« 店情報: 創作料理「まるしげ夢葉家(まるしげむようや)」(赤坂) | トップページ | 店情報: パブ「ホブゴブリン(HOBGOBLIN)」(赤坂) »

全国居酒屋紀行オフ会 … 創作料理「まるしげ夢葉家(まるしげむようや)」(赤坂)

 旅チャンネルの長寿番組「全国居酒屋紀行」のオフ会が、赤坂の「まるしげ夢葉家」を貸しきって開催されました。幹事は、いつものとおり、この番組を担当されている居酒屋のオヤジさんこと、小川洋一さん。もちろん、太田和彦さんも、ご出席です。

 会場は、「居酒屋紀行掲示板」での、オフ会のお知らせを見て集まった60人の、酒好き、酒場好き、そして太田さん好きの人たちで満席状態。

 「まるしげ夢葉家」の店主からは、店内にあるお酒や焼酎は、どれでも飲んでくださいという、ありがたいお言葉があり、ビールで乾杯の後、日本酒の冷蔵庫を見に行ってみると、なんとまぁ、30本ほどの一升瓶(日本酒)が、ずらりとスタンバイされているではありませんか。さらにカウンターの横には、ずらりと並ぶ焼酎や泡盛も。

 店内はテーブル席、座敷席を中心として、8席分程度の直線カウンターもあるスタイル。全体では75席あるそうですので、かなり大きいお店です。

 そのカウンターの中では、料理を担当するおにいさんが、次から次へと料理を作ってくれます。カツオのたたきからはじまって、なめろう、へしこ、万願寺とうがらし、手割きのナスの漬物など、呑兵衛好みのする料理が並びます。さすがに『旬なもの創作料理』と謳(うた)うだけのことはありますね。

 特筆ものは、くじらの竜田揚げ。中まで火が通っているのに、ものすごくやわらかい。

 そして、焼酎にはテビチ(豚足の煮こみ)です。

 いつものように、太田さんは自ら各テーブルを回って、積極的にみなさんとの交流を図ってくれます。

 今回のオフ会は、平成11(1999)年にはじまった「全国居酒屋紀行」が、その後、今年5月末に最終回の放送を迎えた「ニッポン居酒屋紀行ファイナル」までの8年間の番組が一段落したのを機に行われたもの。オフ会の計画時には、まだ後続の番組は決まっていなかったのですが、オフ会の中で、次の番組の紹介が行われました。それによると、次の番組は、今年9月27日(木)から放送がはじまる「太田和彦の日本百名居酒屋」という番組で、2年間で全50話。つまり、1話あたり2軒ずつの名居酒屋が紹介されるんですね。第1回目の放送で取り上げられるのは「みますや」(神田)と「鍵屋」の2軒。言うまでもなく、いずれ劣らぬ東京の名店です。選ばれた100軒の店には、太田さんデザインの「百名盃(ひゃくめいはい)」という盃(さかずき)が贈られるのだそうです。

 しかし、8年間の放送の間に、閉店してしまったり、代替わりされたお店があるのも、また事実。貴重な記録映像としても、今後、ますます番組が続いてほしいですね。

 5時半からはじまったオフ会は、たっぷりと9時を過ぎるまで続きました。

 改めまして、オフ会を企画・運営していただいた居酒屋のオヤジさんはじめ、スタッフのみなさん、そして主役の太田さん、さらには美味しいお酒、美味しい料理を提供してくださった「まるしげ夢葉家」のみなさん、本当にありがとうございました。

 当日ご出席されたみなさん、楽しい時間をありがとうございました。また飲みましょうね!

070728c1 070728c2 070728c3
「まるしげ夢葉家」 / カツオのたたき / なめろう

070728d1 070728d2 070728d3
冷蔵庫の日本酒群 / 焼酎や泡盛も / へしこ(焼いたもの)

070728e1 070728e2 070728e3
厚揚げ / 「百名盃(ひゃくめいはい)」 / 鯨の竜田揚げ

070728f1 070728f2 070728f3
テビチ(豚足の煮こみ) / 万願寺とうがらし / 茄子の漬物

店情報

《平成19(2007)年7月28日(土)の記録》

|

« 店情報: 創作料理「まるしげ夢葉家(まるしげむようや)」(赤坂) | トップページ | 店情報: パブ「ホブゴブリン(HOBGOBLIN)」(赤坂) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16127595

この記事へのトラックバック一覧です: 全国居酒屋紀行オフ会 … 創作料理「まるしげ夢葉家(まるしげむようや)」(赤坂):

» 居酒屋紀行オフ会in赤坂で撃沈 [宇ち中]
2007/07/28 この日は居酒屋番組の大御所「全国居酒屋紀行」のオフ会の日。常々参加させていただきたいと思っていたのですが、居酒屋紀行掲示板は格式高くてなかなか踏み入ることのできない、敷居の高いワールドで申し訳なくもリードオンリー。そんなボクに救いの手をさしのべていただいたのがはまださん、お誘いいただき勇気を出して参加させていただくことにしたのでした。正午頃、歯医者さんに行ってからしばらくして赤坂へ。早めの到着で少し時間調整をして、受付開始時刻の17:00ちょうどに会場の「まるしげ夢葉家」へ向か... [続きを読む]

受信: 2007.08.31 08:05

« 店情報: 創作料理「まるしげ夢葉家(まるしげむようや)」(赤坂) | トップページ | 店情報: パブ「ホブゴブリン(HOBGOBLIN)」(赤坂) »