« 洋酒の森に分け入って … バー「赤坂グレース」(赤坂見附) | トップページ | 店情報: バー「キール(KEEL)」(横浜・桜木町) »

夕食前のアペリティフ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方)

「横浜に単身赴任してるんなら、横浜で飲むほうが多いんですか?」

そんな質問を、よく受けます。

月曜日の朝、横浜に向かい、金曜日の夜、東京に帰ってくる。つまり、月曜から木曜の4泊は横浜、金曜から日曜の3泊は東京なので、夜の数は横浜のほうが1泊分だけ多いんですね。

ところが、月曜日と火曜日の2日間は、特に予定がなければ二日連続の休肝日にすることにしているので、実際に飲む日で言うと、横浜が水・木の2夜、東京が金・土・日の3夜となって、その数が逆転するのでした。

「そうは言っても、日曜日に開いてるお店は少ないでしょう?」

これもまた、よく聞かれる質問のひとつ。たしかに一般的には日曜日が休みという酒場が多いのですが、うちの近所の行きつけの酒場は、どういうわけだか日曜日もやってくれてるところが多いのです。

日曜日でも、午後4時開店が阿佐ヶ谷の「川名」と野方の「秋元屋」。午後5時に開くのが都立家政の「竹よし」や鷺ノ宮の「くしとも」「丸山」などなどと、近くをウロウロしているだけで、飲むのには全く困らないという、とても嬉しい状況なのです。

そんな日曜の昼下がり。
「今日は、どちらへ出かけますか?」とメールをくれたのは、近所に住む酒友・にっきーさんです。日曜日に開いている酒場がたくさんあって嬉しい状況なのは、私だけではなくて、この近所に住んでる人たちみんなに言えることですもんね。
「今日は、ヨジアキ(開店時刻の午後4時に「秋元屋」)ねらいです!」
「了解です。では後ほど」

わが家から「秋元屋」までは、トコトコ歩いて20分ほど。今日は、昼間は30度近くまで気温が上がるほど(5月にしては)暑い1日だったのですが、午後4時に近いこの時間は、かなり過ごしやすくなってきました。

「秋元屋」まで、あと1~2分で着くというところで、にっきーさんからポンとメール。
「祝さん夫婦もいらっしゃいました。奥の部屋に入ってます」
おぉ、それはそれは。祝さんは「丁稚飲酒帳」のブログ著者で、昨年末に結婚されたばかりの新婚さんなのです。

「こんにちはー」と到着した「秋元屋」は、なんと、もう満席じゃん! 開店直後なのに、大人気ですねぇ。

まぁ、日曜日に開いている本格的なもつ焼き屋というのは、おそらく「秋元屋」以外にはないんじゃないかと思いますので、界隈のもつ焼き好きは、みんな集まってきてる状態なのでしょうか。(他にも開いてるお店があったら、ごめんなさい。しっかりと確認しているわけではありません。もしかしたら「石松」も開いてたりする?)

「秋元屋」の店主に以前聞いた話では、「日曜日は食肉市場が休みなので、もつ焼き屋も日曜日に休むことが多い」のだそうです。

そんな満席のカウンターの後ろ側を通り抜け、縄のれんをくぐって、奥の部屋へと進むと、こちら(10人ほど収容可能)もまたけっこう満席模様。右手奥の4人がけのテーブルに、にっきーさんと祝さん夫婦が座っています。
「こんにちは。ごぶさたしてます。お元気そうで」と、そのテーブルの残る1席に腰をおろします。うーむ、祝さんところは相変わらず爽やかカップルですねぇ。若さが、まぶしい!

「あら、いらっしゃい」と笑顔で迎えてくれるヨッちゃん(店を手伝っている女性)に、
「瓶ビールを、ラガーのほうでお願いします」と、サッポロラガービール大瓶(530円)を注文。にっきーさんがサッポロ黒ラベル大瓶(530円)をもらっていたので、どれどれと飲み比べます。

いつもはホッピーから飲み始めることが多いのですが、なにしろ昨夜遅くまで「赤坂グレース」で、スコッチをストレートでガンガンいただいたので、今日はちょっと控えめです。

「お客さんが多いので、注文はこれに書いて渡してね」とヨッちゃんがメモ用紙とボールペンを渡してくれます。なるほど。これはいい仕組みだ。注文を間違えることもないし。

それぞれ、メモ用紙に名前を書いて、青のり1、煮玉子1、……と自分の注文を書いて、ヨッちゃんに手渡します。

まず出てきたのは青のり(150円)。常連のガンちゃんが、この青のりが大好きで、いつも来るなりダブルで注文し、その後もさらにおかわりするほどの、ものすごさ。私も、1度食べてみたいと思っていたのでした。小鉢に盛った生の青のりに、ポン酢醤油をかけ、ワサビをちょっとトッピング。さっぱりとしていて、味わいもよく、ガンちゃんがはまるのもわかるなぁ。

こいつはやっぱり燗酒(菊正宗、280円)かな。

カウンターではチロリで出される燗酒ですが、こちら奥の間には徳利で出してくれました。

煮玉子(100円)は、もつ煮込みの鍋でコトコトと煮込まれた玉子を1個、小鉢に入れてくれるもの。刻みネギをパラリと添えて、煮汁も少し入れてくれています。

燗酒のおかわりをもらって、今日の焼き物は鳥皮(100円)とネギ間(120円)。どちらも塩でいただきます。

鳥皮は、ずらりと並んだ鳥皮の間に、ピーマンがひと切れ入った、荻窪の「鳥もと」のものと似たスタイル。

ネギ間は、1本の串に鶏肉、ネギ、鶏肉、ネギ、鶏肉と刺して焼きあげたもの。プリッと大きな身がうれしいなぁ。

やきとん(もつ焼き)屋にきて、鳥の串焼き(皮と肉)だけを注文するという、これまでにあまりない注文の仕方をしてみたわけですが、そこはさすが「秋元屋」。火の通し方がすばらしいですねぇ。鳥皮もネギ間もうまいや!

「さぁ、それじゃ、そろそろ帰りますか」

にっきーさんも私も、日曜日の夕方散歩はたいてい午後6時まで。その後は、自宅で家族との夕食タイムです。今、ここで飲んでいるのは、言ってみれば夕食前の食前酒(アペリティフ)といった位置づけなんですね。あんまり飲むと、明日(月曜日)の朝が、きついですし。

今日のお勘定は1,760円でした。どうもごちそうさま。

070527a 070527b 070527c
テラス席もいっぱい / サッポロ黒ラベルとラガービール / 青のり

070527d 070527e 070527f
燗酒(菊正宗) / 煮玉子 / 鳥皮とネギ間

店情報前回

《平成19(2007)年5月27日(日)の記録》

|

« 洋酒の森に分け入って … バー「赤坂グレース」(赤坂見附) | トップページ | 店情報: バー「キール(KEEL)」(横浜・桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15516753

この記事へのトラックバック一覧です: 夕食前のアペリティフ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方):

» ひとりからはじまって … 「秋元屋」~「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
品川あたりで仕事を終えた金曜日。どうしようかなぁ。ここからだと大井町・蒲田方面にも、新橋・銀座方面にも、恵比寿・渋谷方面にも、どこにだって出られるいいポジションなんだけどなぁ。でも、なんだか今日は志気が上がらず、フラフラと自宅方面へ。こんな日もあるんです。 さすがにそのまま自宅に帰るのは寂しすぎるので、自宅直前で途中下車して「秋元屋」へ。6時前のこの時間なら大丈夫かなぁ、と思いながら店をのぞくと、... [続きを読む]

受信: 2007.07.12 07:43

« 洋酒の森に分け入って … バー「赤坂グレース」(赤坂見附) | トップページ | 店情報: バー「キール(KEEL)」(横浜・桜木町) »