« ツルリとレバ生 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | 丸ごと一本きゅうり味噌 … バー「ペルル」(鷺ノ宮) »

貝の季節を楽しんで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

9連休6日目となる今日だけのテーマは「連休中もやっている自宅近くの馴染みのお店」。ここしばらく、電車に乗って東へ西へと出かけていたので、今日はゆっくりと自宅近くで過ごそうという考えです。

野方の「秋元屋」をあとに、歩くこと約10分。西武新宿線・都立家政(とりつかせい)駅のすぐ近くにあるのが、魚料理と天ぷらの「竹よし」です。

この店の近所に住むT田さんから『「竹よし」もおすすめです。小さなお店で、マスター夫婦がこぢんまりとやってます。私はよくここで、お好みで天婦羅を食べながらチビチビ飲んでます』というメールをいただいたのが、平成13(2001)年6月のこと。そのひと月後ぐらいに初訪問して以来、現在に至るまで、6年ほど通い続けているお店です。

その後、奥様(ママさん)が亡くなられて、今は店主ひとりで切り盛り中。この店も、連休中だろうと、お盆だろうとやっててくれるのがうれしいですね。

「こんばんは」と入った祝日の午後6時過ぎの店内は、先客はなし。

カウンターの一番奥あたりに座って、燗酒(菊正宗、350円)を注文すると、今日のお通し(200円)はシラスおろしです。
「シラスおろしには、辛い大根を使ってみました」
と言いながら見せてくれる大根は、太さは普通の大根と同じくらいながら、長さがうんと短い。ほぉ。確かにピリッと辛味が効いていて、お酒によく合いますねぇ。

そのお通しをつつきつつ、カウンターの中の壁に書き出されたメニューを選びます。

定番のメニューはあるものの、その日その日の仕入れによって書き変わりますからねぇ。よーくチェックしないと、あとで「えーっ、そんなのもあったの!? しまったなぁ」なんてことになりかねません。

刺身はクジラ(650円)のほか、ホウボウ(650円)やトビウオ(500円)、殻付き大平貝(700円)、ホッキ貝(500円)などなど。人気の刺身盛り合せ(1,000円)は、その日おすすめの刺身が5点盛り合わされる定番メニューです。

焼きハマグリ(500円)や穴子白焼き(750円)、煮魚メバル(750円)にも引かれるなぁ。

5月に入ったものの、つい先日まで最低気温が10度ほどと、とても寒かった余波(なごり)か、まだ牛もつ鍋(700円)、深川鍋(700円)、ねぎま鍋(800円)、かに雑炊(800円)などの鍋物メニューも残っています。

ここ数日間、飲み続けで疲れた胃には鍋物(汁物)がありがたい。ちょうど旬の時季でもあるし、今日は深川鍋(アサリ鍋、700円)をいただきますか。

「はい。深川鍋ね」

注文を受けた店主は、それから深川鍋の支度に入ります。もちろん出汁(ダシ)などは、あらかじめ用意されているのですが、基本的にすべての料理は注文を受けてから作ってくれます。だから、今のように客が少ない(私ひとり)のときは問題ないのですが、お客さんが増えてくると大忙しになるのです。この近くでは「ピュアー」や、手伝いの入ってないときの「石松」などもそうですが、店主ひとりでの切り盛りというのは、どことも大変なようです。

できあがってきた深川鍋は、ひとり用の小鍋にアサリの剥き身、ネギ、豆腐、三つ葉などがたっぷりと入って、最後にフワフワと玉子をのせたもの。加熱されてプクンと膨らんだアサリの身が、実においしいですねぇ。燗酒(350円)もおかわりです。

「こんばんは」と入ってきた男女ふたり連れ(たぶん夫婦)。カウンターの入口側に座ると、生ビール(500円)でスタートし、人気の刺身盛り合せ(1,000円)をはじめ、何品かの料理を注文します。土日の夕方は、家族連れや夫婦で来店する人が多いらしいのですが、祝日の今日もそういった感じになるんでしょうか。

ガラリと入口引き戸が開いて入ってきたのは男性ひとり客。私と男女ふたり連れの間、ちょうどカウンターの中央部に座り、注文した料理はホッキ貝の刺身(500円)です。

そう! ホッキ貝にも引かれたんですよねぇ。大きな貝殻に盛り込まれたホッキ貝は、熱を通すとおなじみの赤い色ですが、生の状態だと赤くなる部分は黒いんですね。へぇーっ。

なんて観察をしていたら「どうですか」と、ホッキ貝のお皿をこちらに寄せてくれます。えっ!? そんなにもの欲しそうに見えてましたか。これは失礼。でもありがとうございます。どーれどれ、とプリプリの生ホッキ貝をひと切れいただきます。

小鍋立て、一人前の深川鍋ではありますが、鍋いっぱいとなると、けっこうボリュームもあって、他の料理は食べられないほどなんですよねぇ。よろしければ深川鍋もどうぞ。

そんなことから、このお客さん(近所に住むK村さん)と、ひとり客同士、話をはじめます。同じ地域に住んでいても、なかなか話をしたりする機会はないものですが、酒場だとごく自然に話ができるのがいいですよねぇ。

K村さんの注文したホッキ貝には、実はおまけが付いていて、肝の部分を蒸し器でちょっと蒸して、別盛りで出してくれます。これは紅葉おろしにポン酢醤油でいただくのです。「よろしければ、これもどうぞ」と言ってくれるK村さん。えぇーっ、いいんですかぁ、と言葉では遠慮しながら、すでに箸は伸びています。(爆)

午後8時前に、女性ひとり客(食事会でもお会いした方)がいらっしゃったところで、入れ代わるようにお勘定をお願いすると、1,600円。2時間弱の貝づくしでした。この季節、貝がうまいですねぇ!!

070503g 070503h 070503i
お通しはシラスおろし / 辛い大根 / 深川鍋と燗酒

070503j 070503k 070503l
プクンと膨らんだアサリ / ホッキ貝刺身 / ホッキ貝のキモ

店情報前回

《平成19(2007)年5月3日(木)の記録》

|

« ツルリとレバ生 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | 丸ごと一本きゅうり味噌 … バー「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

T田です。

ご無沙汰しております。
最近なかなかバッタリお会いしませんね。

竹よしさんをご紹介したのは2001年
なんと6年も前だったんですね!

我が家の2人の子供もお酒を嗜む年齢になり
飲みに出かけず自宅でチビチビやる事も増えました。

都立家政南口に最近開店した、二の酉と言う
焼き鳥チェーン店に、最近時々家族総出で
出没してます。

投稿: T田 | 2007.05.29 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15182151

この記事へのトラックバック一覧です: 貝の季節を楽しんで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 夕食会の名残りで一献 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
毎月、第2土曜日は「竹よし」の夕食会。その月ごとにテーマを決めた魚料理を、飲み物付き、会費5千円で楽しむことができるのです。 昨日開催された5月の夕食会のテーマは、土佐伝統の名物料理である「皿鉢料理」。銚子産の5キロ弱ほどあったという大カツオが刺身、たたき、あら煮で出されたほか、サバの棒寿司やアジの押し寿司。さらにはノレソレ、明太子、アンキモ豆腐、厚焼玉子といった肴類にキビナゴ汁などの料理が並び、... [続きを読む]

受信: 2007.06.09 13:38

« ツルリとレバ生 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | 丸ごと一本きゅうり味噌 … バー「ペルル」(鷺ノ宮) »