« はじめての座敷席 … 居酒屋「くろがね」(大久保) | トップページ | ツルリとレバ生 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

今夜はほとんど顔見知り … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野)

大久保駅で渋谷方面に帰る3人と別れ、ひとり中央線でやってきたのは中野です。「近くの名店を探る」。2~3軒の新しいお店や久しぶりのお店を回ったあと、いつも最後は行きつけのお店でシメです。初回の荻窪~阿佐ヶ谷編では「ペルル」で、2回目の西国分寺~武蔵小金井編では「やき屋」でした。今回、高田馬場~大久保編のシメは、中野にあるもつ焼きの名店「石松」です。

中野駅の北側に広がる中野5丁目エリア。ここが中央線沿線でも有数の一大飲食店街なのです。ウロウロとその界隈を散策したあと、「石松」に到着したのは午後10時半。入れるかなぁ、と焼き台の窓から店内をのぞき込んでみると、なんと今日の店内はほとんど顔見知りの常連さんばかり。

「入れるよー!」と声をかけてもらって、みなさんの仲間入りです。

キープしている亀甲宮(キンミヤ)のボトルを出してもらって、今日も生茶割り。この店では、生茶はカウンター上にデンと置かれていて、自由に飲んでいいのです。……たぶん……。

出してくれたお通し(380円)は、センマイ刺しです。この店では、センマイ刺し、豚耳、モヤシ、冷奴など、何品かの定番のお通しがあって、何人かで行くと、それぞれ違うお通しを出してくれたりするのです。

目の前では、ちょうどツクネ(150円)の準備がはじまったばかり。さっそく私も便乗して、ツクネのタレ焼きと塩焼きを、それぞれ1本ずつ注文です。

ここのもつ焼きは、注文を受けてから下ごしらえをはじめ、串を打って、焼きあげるというのが大きな特長。鮮度抜群のもつ焼きをいただくことができるのです。

そのかわり、注文してから焼きあがるまでは、普通に下ごしらえを済ませてあるもつ焼き屋よりも、当然のことながら時間がかかる。カウンター7席、補助席まで入れても9席程度という狭い店内ながら、じっくりと待つ余裕が必要です。あまり空腹で行くと、つらいかも。

目の前で練り込まれたツクネは、クルリと同じ大きさの球形を作りながら、煮えたぎったお湯に入れて下茹で。これに串を打って、そのまま焼き上げてくれるのです。この店のメニューの中でも、5本指に入る人気の品です。

続いてはカシラ塩(100円)。これは豚の頭の肉で、けっこう脂分も多い部位。これに練り辛子をつけたり、チューブのワサビをつけたりして食べるのもおいしいんだそうで、今日はワサビでいただいてみました。「チューブのワサビは、洋風のワサビだから、肉の脂にも合うんだよ」。そんなことを教えてくれたのも、この店の常連さんだったように思います。

カウンターの上に、そのチューブのワサビや、練りガラシ、粒入りマスタード、ニンニク味噌、藻塩、一味や七味などの、いろんな調味料がズラァーッと並んでるのも面白いですよねぇ。みなさん、それぞれに好みの調味料があるようです。

ウズラ(玉子串、120円)はタレで焼いてもらいます。ウズラの玉子は、そのものの味が割りと一定なので、タレ焼きにしてもらうと、その店のタレの味がよくわかるのです。

最後は、このところ自分の定番となっているテッポウ(100円)の醤油焼きです。テッポウは、豚の直腸。トロとか上シロと呼ぶ店もあるテッポウは、表面のクニュクニュと柔らかい弾力感が、噛み締めるにつれて強くなるという、他には類似のものがない食感が人気。これが醤油の香ばしさとよく合うのです。

ちょうどボトルも空いたので、新しいボトル(1,500円)を入れて、ごちそうさま。日付けが変わる頃まで、1時間半ほどのもつ焼きタイム。お勘定は2,500円でした。みなさん、お先に!

070502i1 070502i2 070502i3
「石松」のお通しはセンマイ / ツクネたれ / ツクネ塩

070502j1 070502j2 070502j3
カシラ塩 / ウズラたれ / テッポウ醤油

このまま帰ればいいものを、西武新宿線で鷺ノ宮駅まで帰って来たところで、なんだかお腹がすいて、駅のすぐ近くにある「らーめん一兆」にふらり。連日、飲み歩いているので胃袋が大きくなっちゃったのかなぁ。

2004年6月7日にオープンしたこの店は、間もなく開店三周年。特製坦々麺(820円)が有名ですが、今日はあっさりと和風醤油らーめん(590円)で〆て終了。

夜はニラ玉(250円)、もやしの肉味噌和え(300円)、めんま焼(300円)、ネギめんま(300円)、枝豆(300円)、チャーシュー(400円)、ネギのせ餃子(400円)などをつまみながら、チューハイ(350円)や日本酒(「奥の松」純米吟醸、500円)を楽しむこともできるお店です。

070502k1 070502k2 070502k3
「らーめん一兆」 / 和風醤油らーめん / 参考:以前いただいた特製坦々麺

・「石松」の店情報前回

《平成19(2007)年5月2日(水)の記録》

|

« はじめての座敷席 … 居酒屋「くろがね」(大久保) | トップページ | ツルリとレバ生 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15162859

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜はほとんど顔見知り … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野):

» 横浜で飲んで、中野へ … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
連休明けの1週間もバタバタと過ぎて、気がつけばもう金曜日。午前中の都内での仕事を終えて、帰り道にJR京浜東北・根岸線は新杉田駅の近くにある「バーグ」で昼食です。ここ「バーグ」はカレーとハンバーグの店で、名物はスタミナカレー(720円)なんだそう。さっそくそのスタミナカレーを注文すると「玉子は焼きますか? 生ですか?」と店のおばちゃん。トッピングとして玉子が1個付くのですが、それが目玉焼きでも、生で... [続きを読む]

受信: 2007.06.05 07:42

« はじめての座敷席 … 居酒屋「くろがね」(大久保) | トップページ | ツルリとレバ生 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »