« 足1本丸ごとタコ焼き … 居酒屋「秋田屋(あきたや)」(大門) | トップページ | やっこさんでホッピー … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) »

注文毎に、ありがとう … 大衆酒場「岸田屋(きしだや)」(月島)

 大門(だいもん)駅から都営地下鉄・大江戸線に乗って、やってきたのは勝どき(かちどき)駅。ここから、月島(つきしま)の商店街に沿って、月島方面に向かうと、その商店街の入口付近(月島駅側から見ると出口付近)にあるのが、グルメ漫画「美味しんぼ」の第1巻にも登場した有名な大衆酒場「岸田屋」です。

 この店もいつもいっぱいで、外に並んで待っている人がいるほどの人気店。今日も、まだ開店前にもかかわらず、外には二組のカップルが、少し遠巻きに開店を待っている状態です。

 そして、開店時刻の午後5時ジャスト。店のおねえさんによって、まん中に白字で「酒」と大書された、大きな紺ののれんがかけられて、「岸田屋」の開店です。

 店内はコの字型のメインカウンターと、右側の壁に作りつけられたサブカウンターの、全24席。

 開店と同時に入ったのは、先ほどの二組のカップルと私の5人のみ。いつもは人でごった返していて、とても狭く見える店内が広いこと!

 「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えてくれる店のおねえさんに、燗酒(新泉、330円)と、名物の牛にこみ(450円)を注文すると、「はい。ありがとうございます!」という気持ちのいい返事。この店は、お母さん(=女将さん)も、きれいな娘さんふたりも、注文のたびに「ありがとうございます」と笑顔で注文を受けてくれるのです。

 昭和4(1929)年に、酒屋として創業した、このお店。何年か前に、当時の店主(女将さんのご主人)が亡くなった後、メニューもちょっと減ったりして、大丈夫かと心配したりしたものですが、今や、お母さんと娘さんふたり(他にも、もうひとり厨房を手伝っている女性がいて、全部で4人のようです)で切り盛りする、大人気の酒場として見事な復活を遂げています。冒頭でも書いたとおり、なにしろ入れないほどですからねぇ!

「煮込みはネギを入れますか?」と聞いてくれる、おねえさんに、

「ネギ無しでお願いします」と返事。

 東京三大煮込みのひとつとして取り上げられることが多い、この店の煮込み。その内容は牛のシロ、フワや、ナンコツっぽい部分など、様々です。私自身、ネギを入れずに、この店の煮込みを食べるのは、これがはじめて。前回来たときに、となりに座っていた常連さんが「ネギを入れないほうが本来の姿なんだよ」と教えてくれたので、今回はその食べ方をしてみたものです。

 ネギの風味は、けっこう強烈なので、微妙な味わいが飛んでしまうところがあるんですよね。この店の牛にこみもそうですが、いい店のもつ煮込みは、その具材がとても新鮮なので、変な臭みなんてのは、まったくないと言ってもいい状態。だから、本来はネギなんて必要ないんでしょうね。ネギの風味が好きな人は、入れてもらって楽しめばいい、という程度だろうと思います。

 5時半を回ることには、店内はほぼ満席になってきました。この時間帯は、近所の年配男性客(ひとり客)が多いようです。フッとカウンターを見渡して、コの字カウンターの手前(入口側)のほうにしか空きがないと見ると、右手のサブカウンターの奥のほうに入って行きます。そのサブカウンターで、壁に向かうんじゃなくて、入口に向かって身体を捻るように座るひとり客が多いのは、入口の右手上部にテレビが設置されてるからなんですね。

 燗酒をチビチビとやりながら、ゆっくり煮込みをつついていたら、皿の底のほうの煮込み汁は、だんだんと煮こごりのような状態になっていきます。こりゃまた、相当、濃厚なスープなんですねぇ。開店と同時に出してくれた煮込みでも、この濃厚さがあるというのが驚きです。

 燗酒は、今飲んでいる新泉(330円)と菊正宗(360円)とがあり、「お酒」とだけ注文すると、新泉のほうが出されます。その新泉・燗酒をおかわりし、2品目の肴(さかな)を選びます。

 月島あたりは、築地(つきじ)も近いので、魚メニューも並んでいます。今日は、子持ちカレイの煮付け(450円)や、キンメの焼いたのや煮たの(どちらも600円)。となりのおじさんは銀ダラの煮付け(550円)を食べてるなぁ。アナゴ煮付け(500円)や新サンマ焼き(550円)もおいしそうだ。定番のくさや(500円)は、だれかが必ずたのむつまみ。くさやを焼く匂いが漂ってくると「オレも、もらおかな」と便乗注文する人も多いのです。いわしつみれ吸物(280円)や、はまつゆ(400円)も人気の品ですね。

 野菜類は、れん草おひたし(300円)や、もろきゅう(200円)、新しょうが(300円)、なす焼(300円)、枝豆(400円)など。そういえば、この店で野菜類を食べることは少ないなぁ。今日は煮込みもネギ抜きだったので、2品目の肴は野菜類にしてみましょう。お新香(300円)をお願いします!

「ありがとうございます」

 ニッコリと注文を受けてくれたのは、女将さんです。

 そして出されたお新香は、キュウリ、カブ、シソ漬け、菜漬けの4種盛り。しみじみと燗酒が進みます。

 6時を回ると、会社帰りのグループ客も顔を見せますが、さすがにもうグループは入れない。ひとりが帰ったところに、新たなひとり客が入れるといった感じです。今日、月曜日から、また大混雑になりそうですね。

 さあて。燗酒を飲み終わったところで、私もボチボチ腰を上げますか。どうもごちそうさま。

 1時間半の滞在。2品と2本をいただいて、お勘定は1,400円でした。

070730d 070730e 070730f
「岸田屋」 / 牛にこみ / お新香

店情報前回

《平成19(2007)年7月30日(月)の記録》

|

« 足1本丸ごとタコ焼き … 居酒屋「秋田屋(あきたや)」(大門) | トップページ | やっこさんでホッピー … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16189483

この記事へのトラックバック一覧です: 注文毎に、ありがとう … 大衆酒場「岸田屋(きしだや)」(月島):

» 【月島・岸田屋で菊正宗と秋の味覚】 [月島で飲む酒旨い酒]
秋刀魚は秋のイメージがあるが実は夏のものも旨い。 脂が秋ほど乗っていないのでさっぱりと食べられるのだ。 刺身もいいけど塩焼きが何と言っても一番! 1匹をそのまま焼いて出してくれると嬉しい…... [続きを読む]

受信: 2007.08.24 16:48

» 月島 岸田屋 牛煮込み [Tommyのきままなグルメランチ日記]
■月島 岸田屋 牛煮込み今日のつまみは、月島の居酒屋”岸田屋”の 牛煮込み450円です。■美味しんぼで、紹介されたお店今日は、月島の岸田屋に行きました。このお店は、美味しんぼで、紹介されたお店です。それも1巻でですよ。すばらしい。お店は、非常に狭いんだ...... [続きを読む]

受信: 2008.08.25 18:14

» 待ってもなおの満足感 … 大衆酒場「岸田屋(きしだや)」(月島) [居酒屋礼賛]
 木場「河本」、門前仲町「大坂屋」と、牛もつ煮込みを食べ歩き、今日の3軒めは、これまた牛もつ煮込みが名物の月島「岸田屋」を目指します。  このあたりは、ひと駅ごとに、東京を代表するもつ煮込みが食べられる酒場があるのがいいんです。  門前仲町の駅を起点に考えると、西にひと駅行くと木場、南にひと駅行くと月島、さらに北にひと駅行くと、これまた牛もつ煮込みの人気店「山利喜」がある森下ですもんね。  門前仲... [続きを読む]

受信: 2013.07.13 09:01

« 足1本丸ごとタコ焼き … 居酒屋「秋田屋(あきたや)」(大門) | トップページ | やっこさんでホッピー … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) »