« 店情報: パブ「ホブゴブリン(HOBGOBLIN)」(赤坂) | トップページ | サッポロラガービール … 大衆食堂「つるかめ」(新宿) »

二次会そして三次会へ … 「ホブゴブリン」(赤坂)・「御天」(下井草)

 「まるしげ夢葉家」を出て、二次会にと向かったのは、すぐ近くにあるブリティッシュ・パブ「ホブゴブリン」赤坂店。ここで、フィッシュ&チップスなどをつまみに、ギネスやエールです。

 パブはすごく好きなのに、どういうわけだか「ホブゴブリン」には来たことがなかったんですよねぇ。ここ赤坂以外にも、六本木や渋谷に店舗があるようなので、今度は1軒目として、じっくりと行ってみたいと思います。

 「ホブゴブリン」を出て、みなさんとは別れ、呑んだフルさん、にっきーさんと3人で、「もうちょっと飲んで、最後はラーメンでしめよう!」と、「御天」の千駄ヶ谷店へと向かいます。

 ………。あれっ!? 閉まってる…。

 聞けば、昨日(7月27日)に放送された、「ランキンの楽園」という番組(毎日放送)の『福岡県出身の芸能人が選ぶ、都内のうまい博多料理のランキング』で、ここ「御天」が2位になり、お客さんがワンサカ詰めかけて、スープがなくなり、売り切れ閉店となってしまったのだそうです。うーん。残念。

 ちなみに1位は赤坂「シゲル」の「博多っ子もつ鍋」(1人前1,050円)、3位は銀座「鳥善」の水炊き、4位は銀座「有薫酒蔵」の福岡の海の幸いろいろ、5位は渋谷「凪」の焼きラーメン(600円)だそうです。知らないお店が多いなぁ。

 そんなわけで、呑んだフルさんとも、代々木駅で解散。最後は自宅が近くの、にっきーさんとふたりで、「御天」の下井草本店に向かいます。なにしろ、すっかり「御天」のラーメンでしめる気持ちになっていたので、なかなか諦(あきら)めがつかないのです。

 あぁ、良かった。こちらは普段どおりに営業してました。

 まずは地下の「ゴテンズバー」で一杯やったあと、地上の「御天」です。今日は、『夏期限定の冷たい麺』というメニューから、つけ麺(850円)をもらってみました。

 つけ麺は、通常のラーメンよりも太めの冷たい麺に、あったかいつけ汁。それとは別の小皿にチャーシューとメンマが出されます。

 どーれどれ。

 なるほど! つけ麺になっても、しっかりと濃い、この店独特のとんこつスープは健在ですねぇ!

「思わず替え玉に走っちゃうんですよね」と、にっきーさん。

 たしかに。冷たい麺は、するすると喉をとおり、あっという間に食べ終えてしまいます。うーん。替え玉をしたいところだけど、すでに時刻は午前1時半。ここでもう1玉食べると、明日の朝が苦しいので、やめておきましょう。

 『夏期限定の冷たい麺』は、このほかに、黒酢冷やし麺(830円)と、とんこつトムヤム風味のタイ式つけ麺(950円)があります。夏の間に、これらも試してみたいですね。

070728g1 070728g2 070728g3
「ホブゴブリン」でビール / フィッシュ&チップス / 「御天」のつけ麺

・「ホブゴブリン」の店情報 / 「御天」の店情報前回

《平成19(2007)年7月28日(土)の記録》

|

« 店情報: パブ「ホブゴブリン(HOBGOBLIN)」(赤坂) | トップページ | サッポロラガービール … 大衆食堂「つるかめ」(新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16127682

この記事へのトラックバック一覧です: 二次会そして三次会へ … 「ホブゴブリン」(赤坂)・「御天」(下井草):

« 店情報: パブ「ホブゴブリン(HOBGOBLIN)」(赤坂) | トップページ | サッポロラガービール … 大衆食堂「つるかめ」(新宿) »