« 好みの品はすべて網羅 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | シメは氷なしホッピー … 大衆酒場「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

アユの天ぷら三種盛り … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

沼袋の「ホルモン」を出て、西武新宿線で二駅。都立家政(とりつかせい)です。この駅の近くの住宅街で、平成5(1993)年から営業しているのが、魚料理と天ぷらの店、「竹よし」。カウンター7席、テーブル席7席のお店を、魚好きな店主(マスター)ひとりが切り盛りしています。

「こんばんは」と入った、金曜日、午後10時半の店内には、大常連のなおとんさん。店主と、明日の夕食会の調整などをしているところのようです。

ここ「竹よし」では、毎月、第二土曜日に夕食会をやっており、明日がちょうど、その日。店内には、すでにその夕食会のためのメイン食材が到着しています。なるほど。明日はハモとキンメダイなんですね。高級食材を惜しげもなくドンと仕入れられるのも、予約制・会費制(ひとり5千円、飲み物付き)の夕食会ならでは。通常営業のときとは、また一味違う「竹よし」が堪能できるのです。

その、なおとんさんのとなりに座り、燗酒(菊正宗、350円)を注文すると、すぐに出されるお通し(200円)は生湯葉とタラバガニの小鉢。ここのお通しは、いつも、おかわりしたくなるような逸品なのです。

そのお通しをつまみ、燗酒をチビチビとやりつつ、カウンター内に掲示された今日のメニューをゆっくりと眺めるのが、これまた楽しみなひと時。季節に合わせて、登場する魚が移り変わっていくのです。やぁ、アユやハモも出てきましたか。アジも、まさに夏場が旬の魚ですよねぇ。おろっ。赤ナマコ(400円)がある。冬が旬のナマコが、今あるというのもおもしろい。さっそくいただきましょう。

ナマコは初夏に産卵を終えると、深海に移動して冬眠ならぬ、夏眠して、冬場を待つんだそうです。この赤ナマコは、かろうじて夏眠前のものなんですね。うふふ。赤ナマコの酢の物をつつきながら、燗酒を飲んでいると、夏とは思えないですねぇ。

燗酒をおかわりし、今度は、今が出端の稚アユの天ぷら(600円)を注文すると、店主もちょっと遊びを入れて、その稚アユを姿揚げ、天ぷら、背開きという三種の状態で出してくれます。同じ稚アユなのに、天ぷらの仕方によって、それぞれ違う味になるのが愉しいですねぇ。ホロッとした苦味が燗酒にとてもよく合います。こちらは、完全に夏ですよねぇ!

1時間半程くつろいで、今日は1,900円でした。どうもごちそうさま。

070608g 070608h 070608i
燗酒(菊正宗) / お通し(生湯葉とタラバガニ) / 赤なまこ酢

070608j 070608k 070608l
稚あゆの姿揚げ、天ぷら、背開き / 稚あゆ天ぷら / 夕食会の食材(キンメダイとハモ)

店情報前回

《平成19(2007)年6月8日(金)の記録》

|

« 好みの品はすべて網羅 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | シメは氷なしホッピー … 大衆酒場「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15645207

この記事へのトラックバック一覧です: アユの天ぷら三種盛り … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 夏を迎えてハモづくし … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
先月に引き続き、夕食会の翌日に「竹よし」です。 「竹よし」の夕食会は、今年に入ってから人数制限を撤廃したこともあって、以前にも増して大人気。毎回、立ち飲みの人も出るほどで、昨日も店内席数(14席)を超える、16人の夕食会になったのだそうです。なにしろ会費5千円で、旬のテーマ食材(魚介類)が味わえる上に、飲み物付きですからねぇ。しかも、やってくるお客さんたちが、みなさん魚好き、酒好きの楽しいメンバー... [続きを読む]

受信: 2007.07.08 10:51

« 好みの品はすべて網羅 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | シメは氷なしホッピー … 大衆酒場「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »