« 水餃子はワンタン風も … 中華料理「珉珉羊肉館(みんみんやんろうかん)」(渋谷) | トップページ | 閉店間際に駆け込んで … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

夏こそ熱ーい鳥鍋で! … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷)

 一般的に、鍋は冬場に食べるものですが、夏場に食べて美味しい鍋もあります。どぜう鍋や、とり鍋などがそれです。これらは割り下(わりした)という、醤油、味醂、砂糖、だしを合わせた煮汁で作られ、ご飯のおかずというよりは、酒の肴(さかな)として食べられることが多い。暑い中で、熱い鍋をフウフウ吹きながらいただいて、お酒をキュッとやる。最近は、たいていの店で、エアコンがガンガン効いているため、あまり季節感がなくなってきましたが、本来は暑さを暑さで吹き飛ばすという趣向なんでしょうね。

 そんなわけで、その鳥鍋をつつきにやって来たのは、渋谷マークシティ横でモクモクと焼き鳥を焼く煙を上げている「鳥竹」です。同行のメンバーは宇ち中さんと、新婚のここっとさんご夫妻。地下1階から、地上2階まで、3フロアある店内の2階へと案内され、小さなテーブル席を4人で囲みます。

 瓶ビール(サッポロラガー大瓶、630円)を注文すると、今日のお通しはキンピラです。

 鍋物として皮なべ(1,155円)を1人前注文し、そのできあがりを待つ間のつまみとして、つくね(336円)にボンボチ(368円)、ギンナン(420円)、それと奴豆腐(399円)を、それぞれひとつずつ注文します。

 上に表記した焼き物の値段は、それぞれ1本の価格です。それだけ見ると、他の焼き鳥屋さんと比べて高いように感じますが、実はこの店の焼き鳥は1本の量が、ずっしりと重く感じるほど多い。たとえばボンボチも、よくあるボンボチよりも大きなもの(周辺の部位まで一緒になったもの)が、1串に6~7個。ギンナンも1串に7個刺さっているのです。

 さぁ、鍋もできあがってきました。割り下の中でグツグツと煮込まれた鳥皮を、すき焼きのように、生卵をからめていただきます。うーん、そうそう。このプリッとした弾力感。これがいいんですよねぇ。

 あっという間に1人前の鍋は食べ終えて、「もう1人前!」と注文したのは、今度は肝なべ(1,260円)です。鍋を待つ間のつまみも、そり(368円)、ナンコツ(336円)を追加注文です。

 そり、というのは、鶏の足の付け根あたりの、運動量があって締まった肉。フランス語で、同じ部位のことをソリレスと呼ぶことから、そりと呼ばれるのだそうです。

 ナンコツのほうは、三角の形をした、やげんなんこつ。まわりにちょっと残っている肉の部分が、またおいしいんですよねぇ。

 そして肝なべ。肝なべと言いつつも、こちらにも皮がたっぷりと入っているのです。そして、もちろん鶏レバーなどの内臓類もたっぷりで、もつ好きにはたまらぬ一品です。

 ちなみに鍋物は、このほか、鳥なべ(1,260円)、笹身なべ(1,575円)、水炊(1,575円)、どじょうなべ(998円)、柳川なべ(1,050円)、湯豆腐(788円)の合わせて8種類から選べます。

 ゆっくりと2時間弱、楽しんで、お勘定は4人で9,960円(ひとりあたり2,490円)でした。やぁ、おいしかった。

 入るとき(午後9時ごろ)には待ち行列ができていた入口ですが、さすがに11時前のこの時間になると、行列はありません。渋谷の人気店のひとつです。

070713d 070713e 070713f
「鳥竹」 / 瓶ビールとお通しのキンピラ / 奴豆腐

070713g 070713h 070713i
皮なべの材料と生卵 / ギンナン / ボンボチ

070713j 070713k 070713l
つくね(ギンナンは別) / できあがった皮なべ / そり

070713m 070713n 070713o
ナンコツ / 肝なべの材料 / できあがった肝なべ

店情報前回

《平成19(2007)年7月13日(金)の記録》

|

« 水餃子はワンタン風も … 中華料理「珉珉羊肉館(みんみんやんろうかん)」(渋谷) | トップページ | 閉店間際に駆け込んで … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16013491

この記事へのトラックバック一覧です: 夏こそ熱ーい鳥鍋で! … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷):

» 鳥竹で鳥鍋の夏 [宇ち中]
2007/07/13 (続き) 宇ち多゛で二の二のロクハチで癒されたあと、既にはまださんは渋谷へ到着済みという連絡をうけて、大急ぎで京成線から半蔵門線と乗り継いで渋谷へ到着したのが20:50頃。この日のテーマは夏なのに鳥鍋、ということで会場は鳥竹です。 マークシティ脇にある、煙もうもうな有名店。もともとは円山町にある鳥竹から始まり、こちらの大きなお店はあとからできたお店のようです。お店に入ろうとするとちょうどはまださんとここっとさんもお店に到着。お店の前には並んでいるお客さんもいらっしゃるよう... [続きを読む]

受信: 2007.08.14 08:09

» 怒濤の年末年始特集1 … 「秋元屋」「ピュアー」「鳥竹」「満月」「ゴテンズバー」 [居酒屋礼賛]
 12月28日・金曜日。今年の仕事も今日まで。会社での納会を終えて、ひとり「秋元屋」です。氷なしホッピー(380円)に煮込み(320円)、お新香(180円)でスタートし、氷なしの黒ホッピー(380円)でレバ生(300円)へ。ツルリツルリといただくレバ生のなんとうまいことよ。最後はガツとテッポウを1本ずつ(各100円)醤油で焼いてもらって、今年の「もつ納め」は、午後9時半から1時間ちょっとで、席料1... [続きを読む]

受信: 2008.02.02 14:19

« 水餃子はワンタン風も … 中華料理「珉珉羊肉館(みんみんやんろうかん)」(渋谷) | トップページ | 閉店間際に駆け込んで … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »