« 店情報: 手打そば「おおひら」(野方) | トップページ | 連休前に中華で一献 … 中華料理「麗郷(れいきょう)」(渋谷) »

ゆっくりと蕎麦屋酒 … 手打そば「おおひら」(野方)

なおとんさん宇ち中さんと3人で「秋元屋」を出て、もう1軒と向かったのは、駅からほど近い、みつわ通り商店街に入ったところにある手打そばの店「おおひら」です。以前は「太平庵」という店名だったのですが、気がつくと手打そば「おおひら」という名前に変わってました。

野方という町は、基本的に食事の値段が安い町なのですが、ここ「おおひら」もそんなお店。都心部で食べると2千円近くはするだろうなぁ、というような天ぷらそばが1,260円くらいから食べられるほか、四季折々に合わせたそばを、ご飯も付いたセットで1,350円くらいで提供してくれるのです。

もちろん、そば前の酒や肴も用意されています。日本酒は長野県佐久市の「菊秀」1銘柄のみながら、本醸造(420円)と特別純米(720円)の2種類が選べます。この他、生ビール(エビス、580円)はありますが、焼酎はなし。肴は辛味大根(260円)、とろろ(420円)、板わさ(420円)、鴨焼き(790円)、あなご天ぷら(790円)、季節の野菜天ぷら(950円)、盛り合わせ天ぷら(1,260円)といった、そばの種にもなる、そば屋定番のつまみの他、冷奴(350円)、おしんこ(400円)、あげ出し豆腐(580円)なども選べます。

こうやって本格的なそばをリーズナブルな値段で食べられて、しかもちょいと飲んだりもできるので、地元でも大人気。いつもたいていお客さんがいっぱいで、特に日曜日の今日は家族連れも多くて、午後6時半過ぎの店内には、空いたテーブルはない状態です。しかしながら、ひとグループがちょうど計算中のようなので、しばらく外で待っていると、そのお客さんたちと入れ替わりに、すぐに店内に入ることができました。

店内は左手にテーブル席が4卓、右手には小上がりになっていて座卓が4卓並んでいます。テーブル席の一番手前は、真ん中に囲炉裏のある大きなテーブルで、ひとり客でも入れ込みで入れるカウンター代わりの席にもなります。我われ3人は、右手小上がりの一番手前、6人座れるテーブルに3人でゆったりと座ると、「いらっしゃいませ」と、まずはお茶と、サービスの揚げそばが出されます。お酒を飲まない場合でも、この揚げそばをポリポリ食べて、お茶を飲みながら、そばの出を待てばいいようになってるんですね。

しかし、我われはもちろんそば前のお酒(本醸造、420円)から。なおとんさんは冷やで、宇ち中さんと私は燗でいただくと、お酒にもお通しの青菜おひたしが出されます。

注文した肴は、板わさ(420円)、おしんこ(400円)に季節の野菜天ぷら(950円)。

そば屋の肴の定番中の定番・板わさは、蒲鉾板の上に厚めにカットされた蒲鉾が6切れ。横におろした本ワサビが添えられます。この店もそうですが、生ものを置いているそば屋は、チェーン店のそば居酒屋などをのぞくと、あまりありません。そういうそば屋で“刺身代わり”としていただける肴が板わさなんですね。

おしんこはキュウリ、カブ、ニンジン、大根、ナスの自家製ぬか漬け5品盛り。季節の野菜天ぷらはサツマイモ、ハス、たらの芽、ナス、カボチャ、マイタケなどが盛り合わされています。

今日は3人いるから問題ないけど、ひとりで注文したら板わさ、おしんこ、季節の野菜天ぷらのどれをとっても、1品で十分といったボリュームなのです。

これらをつまみながら、ひとり2合ずつほどお酒をいただいたところで、3合目のおかわりとともに、そばの注文です。

私はあっさりと、つけとろろそば(840円)。とろろの入ったつけ汁に、せいろそば。小皿にウズラの生卵と、刻みネギ、ワサビが添えられます。なにしろ、とろろがつまみになり、せいろそばがつまみになりますからねぇ。お酒を飲みながら、ゆっくりといただける一品です。

宇ち中さんの注文は鴨焼せいろ(1,370円)。陶板で、鴨肉がジュージュー焼かれながら出てきます。何枚かの鴨の抱き身(胸の肉)の上にたっぷりと盛られた白髪ネギ。ジュワーッと立ちのぼるものすごい湯気が、鴨肉のいい香りをふりまきます。これもまた、つまみにもなる一品ですね。

なおとんさんが「根菜せいろ(780円)の麺を、普通のそばから田舎そばに代えてもらえますか」と注文すると「はいはい。いいですよ」と、すんなりと受け入れられます。せいろ(580円)と田舎そば(730円)の差額は150円。後でレシートを見ると、根菜せいろ・田舎そばバージョンは、この差額150円が追加されて、930円でした。田舎そばは、普通のそばとくらべるとかなりの太麺。太いというよりも細めのキシ麺状とたとえたほうがイメージに近いでしょうか。その田舎そばの上に、千切りの大根と金平ゴボウがたっぷりとのっています。

最後はそば湯で割ったつけ汁で、残ったお酒をいただいて、ごちそうさま。約2時間のそば屋酒は、3人で8,270円(ひとりあたり2,757円ほど)でした。

070422j 070422k 070422l
手打そば「おおひら」 / 揚げそばとお茶 / 「菊秀」本醸造(燗)

070422m 070422n 070422o
板わさ / おしんこ / 季節の野菜天ぷら

070422p 070422q 070422r
つけとろろそば / 鴨焼せいろ / 根菜・田舎そば

店情報前回

《平成19(2007)年4月22日(日)の記録》

|

« 店情報: 手打そば「おおひら」(野方) | トップページ | 連休前に中華で一献 … 中華料理「麗郷(れいきょう)」(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15023788

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくりと蕎麦屋酒 … 手打そば「おおひら」(野方):

» 蕎麦屋さんで日本酒 [宇ち中]
2007/04/22 (続き) はまださん、なおとんさんと3人で秋元屋さんをたっぷりと楽しんだあと、野方の街をぷらぷらと歩いて向かったのは、みつわ通りを少し入ったところにある「おおひら」というお蕎麦屋さんです。 建物の上には「大平庵」と書かれてます。「たいへいあん」と間違って読まれることが多いかも、なんて勝手に思いながら「おおひら」と書かれた暖簾をくぐると、店内はほぼ満席。たまたま空いていた入り口そばの小上がり席へお邪魔させていただくこととします。そして、まずは日本酒を。はまださんは燗酒、なお... [続きを読む]

受信: 2007.05.16 01:47

» 牡蠣南ばんで蕎麦屋酒 … そば「おおひら」(野方) [居酒屋礼賛]
 わが家の近くにある手打ちそばの「おおひら」。テーブル席が3卓ほどと、座敷席も3卓ほどの、この蕎麦屋には、季節ごとに、その季節ならではの蕎麦が1,000~1,500円くらいで用意されています。この季節の蕎麦を食べながら、チビチビといただくお酒が実にいいのです。  12月に入ったばかりの今の時期、品書きに並ぶのは、「きのこ汁せいろ」(980円)、「姫鱒(ひめます)天せいろ(いくら御飯付き)」(1,3... [続きを読む]

受信: 2007.12.23 22:30

« 店情報: 手打そば「おおひら」(野方) | トップページ | 連休前に中華で一献 … 中華料理「麗郷(れいきょう)」(渋谷) »