« 乳首は噛み切れない!? … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) | トップページ | ホールもがんばって! … フランス料理「北島亭(きたじまてい)」(四ツ谷) »

飲んで食べてラーメン … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)

石松」をあとに、西武新宿線で向かったのは下井草(しもいぐさ)。駅から北に向かって徒歩約5分。新青梅街道に突き当たると、そこが「御天」です。

店に近寄るだけで、ガンガンと漂ってくる濃厚な、とんこつスープの匂い。

学生時代に、はじめて福岡に行って、はじめて博多のラーメン屋に行ったときには、「なんじゃ、こりゃ!」と、実際に口に出してしまうくらい強烈な異臭に感じたものですが、その地で焼酎やラーメンに染まること数年。今や、その香りが漂ってくるだけで「うわぁーっ、うまそぉーっ」と、つい吸い寄せられてしまうほど、とんこつラーメンのファンになってしまったのでした。

そして、福岡のラーメン屋台といえば、付きものなのが屋台での焼酎やお酒。ラーメン屋台でも用意ができるような、簡単なつまみを肴に、焼酎の湯割りなどをグイグイといただくわけですね。

当時(今から30年ほど前)は、ラーメン1杯が250円、替玉(かえだま。麺のおかわり)が50円という時代でした。

焼酎はコップ1杯が120円ほどで、それとは別に空のコップが出され、そのコップに焼酎を半分ほど移して、ドンと置かれているポットからお湯を入れて、都合2杯分のお湯割りにして飲んでましたねぇ。つまり、お湯割り1杯が60円相当だったということですね。

つまみで秀逸だったのは「酢豚」(250円)。

「ぬわにぃ~っ! 酢豚が250円だってぇっ! なんと安いっ」と、ビックリしながら注文すると、出てきたのは小皿に盛られたチャーシューに、刻みネギをたっぷりとトッピングして、それに酢をかけたもの。酢豚というのは、酢かけチャーシューってことだったんですね。

ま、屋台にある材料だけで、ちょいちょいと作るつまみなので、考えてみたら中華の酢豚が出るなんてことはあり得ないんだけど、この酢豚には笑ってしまいました。

博多ラーメンのチャーシューは、チャーシューといいながらも実際には焼豚ではなくて、煮豚です。その煮豚に酢がよく合って、簡単なわりには美味しいつまみでした。

さてさて、時代は現代に戻って、下井草の「御天」。

この店も、ラーメンのうまさもさることながら、酒場としても楽しめる、正しき(?)長浜ラーメンのお店なのです。東京で「そば屋酒」に相当する飲み方が、博多の「ラーメン屋台酒」なのかなぁ。

ただし、ここ「御天」は屋台ではなくて、がっちりとした厨房設備もあるため、おつまみメニューも豊富。マカロニサラダ(250円)、ポテトサラダ(300円)といった大衆酒場定番のつまみからはじまって、手打ち水餃子(280円)やネギチャーシュー(550円)、ピータン(400円)、海老のチリソース(580円)などの、いわゆる中華もあるのです。

070525u飲み物は玉露割り(400円)をもらって、地鶏のたたき(600円)と、このところの定番・せん菜炒め(550円)を注文します。

せん菜というのは、新種の細いモヤシなんだそうで、シャキシャキとした歯応えと、塩コショウのビシッと効いた味わいに、玉露割りがどんどん進んでしまう一品。ちょこっとレバーが入っているのも、いいバランスなんですよねぇ。

そしてシメはもちろんラーメン(680円)なりーっ!

いやいや。これが食べたかったんだ。

ドロリとなるほどよく煮込まれた、とんこつスープ。長浜ラーメン独特の細くて硬いストレート麺。これにゴマをパラパラっといれて、紅生姜をのせ、胡椒もパラリ。今日はおろしニンニクに加えて、辛子高菜(からしたかな)も入れましょうね。この辛子高菜は、爆発的によく効くので注意が必要です。どっさりと入れると、もう食べられないくらいの辛さになってしまいます。

ズズッ、ズズッと細麺をすすり込んで大満足。そば前(ラーメン前?)のつまみも、たくさんいただいたので、さすがにこれで満腹です。

お勘定はふたりで3,900円(ひとりあたり1,950円)でした。

今日、早くから飲んでいた私は、ここで戦線離脱。同行のにっきーさんは、遅くから参戦されたため、この店が実質的に1軒目。これから地下の「Goten's Bar」で飲んでいくそうです。先にシメのラーメンにおつき合いいただき、ごめんなさい。でも、おかげで私の「御天」不足は、解消となりました。どうもありがとうございました。

うぅーっ。満足じゃ!

070525v 070525w 070525x
地鶏のたたき / せん菜炒め / ラーメン

店情報前回

《平成19(2007)年5月25日(金)の記録》

|

« 乳首は噛み切れない!? … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) | トップページ | ホールもがんばって! … フランス料理「北島亭(きたじまてい)」(四ツ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15488389

この記事へのトラックバック一覧です: 飲んで食べてラーメン … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草):

» インド式とんこつカレー … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) [居酒屋礼賛]
野毛飲みを終えて、都内の自宅へと向かいます。品川で山手線に乗り換えたところで、にっきーさんから「会社飲みを終えて、横浜から電車に乗ったところ」との連絡。おぉ、それはそれは。それじゃ、最後に自宅近くで飲みましょう。 「それじゃ先に御天に向かってます」と返信すると、 「高田馬場まで山手線で、あとはタクシー。1時半ごろ到着の予定です」と、にっきーさん。 そうか。私が乗ってる電車が、西武新宿線の終電に間に... [続きを読む]

受信: 2007.06.27 07:43

« 乳首は噛み切れない!? … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) | トップページ | ホールもがんばって! … フランス料理「北島亭(きたじまてい)」(四ツ谷) »