« やっぱり最後はラーメンで … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) | トップページ | 店情報: 手打そば「おおひら」(野方) »

最近、流行りの胡椒焼き … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方)

日曜日。なおとんさん宇ち中さんと示し合わせて「よじあき」(=日祝の開店時刻である午後4時に「秋元屋」)に行くと、今日も開店直後にもう満席。まずはシャリ金ホッピー(410円)と、煮込み玉子入り(380円)からはじめて、サイドメニューにキャベツ味噌(100円)ももらいます。なにしろ春キャベツのおいしい季節ですからね。なおとんさんもキャベツを味噌マヨ(味噌+マヨネーズ)でもらっています。

なおとんさんから「これ食べてみて」と渡されたのは、カシラの胡椒焼き。カシラに胡椒をたっぷりと振りかけてから焼きあげたもので、最近の「秋元屋」の流行(はやり)なんだそうです。黒胡椒をたっぷりとまぶしたペッパーステーキや、ラムチョップ(骨つきラム肉)のペッパー焼きなどの料理もあるくらいで、むしろなぜ今までなかったのかが不思議なぐらいですよねぇ。

「焼くのに時間がかかって大変なんですよー」と、この時間の焼き台を担当する三浦さんは苦笑い。そうか。肉の表面が胡椒でコーティングされた状態になっているから、普通よりも火が通りにくいのか。込み合ってるときは、ちょっと遠慮したほうがいい焼き方かもしれません。

宇ち中さんはメンチ味噌を注文。「秋元屋」にはメンチやハムカツ(各200円)や、コロッケ(180円)というメニューがあって、これを注文するとお惣菜として売られている市販のメンチ、ハムカツ、コロッケを炭火で炙って出してくれるのです。

これらは「秋元屋」が開店して間もないころ、店主が自分のつまみ用に準備していたものを、ちょっと出してくれたりする裏メニュー的な存在だったのです。「こりゃいいよ。ぜひ表メニューにしてよ」というお客さんたちの要求に、しばらくは「これはちゃんとした料理じゃないから」と断ったりしていた店主ですが、お客さんの人気には逆らえきれず、ついに表メニューとして、そればかりか毎日どんどん出ていく人気メニューとして定着したのでした。その人気たるや、お土産として持ち帰る人もいるほどなんだそうです。

「メンチやコロッケを買ってきて、自分の家で炙っても同じなのに…」と店主は謙遜しますが、なかなか自分の家に炭火が用意されている人はいませんもんね。

宇ち中さんの注文したメンチ味噌(これも200円)は、炙り終えたメンチを出すときに、上に「秋元屋」自慢の味噌ダレをかけたものです。こうなると、ますます自分の家ではマネできませんよね。完全に「秋元屋」オリジナルのメニューと化しています。

2杯目の飲み物は、なおとんさんと共にバイスサワー(350円)を注文。
「前回、全部入れたら、すごく甘かったんですよ」
「これは半分ずつ、2回に分けて飲むくらいがちょうどいいんです」となおとんさん。なるほど、やっぱりそうだったのか。今回はバイス(梅紫蘇の素)を半分だけ入れていただいてみると、うん、これなら大丈夫です。

それじゃ、私はいつものようにガツとテッポウを醤油焼きで1本ずつ! ガツは豚の胃袋。しっかりとした弾力感が売りもので、ミノ(牛の第1胃袋)ほど硬くなくて食べやすいのです。テッポウは豚の直腸。上シロと呼ばれたり、トロと呼ばれたりすることもあるテッポウは、やわらかいのに、グゥ~ッと噛みしめていくとジワァーッと弾力感が増していくタイプ。ぷつっと噛み切れる瞬間まで弾力が楽しめるのです。

なおとんさんはレバ塩のちょい焼きを注文し、仕上げにチューブのワサビを添えてもらっています。「ワサビをたっぷりつけて食べるのがうまいんだよ。食べてみて」と、こちらにもレバ塩の入ったお皿を回してくれます。先ほどの胡椒焼きもそうですが、ワサビを添えてみたり、練りガラシをつけたり、そうかと思えば「これは絶対に粒マスタードで食べなきゃダメなんだ」という品があったりと、モツ好きのみなさんは、それぞれに一家言もっているし、それがまた確かに美味しいんですよねぇ。その研究熱心さに脱帽です。

宇ち中さんがオニオンスライス(220円)を注文すると、これがまたお皿に山盛りです。

バイスサワーのナカ(焼酎のおかわり、250円)をもらって、私も注文してみたことのない、おかか梅(150円)をたのんでみます。「はい、おかか梅!」と、すぐに出された小鉢は、たっぷりと盛られたカツオ節だけが見えている状況。どれどれー、と山のようなカツオ節を左右に分けてみると、その下には大きな梅干がふたつ。

この梅干をチマチマとつつきながら飲むお酒がおいしいんだけど、梅干にバイスサワーというのは、冷しトマトをつまみにトマト割りを飲んでるようなもので、ちょっと合わなかったなぁ。日本酒か焼酎が合いそうです。

午後6時半までの滞在は、それぞれ個別会計で、私の分は1,840円。「ごちそうさまー」と、途切れることなく満席の「秋元屋」を、3人で後にしたのでした。

070422a 070422b 070422c
シャリ金赤ホッピー / 煮込み玉子入り / キャベツ味噌

070422d 070422e 070422f
メンチ味噌 / ガツとテッポウの醤油焼き / バイスサワー

070422g 070422h 070422i
レバー塩にワサビ / オニオンスライス / おかか梅

店情報前回

《平成19(2007)年4月22日(日)の記録》

|

« やっぱり最後はラーメンで … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) | トップページ | 店情報: 手打そば「おおひら」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15023742

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、流行りの胡椒焼き … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方):

» ツルリとレバ生 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) [居酒屋礼賛]
5月3日「憲法記念日」。大型9連休も折り返し点を過ぎ、残すところ今日も含めて4日間となりました。 この連休中は「近くの名店を探る」をテーマとして、荻窪~阿佐ヶ谷方面、立川~小金井方面、そして高田馬場~大久保方面と、近くにあるのに普段あまり行くことができないあたりに出没してきました。 しかしながら、はじめて行くお店や、久しぶりとなるお店が続くと、なにやらちょっと疲れます。の~んびりとくつろぐために行... [続きを読む]

受信: 2007.05.25 07:38

« やっぱり最後はラーメンで … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) | トップページ | 店情報: 手打そば「おおひら」(野方) »