« ホッピーに合う煮込み … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | 店情報: 田舎料理「川太郎(かわたろう)」(新宿) »

最後のシメは焼うどん … 居酒屋「だるま」(門前仲町)

煮込みとホッピーの「河本」をあとに、グルメ系ブロガーのももパパさんつきじろうさんくにさんと4人、永代通りをトコトコと門前仲町へと向かいます。5月も中旬を過ぎると、午後6時でもまだ明るい明るい。ホッピーの酔いに、太陽がまぶしいなぁ。

「門前仲町の「魚三」にも行ってみたいんです」という話で、「魚三」前まで行ってみると、そこにはすごい行列。まぁ、平日でも行列のできる「魚三」ですもんねぇ。土曜日の午後6時だと、さもありなん、って感じでしょうか。

「酒場にも行列ができるんですねぇ。驚きました」と話すのは「ジャポ二郎」というラーメンブログもやっている、くにさんです。そうかぁ、人気のあるラーメン屋さんでは、並ぶのは当たり前のような光景になっていますが、酒場での行列というのはあまりないかもなぁ。

「もしかすると、2階に空きがあるかもしれないから見てきますね」と2階へ上がってみると、なんと2階はガラガラ。5~6割も入ってるかどうかといったところ。なーんだ。みんな1階に並ばずに2階にくればいいのに、と思いながら、2階のフロアを切り盛りしているおねえさんに「4人です」と伝えたところ、言下に「3階に行ってください」という返事。ん? と思いながら、3階へと続く階段を見ると、3階の入口からの行列が、ほとんど2階に届かんばかりに伸びています。

なんだ、これは!? やーめたっと。1階も、3階も、こんなに並んでるのに、なんで空いてる2階にお客さんを入れないんだろうなぁ???

「魚三」には、これまでにも何度か来てるんですが、思い返してみると、いつもなんだか居心地よくは過ごせない。こんなに行列ができるほど人気がある店なので、きっと私個人との相性の問題なんだろうなぁ。こんな場合は、無理矢理にでも連続的に通って、ある程度お馴染みさんになってしまうと状況が変わる(慣れる?)ことも多いのですが、なかなか連続的に通える場所ではありませんもんねぇ。

「上もいっぱいなんで、次の店に向かいましょう」

1階の階段入口で待っててくれた皆さんにはそう伝えて、永代通りを渡ってお不動さん(成田山深川不動尊)の前を左へ折れて、清澄通りへと出る手前にある「だるま」に入ります。

今日も「だるま」の店頭で、お客さんの出迎え、見送りを担当する親父さん(=店主)が「いらっしゃいませ。奥のテーブルにどうぞ。はい、4人さんねーっ!」と笑顔で迎えてくれます。

「「だるま」は美人姉妹がいることでも有名な酒場なんです。10年以上前から行ってる店なのに、いつまでたっても美人姉妹のままで、体型もちっとも変わらないのが不思議なくらいなんですよ。普段はお姉さんか、妹さんのどちらかがお店に出てるんですが、残念ながら、土日はお店に出ていないこともあります」

ここに来るまでの道すがら、そんな話をしながらやってきたのですが、ラッキーにも今日は美人姉妹のお姉さんが、お母さん(=おかみさん)とともにお店に出ています。やぁ、よかったよかった。

店は、入口側が厨房を取り囲むようなコの字型カウンターになっていて、その奥に4人掛けのテーブル席が8卓ほど並んでいます。そのテーブル席のひとつを4人で囲み、まずはチューハイ(400円)を4発と、サラダ盛り合せ(600円)と串カツ(600円)を、それぞれ1発ずつ注文します。

この店には、昔から、すぐ近くにある東京商船大学(現在の東京海洋大学)の学生たちが飲みに来ていたんだそうで、彼らが飲み物や食べ物の数を1発、2発と数えていたのが、店の定番として定着しています。また学生グループ客相手なので、各料理もボリュームのあるものが多い。

たとえばメニューの上では、サラダは、「サラダ盛り合せ」一品だけしかないのですが、その内容はポテトサラダ、マカロニサラダ、トマトサラダの盛り合せ。ひとり客主体の大衆酒場であれば、そのひとつずつが、十分にひとり用として通用するほどの量なのです。

ふんわりと、やわらかいお肉が特長の串カツは、大ぶりの串が2本。4人だから、すぐになくなってしまうものの、ひとりで来た場合にはサラダ盛り合わせか、串カツか、どちらか一品でけっこうお腹にたまります。

ピピピッと電話は、酒友・呑んだフルさんからです。
「今、「兵六」の常連さんたちと、月島辺りを散歩してるんだけど、「だるま」の電話番号ってわかる?」
「うん。わかるよ。なにしろ今まさに「だるま」で飲んでるから(笑)」
「えっ。そうなんだ。これから11人ぐらいで行きたいんだけど、入れそうかなぁ?」
「ちょっと聞いてみるね。 …… あのー、すみません。これから11人で来たいらしいんだけど、入れますか。あ、大丈夫。はーい。じゃよろしくお願いします。 …… もしもし。入れるって!」
「了解。どうもありがとう。じゃ、後ほどー!」

すぐにお母さんとお姉さんとが、我われのとなりのテーブルで飲んでいるお客さんたちに「団体さん用の席を作りたいんで、申しわけないんだけど奥のテーブルに移ってもらってもいいですか」と声をかけながら、チャチャチャッと11人が座れる場所が用意され、やがてやって来たフルさんたちのグループと大合流です。

さてさて、次なる料理はなんにしましょう。カウンターの中で、グツグツ煮こまれてる鍋も気になります。ここには、たいてい2個の鍋が並んでグツグツされています。ひとつは牛もつ煮込み(600円)で、もうひとつは日替わりの煮物。その日替わりの煮物のほうを1発いただくと、今日の煮物はロールキャベツでした。トマトソース味が、ボルシチ風でもあり、スープとしてもつまみになります。

いつものことながら、たーくさん冷たいお酒(「河本」のホッピー~ここのチューハイ)をいただいたお腹に、あったかい汁物がうれしいですねぇ。

あったかロールキャベツで、さらにチューハイ(400円)をおかわりしながら、イカ丸焼き(700円)や、牛もつ煮込み(600円)も追加注文。

みんなでワイワイ楽しく飲んでると、いくらでも食べられます。飲み物のほうも、知らぬ間にチューハイ(400円)のおかわりを重ねちゃってるし…。(汗)

最後は焼きうどん(500円)までいただいて、3時間半以上に及んだ「だるま」飲みを締めくくります。

お勘定は4人で13,150円(ひとりあたり3,300円弱)。

入口に立つお父さんの笑顔に見送られながら「だるま」を後にしたのでした。

070519j 070519k 070519l
「だるま」の入口 / チューハイ4発 / サラダ盛合せ

070519m 070519n 070519o
串カツ / ロールキャベツ / イカ丸焼き

070519p 070519q 070519r
美人お姉さん / 牛もつ煮込み / 焼きうどん

店情報前回、同じときの「「あ゜」猫の毛も刈りたい」「春は築地で朝ごはん」「くにろく 東京食べある記」)

《平成19(2007)年5月19日(土)の記録》

|

« ホッピーに合う煮込み … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | 店情報: 田舎料理「川太郎(かわたろう)」(新宿) »

コメント

5/19門前仲町の『だるま』でお世話になりました、『兵六』常連の九代目荒木又衛門でございます。
『だるま』では、11人分の席を急遽確保頂き感謝致します。その時のお礼も出来ず申し訳ありません。
また、異様なバカ騒ぎしていた様でご迷惑をお掛けしました。制限事項だらけの『兵六』での反動があそこで爆発した・・・かな?
現在、その時のビデオ映像を編集しております。完成した際には、浜田様にもお渡ししたいと思います。
あの日は、13時間は酒呑み続けだった様な・・・・・

投稿: 荒木又右衛門 | 2007.06.17 12:18

ジャポ二郎までご紹介ありがとうございます。ここも興味深い店でした。門仲はいろんな店があるんですね。今後少し通おうかと思います。

投稿: くに | 2007.06.18 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15427714

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のシメは焼うどん … 居酒屋「だるま」(門前仲町):

» だるま [くにろく 東京食べある記]
「河本」を出た後は4人で門前仲町へ。ホッピーでかなりいい感じになって外に出ると、... [続きを読む]

受信: 2007.06.18 18:45

» 皆で料理を分け合って … 大衆酒場「だるま」(門前仲町) [居酒屋礼賛]
 「大坂屋」を出て、門前仲町での2軒目は、当初予定の「だるま」です。今日も「だるま」の店頭には、おやじさん(=店主)が立っていて「5人? 入れるよ。奥へどうぞ」と案内してくれます。  「だるま」の店内は、入ってすぐのところに、厨房を囲むようにコの字のカウンターがあり、その奥に4人掛けのテーブル席が8卓ほど並ぶ造り。我われは奥のテーブル席へと通されます。まずはチューハイ(400円)を人数分(5発)注... [続きを読む]

受信: 2008.04.13 13:44

« ホッピーに合う煮込み … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | 店情報: 田舎料理「川太郎(かわたろう)」(新宿) »