« 野毛入口の餃子屋3軒 … 中華料理「福仙楼(ふくせんろう)」(横浜・桜木町) | トップページ | 前回宿題にチャレンジ … バー「クライスラー」(横浜・日ノ出町) »

味付き殻ごと薫製玉子 … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町)

野毛の川沿いにクレッセンド(三日月型)に建つビルが都橋(みやこばし)商店街。その2階に「ホッピー仙人」があります。店名の示すとおり、ホッピーをこよなく愛する店主が営むホッピーバー。ここで飲むホッピー(500円)の美味しさに引かれて、カウンター8席程度の小さな店に、夜ごと、ホッピーファンたちが集うのでした。

そんな「ホッピー仙人」の店内に入ると、ちょうど生ビールサーバーの洗浄中。樽生ホッピーは、生ビールサーバーを使って作られていて、その樽生ホッピーが売り切れると、毎日必ずサーバーの洗浄を行っているのだそうです。大変な作業ですが、毎日これをやらないとチューブやサーバー内が、すぐに汚れてしまうんだそうです。

仙人(=店主)によると、実際には非加熱処理で仕上げたホッピーはないので、「生ホッピー」と呼べる品物はないのだそうです。通常の瓶入りホッピーと同じホッピーを、生ビールサーバーで利用できる樽に入れているだけ。だから、本当は「樽詰めホッピー」と呼ぶのが正しいのかもしれませんね。でも、樽生ホッピーのきめ細かい泡立ちは、明らかに瓶入りホッピーのものとは違うんだよなぁ。

そんなわけで、今日はすでに樽生ホッピーは売り切れで、普通の白ホッピーを注文すると、冷蔵庫からホッピージョッキと、冷却容器に移して冷やされた焼酎を取り出した仙人は、目の高さにジョッキを持ち上げて、よく冷えた焼酎を注いでいきます。ピタリと星の位置まで焼酎が入ったところで、これまたよく冷えた瓶入りホッピーを一気に注いで、見るからにおいしそうなホッピー(500円)ができあがります。

最近、はまっているのが、殻ごと燻蒸されて黒光りしている燻製玉子。目の前に置かれているのを勝手に取って、カウンター上の料金箱に代金100円をチャリンと入れます。どうやって作るのかは知りませんが、殻を剥いて口に入れると、ちゃんと味が付いてるんですよねぇ。

50分ほどの滞在は、ホッピー1杯で500円(それとは別に燻製玉子代100円)でした。ごちそうさま!

070611g 070611h 070611i
ホッピー / 燻製玉子 / 殻を剥いたところ

店情報前回

《平成19(2007)年6月11日(月)の記録》

|

« 野毛入口の餃子屋3軒 … 中華料理「福仙楼(ふくせんろう)」(横浜・桜木町) | トップページ | 前回宿題にチャレンジ … バー「クライスラー」(横浜・日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15695715

この記事へのトラックバック一覧です: 味付き殻ごと薫製玉子 … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町):

» 最新流行にときめいて … 立ち飲み「車橋もつ肉店(くるまばし-)」(横浜・石川町)など [居酒屋礼賛]
 「武蔵屋」をあとに、本日、野毛に集った飲み仲間たちと再集結したのは、バス通りを渡ったところにあるイタリアンバール、「バジル」です。すぐとなりにある、スペインバル「ボデゴン・ノゲ」とともに、最近、野毛で大人気の立ち飲み屋なのです。  先ほどの「武蔵屋」のキーワードが「万古不易」だとしたら、こちらのキーワードは、さしづめ「最新流行」といったところ。しかしながら、バールといった形態自体は、ヨーロッパ... [続きを読む]

受信: 2007.11.24 10:20

« 野毛入口の餃子屋3軒 … 中華料理「福仙楼(ふくせんろう)」(横浜・桜木町) | トップページ | 前回宿題にチャレンジ … バー「クライスラー」(横浜・日ノ出町) »