« つまみ3品、燗酒2本でセンベロ … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) | トップページ | 創業40年の人気店 … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) »

店情報: 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場)

    070502z1
  • 店名: 雛鳥やきとり「鳥やす」本店
  • 電話: 03-3368-6459
  • 住所: 169-0075 東京都新宿区高田馬場3-5-7
  • 営業: 17:00-23:00、無休(正月は休み)
  • 場所: 高田馬場駅を北側に出て、駅前(山手線の外側)の栄通り商店街に入る。そのまま3分(170m)ほど進んだ、商店街の終点右手。
  • メモ: 昭和42(1967)年創業で「高田馬場と言えば」と言われるほど有名な焼き鳥店。7種類の焼き鳥(もつ(レバー)、すなぎも、はさみ(ネギ間)、はつ、ぼんちり、てばさき、つくね)が食べられる盛り合わせ(490円、価格はすべて税別表記)は昔からある定番メニュー。酒は京都伏見の辛口「冨翁(とみおう)」が280円。早稲田通り沿いに支店(03-3209-9987、高田馬場2-14-4)がある。
    〔焼鳥〕焼き物のご注文は単品2本から。もつ60、すなぎも60、はさみ70、正肉70、かわ70、はつ70、ぼんちり70、てばさき80、つくね80、なんこつ80、ささみ90、梅正肉100、柚子胡椒正肉100、辛子味噌正肉100、わさび正肉100、かも120、明太ささみ120、わさびささみ120、骨付ぶつぎり200、もも焼き400、〈数量限定〉ぼんにく90、すきみ120、アスパラ肉巻120。
    〔野菜焼き〕ピーマン100、ししとう100、にんにく100、ねぎ150、椎茸200、銀杏(冬季)150。
    〔御飯物〕焼き鳥丼500、親子丼500、鳥スープのお茶漬け(のり、わさび、梅、明太)450。
    〔和え物・酒の友〕そら豆250、黒豆の枝豆250、もずく酢250、酒盗250、もやしのナムル250、鳥挽肉の中華風冷奴300、帆立のわさび漬け300、豚モツ(ガツとシロ)の辛子酢味噌和え300、白レバーのポン酢醤油300、生わかめと鶏肉の中華ダレ和え300、岩手県産生わかめと鶏肉のぬた300、松前和え(三つ葉と鶏肉のワサビ醤油和え)300、利久和え(胡麻と鶏肉のウニ和え)300、梅香〆(うめかじめ。オクラと鶏肉の梅肉和え)300、うにくらげ300、納豆和え300、長芋うに和え300、合鴨のくんせい320、イカのチャンジャ320。
    〔当店自慢〕煮込み(手羽先と野菜の煮込み。鳥やすといえばコレです)300、もつ煮(コッテリとした濃厚な味です)300、御新香(自家製ぬか漬け)300。
    〔生野菜、各200、盛り合わせもできます〕きゅうり、人参、セロリ、キャベツ、大根、トマト。梅Q200。
    〔通は「大おろし」で食う〕塩焼の手羽先・ぼんちり等は山盛りの大根おろしと一緒に食べると油が中和されてサッパリし、最高です。おろしがなくなったらおかわりを。大おろし180、小おろし60。ご来店時にご注文いただければお通しを大おろしでお出しします。
    〔飲みもの〕生ビール(中)420、生ビール(得生←大きめのサイズのお得な生中ジョッキ)490、瓶ビール(黒ラベル中瓶)490、酒(「富翁」辛口、熱燗・常温)290、焼酎(水割り・お湯割り・ロック、米・麦・芋・紫蘇・そば・韓国焼酎)250、ウィスキー(リザーブ、ダブル)500、ワイン(グラス)300、生グレープフルーツサワー・生レモンサワー(得生中ジョッキ)各470、レモンサワー・ライムサワー・ウーロンハイ・梅サワー・チューハイ(梅干入りできます)各300、梅酒ソーダ・津軽りんごサワー・伊予柑サワー・白桃サワー・杏子サワー・巨峰サワー・グレープフルーツサワー・モスコミュール・ソルティドッグ・スクリュードライバー・カシスソーダ・カシスオレンジ・ジントニック・ピーチフィズ・カルピスサワー各350、〔果実酒(水割り・ロックもできます)〕梅酒・津軽りんご酒・巨峰酒・白桃酒・伊予柑酒・杏子酒・グレープフルーツ酒 各300、〔おすすめ〕ジーマ・スミノフ(ライム・レモン・グレープフルーツ)各380、眞路の梅酒・花泡香 各580、〔ソフトドリンク各250〕オレンジジュース・ウーロン茶・カルピスウォーター・カルピスソーダ・グレープフルーツジュース・コーラ。
    地酒・冷酒メニュー(各300mlボトル):青森「じょっぱり」吟醸(950円)、岩手「酔仙(すいせん)」特選吟醸(950円)、山形「東光(とうこう)」純米吟醸(950円)、新潟「お福正宗」越乃吟醸(950円)、愛知「国盛(くにざかり)」吟醸(950円)、京都「鐵斎(てっさい)」純米吟醸(950円)、広島「宝寿(ほうじゅ)」純米吟醸(950円)、熊本「美少年(びしょうねん)」吟醸(950円)、新潟「越の誉(こしのほまれ)」大辛口(650円)、京都「富翁(とみおう)」本醸造生貯蔵酒(580円)。(2007年5月調べ)

|

« つまみ3品、燗酒2本でセンベロ … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) | トップページ | 創業40年の人気店 … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15144514

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場):

» 創業40年の人気店 … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) [居酒屋礼賛]
9連休も中日(なかび)となる5日目(5月2日)。家族はみんな学校などで外出し、朝からひとりでのーんびりと過ごし、夕方、そろそろみんなが帰って来るかという頃に外出です。この連休のテーマは「近くの名店を探る」。第一弾は荻窪、阿佐ヶ谷方面。第二弾は西国分寺、武蔵小金井方面でした。第三弾となる今日は高田馬場から大久保方面に行ってみようと思っています。 まず高田馬場。この街には「真菜板」(03-3362-1... [続きを読む]

受信: 2007.05.21 05:23

» 焼き鳥1本60円から … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) [居酒屋礼賛]
 昭和42(1967)年の創業以来、高田馬場で40年以上営業を続けている人気焼き鳥店、「鳥やす本店」にやってきました。  あいにくの雨の中、飲み屋街(さかえ通り)の一番奥という立地条件にも関わらず、金曜午後8時の店内はほぼ満席。かろうじてひとり分が空いていたカウンター席に案内されます。  店内は、入口を入るとすぐ左手に2階へと上がる階段があり、その奥、右手がカウンター席、左手はテーブル席がずらりと... [続きを読む]

受信: 2008.10.25 15:09

» 数量限定の新作焼き鳥 … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) [居酒屋礼賛]
 日暮里から、山手線でグルリとまわって、今日の2軒目は高田馬場の「鳥やす本店」です。  金曜日、午後8時半の「鳥やす」は今日も満席。「今、お会計をされているお客さんがいらっしゃいますから、少しだけお待ちください」と店のおにいさんが声をかけてくれて、店の外で待つこと20秒ほど。すぐに店内に案内されると、すでにカウンター席の一角にお絞りと、お通しの小おろし(60円←税抜き表記。以下同じ)が置かれて、私... [続きを読む]

受信: 2008.11.02 10:45

» 鳥やす(高田馬場)の煮込み [manachika]
昨日、新年のご挨拶まわりをして、一杯やった帰途で 高田馬場で乗り換えて「お疲れ様でした~」と言ったところ、呑み足らない会社の役員殿と子会社の社長様が「もう一軒行こう!」とのたまい、「おまえ高田馬場詳しいだろ」ということで、自分の行きたい店に合計5名様をお連れしました。... [続きを読む]

受信: 2010.01.06 21:53

» マニアな本の打ち合せ … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) [居酒屋礼賛]
 ホピオシリーズ第3弾の進捗確認を兼ねた打ち合せで、高田馬場にやってきました。  ホピオシリーズの“ホピオ”というのは、“ホッピー親父”の略。『ホッピー好きな親父が行くような大衆酒場を紹介するガイドブックを作ろう』というコンセプトです。  その第1弾は一昨年(2010年)2月に発売した「もつマニア」で、第2弾が昨年(2011年)7月発売の「さかなマニア」。そして現在進行形の第3弾が、今日のテーマと... [続きを読む]

受信: 2012.08.24 07:00

« つまみ3品、燗酒2本でセンベロ … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) | トップページ | 創業40年の人気店 … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) »