« 第2弾は昭和下町の酒 … もつ焼き「加賀屋(かがや)」(早稲田) | トップページ | “丸いの”を塩で2本 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

刺身いろいろ250円 … 立呑酒場「魚屋よ蔵(さかなやよぞう)」(中野)

 早いもので、今年ももう半分が終わってしまいました。うちの職場にも、6月末の異動などで他所へ移る人などがいて、その送別会で飲んだりしているうちに、もう週末(金曜日)。今週も、自宅が近所で、最近は職場も近所になった酒友・にっきーさんと示し合わせて、向かった先は、中央線随一の一大酒場ゾーンを抱える中野です。先に到着した、にっきーさんから、立呑酒場「魚屋よ蔵」で飲み始めたというメールが入ります。

「私も中野駅に到着したので、これから向かいます」

 と返信して、最も酒場密度の高い中野駅北口・ふれあいロードに立ち並ぶ呼び込みのおにいさんたちのお誘いをかわして、それと並行する昭和新道商店街に入ります。いったん「魚屋よ蔵」を通り過ぎ、すぐ先の「石松」の様子を確認。うーむ。金曜・午後8時過ぎの店内は、すでにカウンターの中までお客さんが回り込むほどの満席状態ですねぇ。「石松」の向かいにある、立ち飲みの「パニパニ」にはBUSHさんの姿も見えます。おそらく「パニパニ」で飲みながら、「石松」に空席ができるのを待ってるんでしょうね。こういう状態(他店で「石松」が空くのを待ってる状態)を「石待つ」と呼ぶ、というのもBUSHさんの造語だったような。それにしても、「パニパニ」もまた大盛況ですねぇ。

 ひとしきり確認を終えたところで、徒歩30秒もかからない「魚屋よ蔵」に引き返します。「魚屋よ蔵」は、その店名のとおり魚が売りの立ち飲み屋。その店頭には、まるで魚屋さんのようなショーケースが置かれています。ただし、その中に入っているのは、丸ごとの魚介類ではなくて、小皿に入った刺身類(各250円)や、お惣菜類(各200円)。今日の刺身は、ヒラマサ、マグロ、マダイ、カツオ、イカ、タコの6品が並んでいます。タコが、あと1皿しかないのでタコをもらっちゃいましょう。こうやって、自分の好きなお皿を、ここから勝手に持っていくのです。

「こんばんは。タコ刺しもらいましたよー」

 カウンターの中にいるお店の人に、そう声をかけつつ、にっきーさんのとなりに立ちます。

「いらっしゃい」

 と迎えてくれる店のおにいさんが、伝票にチャッと書き込んでくれます。ここは立ち飲みながら、最後に伝票でお勘定してもらうタイプのお店です。飲み物はお茶割り(250円)をもらいます。

 店内は、正面の刺身やお総菜が並ぶショーケースの両側に、奥まで続く直線カウンターが2本、平行に並ぶスタイル。これを親兄弟らしき男性2~3人で切り盛りしています。

 中野あたりも、以前は「やきや」くらいしか、純粋な立ち飲み屋はなかったのですが、ここ「魚屋よ蔵」ができたころから、続々と立ち飲み屋ができはじめ、今では北口の酒場街にも何軒かの新しい立ち飲み屋を見かけるようになりました。この界隈、流行に機敏なところがあって、次々と店が移り変わっていったりする地域。続々とできている立ち飲み屋も、一過性のブームに終わらないといいんだけどなぁ。

070629a1 070629a2 070629a3
「魚屋よ蔵」 / 刺身コーナー / タコ刺身とお茶割り

店情報前回

《平成19(2007)年6月29日(金)の記録》

|

« 第2弾は昭和下町の酒 … もつ焼き「加賀屋(かがや)」(早稲田) | トップページ | “丸いの”を塩で2本 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15830426

この記事へのトラックバック一覧です: 刺身いろいろ250円 … 立呑酒場「魚屋よ蔵(さかなやよぞう)」(中野):

» 魚屋よ蔵@中野(1) [東京ブウブウKING|中野の番人]
「立呑酒場 魚屋よ蔵@中野」のレポート(基本情報編)。 2005年6月創業の元魚屋さんが営む立呑酒場。 手作りお惣菜210円、お刺身280円均一と激安。 一人静かに呑むのにはもってこいのお店。 お店の...... [続きを読む]

受信: 2012.03.24 18:10

« 第2弾は昭和下町の酒 … もつ焼き「加賀屋(かがや)」(早稲田) | トップページ | “丸いの”を塩で2本 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »