« 新メニューはホタテ串 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) | トップページ | 横須賀ホッピー巡り1 … 焼き鳥「鳥好(とりよし)」(横須賀・横須賀中央) »

古典酒場の取材で一献 … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町)

力足らずながら、私も対談に参加させていただいた「TOKIO古典酒場」(2007年4月16日発売、980円、三栄書房)。近く、その第2弾が計画されているのだそうで、今日は野毛の「ホッピー仙人」に取材が入るとのこと。さっそく、その様子をのぞきにやってきました。

店に着いたのは午後6時半頃。カウンターのみ8席ほどの店内は、すでに満員のお客さんで、一番奥の席にライターさんがいて、その後ろでカメラマン氏が写真を撮っています。その傍らには、美人編集長の倉嶋さん

「こんばんは。お久しぶりです」と、ご挨拶しつつ、私も白ホッピー(500円)をもらって、みなさんと乾杯です。

「TOKIO古典酒場」は、980円という価格ながら、カラーページが多いのが特長。今日と同様、普通の営業時間中に撮影されていることもあって、酒場の息吹がガンガン伝わってくる、とてもいい写真ぞろいなのです。

これまでに、テレビの取材は何度か見たことがある(「竹よし」「兵六」「路傍」)のですが、本の取材を見たのは、これがはじめて。

テレビの取材は、連続した時間の流れを切り取らないといけないから、「はい、みなさん、よろしくお願いします。よーい、…っ!(←指で指示)」。なーんて感じで、各カットが撮影されますが、本の取材はまったく違う。ライターさんや編集長が、仙人(この店の店主)にいろいろと話を聞いて、仙人が話したことをライターさんが大きなノートにメモしていく。

「へぇ~っ、そうなんですか!」「なるほど、なるほど」「ふーん、やっぱりそういうこともあるんですね」と、とにかくお二人とも聞き上手。ちなみにライターさんも女性なので、ふたりの美人を目の前にした仙人も、いつもより心なしか饒舌(じょうぜつ)!

それとは別に、カメラマン氏が店内の様子や、ホッピー、つまみなどの撮影をしています。こうして撮られた写真と、ライターさんの文章が一緒になって紙面になっていくんですね。

仙人の手(語り?)があいたところで、2杯目は黒ホッピー(500円)をいただきます。

このころになると、続々とやってくる常連さんに、すでに店内は満席以上。カウンターの後ろにずらりと立ち飲みの常連さんがいる状態で、遠藤さんが撮影のために移動するたびに、後ろに立ってるみんなが一斉に移動しなければなりません。

最後に「はいっ、じゃぁ、みなさんが飲んでるところの写真を撮りまーす」と、バシャッと何枚かの写真を写して取材は終了です。

「みなさん、どうもありがとうございました」と、店主や、店にやってきたお客さんたちに、取材協力のお礼をする倉嶋編集長。次の瞬間には、その手に「ホッピー仙人」自慢のホッピーです。

三栄書房と言えば、週刊「AUTO SPORT」や、月間「Car Goods Magazine」といった、自動車やオートバイなどの本で有名な出版社。そんな三栄書房で、上司を説得しまくって、三栄書房初となる酒場本の出版を実現された倉嶋編集長は、当然のことながら大酒豪。その様子は、「TOKIO古典酒場」の公式ブログである「酔いどれブログ」でも見てとることができます。本当に、いつも飲んでいらっしゃる。なにしろ「TOKIO古典酒場」の副題が「銘酒居酒屋から大衆酒場まで食べて呑んで足でかせいだ72軒」ですからねぇ。編集長自らが(積極的に)「足でかせいで」いるのです。

ブログには「記憶がない」なんて書いてらっしゃいますが、こちらから見ている限り、どれだけ飲んでも、ちっとも様子が変わらないが凄いところですねぇ。
「それじゃ、みなさんお先に。今日はどうもありがとうございました」と、ホッピーを数杯飲んだとは思えないような普通の笑顔で、ライターさんたちと店を後にされます。

私のほうは、まだまだ終わらず、さらに燻製玉子(100円)をいただきつつ、もう1杯、白ホッピー(500円)です。さすがにホッピー3杯をいただくと、もう十分という感じで本日終了。お勘定は燻製玉子も含めると1,600円でした。やぁ、おもしろかった。どうもごちそうさま!

とても楽しみな「TOKIO古典酒場」第2弾は、7月26日(木)発売だそうです。

店情報前回、同じときの「酔いどれブログ」)

《平成19(2007)年6月4日(月)の記録》

|

« 新メニューはホタテ串 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) | トップページ | 横須賀ホッピー巡り1 … 焼き鳥「鳥好(とりよし)」(横須賀・横須賀中央) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15581806

この記事へのトラックバック一覧です: 古典酒場の取材で一献 … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町):

» 味付き殻ごと薫製玉子 … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町) [居酒屋礼賛]
野毛の川沿いにクレッセンド(三日月型)に建つビルが都橋(みやこばし)商店街。その2階に「ホッピー仙人」があります。店名の示すとおり、ホッピーをこよなく愛する店主が営むホッピーバー。ここで飲むホッピー(500円)の美味しさに引かれて、カウンター8席程度の小さな店に、夜ごと、ホッピーファンたちが集うのでした。 そんな「ホッピー仙人」の店内に入ると、ちょうど生ビールサーバーの洗浄中。樽生ホッピーは、生ビ... [続きを読む]

受信: 2007.07.10 07:19

« 新メニューはホタテ串 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) | トップページ | 横須賀ホッピー巡り1 … 焼き鳥「鳥好(とりよし)」(横須賀・横須賀中央) »