« 春の息吹をたっぷりと … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 鯛腸塩辛で一献 … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) »

店情報: 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷)

【このお店は現在、西荻窪で営業しています→食べログ

    070413g
  • 店名: 酒亭「善知鳥」(うとう)
  • 電話: 03-3337-8734
  • 住所: 166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-4-7
  • 営業: 19:00-02:00(24:00LO)、日・連休末日休
  • 場所: JR阿佐ヶ谷駅北口を出て、左手側の不動産屋の先を左折し、スターロードに入る。しばらくスターロードを直進し、右手にある居酒屋、「ちゅうすけ」や「蘆葦家」の先の、右手前に美容院がある交差点を右折した先、左側。
  • メモ: 青森出身の今(こん)悟さんが営む、7~8人のカウンターと小上がりの小ぢんまりとした酒亭。全国の銘酒から厳選された約20種類の日本酒と、生カラスミ(1,300円)、ズワイ内子、海老味噌、苦うるか、鯛腸塩辛、莫久来、くちこ、海鼠腸、鮑酒盗、沖漬け、黒作り、ちゅう、めふん、しお納豆、あけがらし、アミの塩辛(500円)、大山豆腐(500円)、川のり、さえずり、ポテトサラダ、いちご煮などの様々な珍味が揃っている。お通し500円。
  • HTML版(2003年以前): (01.06.22)

|

« 春の息吹をたっぷりと … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 鯛腸塩辛で一献 … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

日本酒の文化を引き出してくれた。…と思った。
ワインのうんちくや日本人がソムリエを目指すのにはへきへきしていたが、日本酒文化ここに有り!
日本人として誇りをもてる。

投稿: 川合善大 | 2008.07.05 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/14920217

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷):

» 鯛腸塩辛で一献 … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
阿佐ヶ谷駅の近くには日本酒を売りにした酒場が数多い。ざっと考えただけでも「与っ太」「可わら」「燗酒屋」「志ノ蔵」などの名前が思いつきます。 阿佐ヶ谷駅北口、スターロード商店街の路地にある「善知鳥(うとう)」も、そんな日本酒を売りにした酒亭の1軒。「こんばんは。ひとりです」と店に入るなり、店主から「うちには日本酒しか置いていませんがいいですか」と確認されるほど、筋金入りの銘酒酒場なのです。 手渡され... [続きを読む]

受信: 2007.05.02 05:45

» 路地の奥の日本酒バー … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 バーは、お酒そのものをおいしく飲ませてくれるお店。ホステスさんのように、接客を主たる業務とするおねえさんはいませんし、カラオケや、テレビなどもない。BGMは、流れているお店もあるかな。  おいしいお酒は必ずありますが、料理は店によって、あったり、なかったり。カウンター席も必ずありますが、テーブル席は店によって、あったり、なかったり。  ひるがえって、阿佐ヶ谷駅北口の小さな路地にたたずむ、「善知... [続きを読む]

受信: 2007.11.10 15:32

» 3週目のクリーム帆立 … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
「今日のクリーム漬け帆立は漬け込んで3週間のものです」  コクのある美味しい燗酒をいただきながら、肴(さかな)を選んでいると、店主の今(こん)さんから、そう声がかかります。ぜひそのクリーム漬け帆立をいただきましょう!  クリーム漬け帆立は、生の帆立の貝柱を、卵黄と油に浸け込んで、3~4週間ほど寝かしたものなんだそうで、見た目は小皿に盛られたポテトサラダといった感じ。添えられた黒七味をちょっと振りか... [続きを読む]

受信: 2008.06.01 10:43

» ミズ納豆に鮎子うるか … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 日本酒を美味しく飲むことをとことん追求したお店、「善知鳥」にやってきました。  土曜日、午後6時半過ぎに店に入ると、カウンター7席と、小上がりテーブル席2卓の店内には先客はなし。軽く「へ」の字に折れたカウンターの角のあたりに陣取って、まずは「和田来(わたらい)」(純米吟醸)を冷酒でいただきます。  今日のお通しはミズ納豆。ミズというのは、東北地方ではよく食べられる山菜なんだそうで、今日のミズは津... [続きを読む]

受信: 2008.10.12 14:31

« 春の息吹をたっぷりと … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 鯛腸塩辛で一献 … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) »