« 最後はたっぷり香菜を … 中華料理「福來門(ふくらいもん)」(高円寺) | トップページ | ジュワッとサンマ焼き … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

シメに地元の名店2軒 … 「やき屋」(荻窪)&「ペルル」(鷺ノ宮)

 高円寺をあとに、阿佐ヶ谷駅を通り越して荻窪(おぎくぼ)へ。久しぶりに出かけたのは、イカ料理で有名な、立ち飲みの「やき屋」です。7月に、しばらくお休みしていたそうなのですが、その頃から、ずっと行けてなかったのです。

 「こんばんは」と入った、土曜日、午後9時前の店内は、6割りほどのゆったりとした入り。噂によると、実は店長(ゲンさん)が体調を崩して入院されていたそうなのですが、今日の様子を拝見すると、以前のまんま。安心しました。

 店内右手の立ち飲みカウンターの、空いている奥のほうに陣取り、お酒(230円、税抜き表記、以下同じ)と、目の前のカウンター上段にどんと盛られた枝豆(150円)をもらいます。枝豆は、この店の定番的なメニューながら、なかなか値段が折り合わないのか、付箋紙で隠されていることが多いのです。

 なにしろ「つまみ150円均一」が謳(うた)い文句の店だけに、150円で出せないときは、メニュー上から隠すしかないんでしょうね。

 お酒(日本酒)は「北の誉(きたのほまれ)」。冬場は燗酒もあるのですが、夏場は同じ酒を冷や(常温)か、冷酒で出してくれます。

 入口付近のお客さんが、いかなんこつ焼き(150円)を注文したので、こっちも便乗注文。焼きものは、注文が入ったときだけ焼き台に火を入れて焼いてくれるのです。イカ軟骨というのは、ゲソの上部、イカの頭の中に入っている胴体の部分のことです。軟骨とはいうものの、実際には身そのもので、他のみの部分より弾力感はあるものの、鳥や豚の軟骨のように硬い部分はありません。これが、150円で6切れ分、タレ焼きで焼いてくれるのですが、人によっては塩焼きや素焼きを注文しているようです。

 お酒をおかわりして、つまみはキュウリ味噌(150円)。これはキュウリを縦に二つに切って、味噌を添えて出してくれるというシンプルなもの。味噌をつけてパキッとひと口。シャクシャクと噛みしめると、とっても夏っぽくて、冷酒が進みます。

 45分ほど立ち飲んで、今日は956円(910円+税)でした。


 荻窪駅から路線バスに乗って、鷺ノ宮駅前で下車。今日のラストは「ペルル」です。土曜日なので、将棋姫が手伝いの日だなぁ、と思いながら店に入ると、「いらっしゃいませー」と迎えてくれたのは、木曜姫。あれっ?

「将棋姫は帰省中で、田舎から地酒を送ってくれてますよ」

 そう言いながらマスターが、そのお酒を1杯、注いでくれます。お酒は「一本義」の山田錦・生原酒。「あわせて、肴(さかな)も届きました」とホタルイカや、地魚の佃煮風までいただきます。いやぁ、ありがとうございます。>田舎にいる将棋姫

 そんなわけで、ピンチヒッターとして、急きょ、木曜姫が手伝いに来てくれたのだそうです。違う曜日に合うと、なんだか不思議な感じですね。

 お盆明け初の土曜日とあって、店内は常連さんたちでいっぱい。

「みんなで500円ずつ出してワインを飲もう。乗る人!」

 という提案に、あちこちから「はーい」と手があがって、ボルドーの赤ワイン「シャトーボーモン(CHATEAU BEAUMONT)2002」(3,500円)の封が切られます。

 閉店時刻の午後11時半まで、ゆっくりとくつろいで、お勘定は1,000円(キープボトルの水割りセット500円+割り勘ワイン代500円)でした。どうもごちそうさま。

070818n 070818o 070818p
「やき屋」の枝豆と日本酒 / いかなんこつ焼 / きゅうりみそ

・「やき屋」の店情報前回) / 「ペルル」の店情報前回

《平成19(2007)年8月18日(土)の記録》

|

« 最後はたっぷり香菜を … 中華料理「福來門(ふくらいもん)」(高円寺) | トップページ | ジュワッとサンマ焼き … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16479743

この記事へのトラックバック一覧です: シメに地元の名店2軒 … 「やき屋」(荻窪)&「ペルル」(鷺ノ宮):

» 味付けは和風ベースで … バー「ペルル(ぺるる)」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
 「ほ里乃家」でちょっと飲んで、サンマ塩焼きを食べたら、元気が出てきたので、もう1軒。駅の反対側に回って「ペルル」です。午後9時半の店内は、半分くらいの入り。キープボトル(ブラックニッカ)を出してもらって、いつものように水割りセット(500円)です。  この店には、2軒目か3軒目としてやって来て、水割りをチビチビとやりながら、午後11時半の閉店時刻まで、マスターやお客さんたちとの会話を楽しむこと... [続きを読む]

受信: 2007.09.30 10:46

» 寒くなったらイカ大根 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 荻窪駅北口にある、つまみが全品150円(+消費税)の立ち飲み「やき屋」。値段が安いということもさることながら、大人気の理由(わけ)は、それら150円のつまみが、うまいということにあります。  ここの店主の出身地は、青森県八戸市。その八戸は、自ら「イカの街」と称するほどイカの水揚げが多い町で、その量は全国1位なんだそうです。  「やき屋」のつまみは、その八戸から毎日送られてくるイカを使った料理が主... [続きを読む]

受信: 2007.12.15 15:10

« 最後はたっぷり香菜を … 中華料理「福來門(ふくらいもん)」(高円寺) | トップページ | ジュワッとサンマ焼き … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »