« 珍味充実の銘酒居酒屋 … 酒処「吉本(よしもと)」(新宿) | トップページ | 沖縄好きのGAさんと … 沖縄料理「みまつ」(横浜・洋光台) »

夕食会の名残りで一献 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

毎月、第2土曜日は「竹よし」の夕食会。その月ごとにテーマを決めた魚料理を、飲み物付き、会費5千円で楽しむことができるのです。

昨日開催された5月の夕食会のテーマは、土佐伝統の名物料理である「皿鉢料理」。銚子産の5キロ弱ほどあったという大カツオが刺身、たたき、あら煮で出されたほか、サバの棒寿司やアジの押し寿司。さらにはノレソレ、明太子、アンキモ豆腐、厚焼玉子といった肴類にキビナゴ汁などの料理が並び、16人ほどのお客さんでにぎわったのだそうです。

そんな話を聞かせてくれるのは、ここ「竹よし」の夕食会の提唱者でもある、大常連のT井さん。昨日の夕食会にも参加されていたT井さんは、今日もカウンターの一番奥の席に座って、にこやかに盃を傾けています。

うーむ。開店時刻の午後5時ジャストに店に入ったのに、もうT井さんが飲んでらっしゃるとは! すばらしい出足ですねぇ。

アサヒとキリンが選べる瓶ビール。今日はキリン(ラガー中瓶、500円)をもらって、まずクイィーッと一杯。ックゥーッ。うまいっ。

お通し(200円)として出されたのはアジとカニの酢物。いやいや。このアジがまたすばらしいですねぇ。こりゃ日本酒だ。ビールもまだあるけど燗酒(菊正宗、350円)も注文します。

夕食会の翌日(日曜日)にやってくると、昨日の食材が残っている(残しておいてくれている)ことが多いので、すべてではないものの、昨日の料理を楽しむことができるのです。

まずは5キロ弱あったという銚子産のカツオをいただかないと。カツオ刺身(600円)もいいんだけど、今日は他にもホウボウ刺身(600円)やトビウオ刺身(500円)などもあるようなので、刺身盛り合せ(1,000円)にしようかな。「盛り合せにもカツオは入りますよね?」と店主(マスター)に確認して、盛り合せを注文します。

刺身盛り合せは、本来5品盛りなんだけど、今日はサービスでホウボウ、トビウオ、キンメダイ、ヒラメ、トロ、カツオの6品盛りにしてくれました。しかも、普通のワサビ用の醤油皿に、カツオ刺身用のショウガ醤油の皿、ヒラメ用の紅葉おろし付きポン酢醤油皿が、ずらりと出されて、なんだか豪勢。どーれどれ。うふふふふ。思わず笑ってしまうようなおいしさですねぇ。燗酒もおかわりをお願いしまーす。

「昨日のなおとんさんの手料理がまた素晴らしかったんですよ」とT井さん。
「なおとんさんの料理は残ってませんが、Y口さんの持ってきてくれたビールがありますから、いただきましょうか」と店主が冷蔵庫から出してくれたのは、若草色のラベルも美しいドイツビール、「Einbecker Mai-Ur-Bock (アインベッカー マイ・ウル・ボック) 」です。

ボックビールというのは、アルコール度数の強いラガービールのことなんだそうです。味が濃厚だし、香りもいいですねぇ。どうもありがとうございます。>Y口さん

続いての料理は、これまた昨日のメニューのひとつ、キビナゴ汁(400円)を注文します。キビナゴ汁は、キビナゴのたっぷり入った具だくさんの味噌汁。注文を受けてから作りはじめ、できたての熱々を大ぶりの丼で出してくれます。

んー。うまいっ。

こういうおいしい汁物をつまみにして、いただくお酒がまたいいんですよねぇ。もう1本、おかわりお願いします。

「カツオのあら煮も少し残ってますよ」と、店主があら煮も出してくれます。

夕食会も、もちろん楽しいのですが、夕食会に参加できなかった場合には、その翌日に「竹よし」に出かけるというのもいいかもしれませんね。

「いきなり夕食会というのは、ちょっと気が引けるけど、どんなものが出るのか食べてみたい」という方にもピッタリかも。

ちなみに次回、第67回「ハモとキンメダイ」の食事会は6月9日(土)、その次の第68回食事会は7月14日(土)の予定です。

結局、午後8時過ぎまで、3時間以上楽しんで、今日のお勘定は3,150円でした。どうもごちそうさま。おいしかった!

070513a 070513b 070513c
キリンラガー中瓶 / 昨日の夕食会の写真 / お通し・アジとカニの酢物

070513d 070513e 070513f
燗酒(菊正宗) / 刺身盛り合せ / トロ、カツオあたりのアップ

070513g 070513h 070513i
アインベッカー マイ・ウル・ボック / きびなご汁 / カツオのあら煮

店情報前回

《平成19(2007)年5月13日(日)の記録》

|

« 珍味充実の銘酒居酒屋 … 酒処「吉本(よしもと)」(新宿) | トップページ | 沖縄好きのGAさんと … 沖縄料理「みまつ」(横浜・洋光台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15367275

この記事へのトラックバック一覧です: 夕食会の名残りで一献 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» アユの天ぷら三種盛り … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
沼袋の「ホルモン」を出て、西武新宿線で二駅。都立家政(とりつかせい)です。この駅の近くの住宅街で、平成5(1993)年から営業しているのが、魚料理と天ぷらの店、「竹よし」。カウンター7席、テーブル席7席のお店を、魚好きな店主(マスター)ひとりが切り盛りしています。 「こんばんは」と入った、金曜日、午後10時半の店内には、大常連のなおとんさん。店主と、明日の夕食会の調整などをしているところのようです... [続きを読む]

受信: 2007.07.06 07:45

« 珍味充実の銘酒居酒屋 … 酒処「吉本(よしもと)」(新宿) | トップページ | 沖縄好きのGAさんと … 沖縄料理「みまつ」(横浜・洋光台) »