« サッポロラガービール … 大衆食堂「つるかめ」(新宿) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「立呑風太くん(たちのみふうたくん)」(阿佐ヶ谷) »

話は尽きず、ハシゴ酒 … 焼き鳥「番番」~バー「イーグル」(新宿)など

「このあたりは、鯨を出す店も多いねぇ。昨日から、そういう看板を、よく目にしたから、なんだか鯨の刺身が食べたくて…」と、昨日から上京してきている大学時代の友人。

「そうかぁ。鯨かぁ。すぐ近くに「樽一」という、鯨料理も有名なお店があるんだけど、残念ながら、日曜日は休みなんだよねぇ」

「昨日見かけた店のひとつが、ここ!」

 友人が、そう言いながら指差す先を見ると、そこには、やや大箱のTという割烹。あららー。これは、いかにも社用族が、接待や宴会で使いそうなお店ですねぇ。

「うーん。ここはちょっと高いかもよ」

 と、けん制してみますが、友人はどうしても鯨が食べたいとのことで、入店。

 午後5時を回ったばかりの店内は、先客はいなくて、それどころか、お店の人たちも、やっとスタンバイしかけたばかりといった雰囲気。店内には、緊張感のない、ゆるーい空気が流れています。

 芋焼酎のロックを2杯もらって、鯨の刺身(6切れで1,600円!)とカンパチの刺身(6切れで千円ほど)をもらうと、チマチマっと4品盛りのお通しも出てきます。焼酎をおかわりして、小1時間の滞在は、ふたりで6,800円(ひとりあたり3,400円)。うーん。ま、びっくりするほどは高くなくて、よかった、よかった。都立家政まで電車で行って、「竹よし」の鯨刺しを食べて帰ってきたほうが、安くて、満足感は高かったかもなぁ。

 でも、友人は、ものすごく久しぶりの鯨刺身に大満足した様子。ふむふむ。そういうことであれば、これはこれで良しとしよう!(笑)

「次はここ!」

 と階段を下りて入ったのは、歌舞伎町の地下にある大衆酒場、「番番」です。前回は、老若男女、満遍なくといった感じの店内だったのですが、日曜、午後6時過ぎの店内は若いお客さんがとても多い。若い女性同士のふたり連れも何組か居たりして、なんだか大衆酒場って雰囲気じゃないなぁ。客層だけ見てると、まるで喫茶店のようです。

 友人は雲海(そば焼酎、250円)のロックを、私は酎ハイ(レモン味、250円)をもらって乾杯すると、今日のお通し(小皿)は、オクラと山芋の梅肉添えです。

「おっ。馬刺しがある!」

 大喜びの友人は、さっそく馬刺し(700円)を注文。なるほど。都内では鯨刺しや馬刺しは、比較的よく見かけますが、もしかすると他の地域にはあまりないのかなぁ?

 ちなみに、彼が今、住んでいるところは静岡県の山の中(富士山の裾野あたり)なのです。沼津から西伊豆のほうに出かけて行くと、たっぷりと海の幸が楽しめる場所なのだそうですが、さすがに鯨や馬はないのかも…。

 馬刺しはシャリッとルイベ状で、ほぼ赤身。あっさりと、淡白な味わいです。

 谷中(やなか)生姜(300円)を注文したので、健啖家の友人も、さすがに満腹になってきたのかな、と思いきや、この谷中生姜はホンの舌休め。

「さぁ。せっかくの焼き鳥屋だから、焼き鳥も食べようよ!」

 と壁の焼き物メニューをながめながら、アスパラ巻き(250円)を2本、手羽焼(200円)も2本、さらには、

「ナス焼き(300円)もある。夏は、ナスもいいよね!」

 と、ナス焼きまで一気に注文です……..(o_ _)oパタリ

 飲み物もおかわりを注文。私は今度はウメハイ(梅酒味、250円)にしてみると、いかにも梅割りらしい、薄~い黄褐色のジョッキの底には小さな赤い梅干が1個。250円という、新宿地区にはあるまじき低価格のチューハイながら、こういうビジュアル面にも気を配ってくれるのがうれしいですねぇ。だから女性客も多いのかな。

 「番番」で1時間半ほど飲み食いして、こちらは二人で3千円ほど(ひとり1,500円ほど)。

 満腹のお腹をさすりさすり向かったのは、新宿駅近くの地下にある、昭和42(1967)年創業の老舗バー「イーグル」です。かなりオーセンティックな見かけのバーながら、ウイスキーなどの飲み物はとっても安いのです。さっそくサントリー・オールド(250円!)をハイボール(ソーダ割り)でいただきます。

 友人はワイルド・ターキーをもらっていますが、これとて400円と、けっして高くはないのです。

 野菜スティック(600円)は、この店の名物メニューのひとつ。自家製のゴマ味噌をつけていただきます。

 オールドのハイボールをおかわりして、今度は、これまた自家製のレーズンバター(550円)を注文。普通はラムに漬けて作るレーズンを、白ワインに漬けて作ったものなんだそうです。

 数年ぶりに会った友人との話は尽きることなく、「もうそろそろ出発しないと、今日中にたどり着かない」というところで、やむおえず終了。1時間ちょっとのバー・タイムは、ふたりで3,399円(ひとり1,700円ほど)でした。

 気をつけて帰ってね! また来いよーっ!!

070729e1 070729e2 070729e3
「割烹T」お通しと焼酎 / 鯨刺身 / カンパチ刺身

070729f1 070729f2 070729f3
「番番」お通しと酎ハイ / 焼酎ロック / 店内の様子

070729g1 070729g2 070729g3
馬刺し / 谷中しょうが / アスパラ巻き

070729h1 070729h2 070729h3
手羽焼 / ナス焼 / ウメハイ(梅酒味)

070729i1 070729i2
「イーグル」ハイボールと野菜スティック / レーズンバター

・「番番」の店情報前回) / 「イーグル」の店情報前回

《平成19(2007)年7月29日(日)の記録》

|

« サッポロラガービール … 大衆食堂「つるかめ」(新宿) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「立呑風太くん(たちのみふうたくん)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

ご無沙汰しております。PONTAと申します。
イーグル・・・学生のころ友人と行っておりました。
友人が大学にうかったときに、お父様から「男ならこれくらいの店の一つも覚えておきなさい。この店は君に譲って、僕は使わないから」と連れられていったそうです。(すごいお父さんですよね。お会いしたことがあるのですが、ダンディーな方でした。)
その後、僕たちは、試験の後とか何かの節目に行っておりました。僕の酒場修行の原点みたいなお店です。
野菜スティックのみそは美味しいですよね。ナッツを10数種類使っているとバーテンさんに聞いたことがありました。
思い出の「ドロップアウト」(イーグルのオリジナルカクテル)を飲みたくなりました。思い出で尽きないお店です。

投稿: PONTA | 2007.09.01 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16180803

この記事へのトラックバック一覧です: 話は尽きず、ハシゴ酒 … 焼き鳥「番番」~バー「イーグル」(新宿)など:

» 若い女性のひとり客も … 焼き鳥「番番(ばんばん)」(新宿) [居酒屋礼賛]
 都内での仕事を終えてやって来たのは、新宿歌舞伎町の地下にある焼き鳥「番番」です。なにはさておき、まずはビールを注文すると、 「生ですか? 瓶ですか?」と聞き返してくれるおにいさん。 「瓶をお願いします」と答えると、今度は、 「キリンラガーとサントリーモルツがあります」とのこと。 「キリンで!」  そうかぁ。この店に来たのは、今日で4回目(ブログに書いたのは3回目)なんだけど、ビールをたのんだのは... [続きを読む]

受信: 2008.06.29 10:17

« サッポロラガービール … 大衆食堂「つるかめ」(新宿) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「立呑風太くん(たちのみふうたくん)」(阿佐ヶ谷) »