]

受信: 2007.06.26 07:55

» 大ダヌキ、小ダヌキ? … 焼き鳥「末広(すえひろ)」(横浜・桜木町) [居酒屋礼賛]
「ぜひ野毛(のげ)で飲んでみたいです」という都内からの客人2名を迎えて野毛の町。野毛は月曜定休の店が多いのですが、そんな中でも、いつもと同じく大勢のお客さんで賑わっているのが焼き鳥の「末広」。どうかなぁ、とのぞき込むと、ラッキーにも右手奥のテーブル席(4人掛け)が空いていて、そこに3人で座ります。 まずはビール(各メーカー大瓶、630円)をもらって、とり刺しを注文すると「ありません」という返事。早... [続きを読む]

受信: 2007.07.15 11:56

» 濱の酒場めぐり(1) … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(横浜・桜木町) [居酒屋礼賛]
 土曜日の今日は、横浜地区でちょっとしたイベントがあり、宇ち中さん、H本さん、にっきーさんと4人で参加。雨が降りしきる中、屋台の模擬店で焼き鳥や海鮮焼き、餃子などを買ってきて、生ビール(200円)や、8割くらいが焼酎という、ものすごく濃いチューハイ(100円)などを、朝の10時半からガンガンと飲みまくりです!  イベントも終わって、「では二次会へ!」ということでやって来たのは、野毛(のげ)の入口で... [続きを読む]

受信: 2007.08.15 10:36

» 〔この一品〕 野毛「焼肉大衆」のジンギスカン焼き [居酒屋礼賛]
 野毛「焼肉大衆」の人気メニューは、店頭の赤いファサードテントにも大書されているとおりホルモン焼(280円)とジンギスカン焼(380円)の2品です。店内では写真撮影禁止なので、ブログでご紹介する機会は減っているものの、店そのものは相変わらずの大人気。ひとり、ふたりで行っても入れないことも多い状態です。  今日はひとりで出かけていって、たまたま空いていたカウンター席(つめて10人、普通は9人分)の一... [続きを読む]

受信: 2010.07.24 10:36

« 値段はないけど高くない … 居酒屋「魚市(うおいち)」(横浜・桜木町) | トップページ | 中野5丁目の老舗居酒屋 … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) »