« 大都会にもオヤジ酒場 … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) | トップページ | 生インドマグロのぶつ … 立ち飲み「大島や(おおしまや)」(月島) »

ぐるり中野の酒場巡り … 「北国」「ブリック」「パニパニ」「石松」(中野)

 人があふれかえる金曜日の渋谷を後に中野へ。まずは南口側で50年以上営業を続けている老舗酒場「北国」に向かいます。この店は午後10時閉店なので、あと1時間ほどの営業。店内には、まさに二日とあけずにやってくる大常連さんがふたり、静かに盃を傾けています。

 飲み物は日本酒、焼酎、ウイスキーと選べるのですが、今日はウイスキー(サントリーホワイト)を水割りでもらいます。お通しは、じゃが芋とトウモロコシ。

「お客さんが、自宅で作ってるのを持ってきてくれたのよ」

 なーるほど。だから軽くふかしただけの野菜類がとても美味しいんですね。

 水割りをおかわりして、白菜漬(300円)を追加して、1時間ほどの滞在は1,300円でした。

070706g 070706h 070706i
「北国」 / お通しの野菜とウイスキー水割り / 白菜漬
・「北国」の店情報前回

 中野の2軒目は、北口へ回ってサントリー・パブ「ブリック」です。昭和39(1964)年、東京オリンピックの年に開店して、今年で創業43年という老舗バーです。

 トリスを1ジガー(45CC)使ってつくる、名物のトリハイ(トリス・ハイボール、210円)をもらうと、今日のお通しは枝豆です。お通しは、この1品と決まっているわけではないようで、何品かの候補の中から、そのお客さんの料理の注文なども聞いたうえで、それらと同じものにならないように出してくれるようです。

 この店で、横浜での仕事から帰ってきたにっきーさんと合流すると、にっきーさんのお通しは松の実です。

 トリハイをおかわりして、ハムエッグ(420円)を注文すると、玉子2個を使って、まん丸に仕上げられたハムエッグは、目玉焼きの上に6枚のハムが飾られたもの。こういうスタイルも珍しいですよね。

 1時間半ほどの滞在は、ふたりで2千円強(ひとりあたり千円強)でした。

070706j 070706k 070706l
「ブリック」お通しの枝豆とトリハイ / 松の実 / ハムエッグ
・「ブリック」の店情報前回

 3軒目は、中野新道商店街に回って、立ち飲みの「パニパニ」へ。店に入ったのは午後11時半過ぎ。この店は11時半ラストオーダー、12時閉店なので、もうラストオーダーを時間を過ぎているものの「1杯ずつ」と無理をお願いして、私はファイト一発サワー(390円)を、にっきーさんはアールグレイハイ(360円)をいただきます。

 4軒目は、その「パニパニ」の目の前、もつ焼き「石松」です。いつものようにキープしている金宮を出してもらって飲んでいると、「はい、お通し」と出てきたのはウインナーと、うずらの卵です。ときどきこういうお通しの日もあるのです。

 「石松」の名物、つくねや、レバ刺しもきっちりといただいて、最後は豚耳でしめて、午前2時前までの滞在は、ふたりで2千円ほど(ひとり千円ほど)でした。どうもごちそうさま。またまた、長く楽しい金曜日の夜でした。

070706m 070706n 070706o
「パニパニ」ファイト一発サワー / 「石松」ウインナー / うずら卵

070706p 070706q 070706r
つくねタレ / レバ刺し / 豚耳

・「パニパニ」の店情報前回)/ 「石松」の店情報前回

《平成19(2007)年7月6日(金)の記録》

|

« 大都会にもオヤジ酒場 … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) | トップページ | 生インドマグロのぶつ … 立ち飲み「大島や(おおしまや)」(月島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/15958111

この記事へのトラックバック一覧です: ぐるり中野の酒場巡り … 「北国」「ブリック」「パニパニ」「石松」(中野):

» 今夜もやはりハシゴ酒 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 渋谷駅前でみんなと別れ、このまままっすぐ帰ればいいものを、やっぱり中野駅で途中下車です。金曜、土曜に飲みに出ると、もうハシゴ、ハシゴで止まりませんなぁ。  向かった先は、もつ焼きの名店、「石松」です。  あいかわらず、カウンター8席のみの店内は満席に近い状態。入口近くに空いていた席に座り、ボトルキープの金宮を、生茶割りで飲み始めます。  その場で下ごしらえする新鮮そのものの、もつ焼きが、この店... [続きを読む]

受信: 2007.09.30 11:17

» 金曜日は古漬けの刻み … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野) [居酒屋礼賛]
 中野駅南口の小さな路地の中に、毎日、常連さんたちが集う店、「北国」があります。今年で創業50年ですので、開店したのは昭和32(1957)年のこと。  カウンター8席、テーブル4席、小上がり4席の小ぢんまりとした店内は、今日もやっぱりカウンターは満席模様。かろうじて空いているのは、カウンター中央部の特等席、1席のみ。 「いらっしゃい。ここへどうぞ」  と、女将(ママ)さんが、その席を指し示してく... [続きを読む]

受信: 2007.11.11 06:58

» 流行りの店に口開けで … 立ち飲み「パニパニ」(中野) [居酒屋礼賛]
 昨年(2006年)の夏にオープンした、立ち飲み「パニパニ」。今や、夜な夜な人があふれかえる大人気店です。  本来は、日曜、祝日は定休日のお店なのですが、ミクシィの「パニパニ」コミュニティに「営業させていただきます」というコメントを発見し、土曜日ながら祝日(文化の日)の今日、その大人気店に、ひとりでじっくりと出かけてみようと、やってきたのでした。  午後5時半ごろ、お店に到着すると、先客はなし。店... [続きを読む]

受信: 2007.12.02 10:02

» こんな静けさは珍しい … バー「ブリック(BRICK)」(中野) [居酒屋礼賛]
 中野駅北口の路地の中にあるバー「ブリック」。昭和39(1964)年にトリス・バーとして開店したというこのバーは、今年で創業43年の老舗です。  月曜日、午後9時過ぎのこの時間、1階店内は珍しく先客なし。  酒場が名店かどうかの違いは、こうやってお客さんがいないときに、はっきりとするんですよねぇ。白いジャケットの店員さんたちは、店内の定位置で、それぞれに与えられた役割をこなしていて、無駄口ひとつな... [続きを読む]

受信: 2007.12.23 22:55

« 大都会にもオヤジ酒場 … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) | トップページ | 生インドマグロのぶつ … 立ち飲み「大島や(おおしまや)」(月島) »