« アユの天ぷら三種盛り … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 夏を迎えてハモづくし … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

シメは氷なしホッピー … 大衆酒場「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮)

「竹よし」を出て、本日の3軒目は、西武新宿線・鷺ノ宮駅のすぐ近くの大衆酒場「満月」です。

ギュッと詰めても十数人入るかどうかといった店内なのに、その店内が左右に二分されてしまっているのが特徴的。昔は別の店だった隣の店を「満月」が吸収したため、今もこういう形になっているのだそうです。

店を切り盛りしているのは店主夫婦と、その息子さんの3人。この店主家族は、みなさん素晴らしく明るくて、夜も更けてくると、お客さんと一緒になって、自分たちも愉快に飲みはじめるのです。

そんなやり方ができるのは、カウンター上段にずらりと並んだ大皿料理のおかげ。これらの料理は、開店前にはすべての仕込みを終えて、カウンター上にスタンバイされ、営業時間中は注文に応じて、それを小皿に盛り分け、物によっては電子レンジで温め直して、すぐに出してくれます。その場で調理するのは、刺身などの生ものくらいでしょうか。

店に入って、席に座る前に、その大皿料理をながめるのが、この店の楽しみのひとつ。立ったままでも、遠くの大皿料理はよく分からない(見えない)ので、「あれは何?」と確認すると、「グラタンよ」と、ニコニコ笑顔のママさんが教えてくれるのでした。

料理は200円から始まって、高いものでも500円ほど。300円のものが一番多いかな。

今日は、そんな大皿料理の中からポテトサラダ(300円)を選んで、飲み物には氷なしのホッピー(300円)をいただきます。氷入りの場合はジョッキで出されるホッピーですが、氷なしはサワーグラス。瓶入りホッピー(外)1本が、ちょうど入る、理想的な焼酎(中)の量です。

「残りこれだけだから、全部食べな」

そう言いながら、大皿に残っていたポテトサラダを、どっさりとお皿に盛ってくれるママさん。わーい、ありがとうございます。ポテトサラダ、大好きです。

いつ来てもお客さんでいっぱいの「満月」。開店直後の早い夕方は、近所の大常連さんたちが押し寄せていて、平均年齢はかなり高め。夜が更けてくると、若者や、勤め帰りのサラリーマンが増えてきて、大皿の料理がどんどん減ってきます。さらに夜が更けて、終電車もなくなった頃に、千鳥足でフラフラとやって来るのが、我われ、地元の呑ん兵衛軍団。ここまで帰っていれば、自宅までは、まさに這ってでも帰れるので、安心して飲めるのでした。

そんなわけで、今日も「さぁ、もう帰って寝るか」と重い腰を上げたのは、日付けも変わった午前1時。常連さんたちと楽しく過ごして、今日のお勘定は600円でした。どうもごちそうさま。みなさん、お先に!

070608m 070608n 070608o
「満月」 / 氷なしホッピー / ポテトサラダ

店情報前回

《平成19(2007)年6月8日(金)の記録》

|

« アユの天ぷら三種盛り … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 夏を迎えてハモづくし … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15645214

この記事へのトラックバック一覧です: シメは氷なしホッピー … 大衆酒場「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮):

» 24時間営業年中無休 … 焼き鳥「山家(やまが)支店」(渋谷) [居酒屋礼賛]
 京王井の頭線渋谷駅の真下あたり、ちょうど渋谷マークシティの中間部分の周辺には「鳥竹」「鳥升」「森本」などの焼き鳥屋が、競い合うように、もうもうと煙を上げているエリア。呑ん兵衛のオッチャンのみならず、若いお兄さんやお姉さんたちも、その煙に吸い寄せられるように、裏マークとも呼ばれる、この地域に集まってくるのでした。  そんな焼き鳥屋群の中で、24時間営業、年中無休の不夜城が、ここ「山家」です。  5... [続きを読む]

受信: 2007.07.19 07:42

« アユの天ぷら三種盛り … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 夏を迎えてハモづくし … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »