« 30年ぶりの、がんばっていきましょい!(松山) | トップページ | ラーメン切れも解消? … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) »

モツ切れラーメン切れ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方)

 約1週間の松山帰省を終えて、東京に戻ってきました。

 今回の帰省は、高校の卒業30周年の同窓会を軸に据えたものでしたが、その前後でも中学校のときの同窓生が、たくさん集まってくれて、まさにお盆休みならではの、旧交を温める機会となったのでした。

 そんな楽しいときを過ごしつつも、なにやら物足りないものがある。そう、モツとラーメンです。

 瀬戸内の魚介類や、松山(北条?)ならではの甘~く煮込まれた肉うどんなどは、たっぷりと堪能したのですが、それでも1週間以上もモツとラーメンを抜いた生活を送ると、身体の奥底から「モツ食べたい」「ラーメン食べたい」という声が沸きあがってきます。

 そんなわけで、帰京後、最初の金曜日である今日、同じ方面に帰宅するにっきーさんと示し合わせて野方(のがた)で途中下車。向かったのは「秋元屋」です。

 金曜、午後9時の「秋元屋」はさすがに満席状態。たっつんさん(=店のおにいさん)に「いっぱいだよね?」と声をかけると、「いっぱいだけど、奥に、ふじもとさんが居ますよー」と教えてくれます。

「それじゃ、奥をのぞいて、ごあいさつだけでもして帰りますか」

 と話しながら店の奥に入ると、ふじもとさんと、毎日この店にやってくる常連さんとの二人が、大きな業務用冷蔵庫のすぐ横の小さなテーブルを、ちんまりと囲んでいます。

「お久しぶりです」

 その奥のテーブルから声をかけてくれたのは、サーベルキラーさん。ありゃありゃ、ご無沙汰しています。

 そんなあいさつをしていると、テーブルのお客さんたちそれぞれがキュキュッと詰めてくれて、なんと満席だったのに、二人分の空間ができちゃいました。

「どうもすみません。ありがとうございます」

 まわりのみなさんに声をかけながら、その場所に座らせてもらい、さっそくサッポロラガービール大瓶(530円)と、レバ生(300円)をゴマ油+塩でもらい、さらにテッポウとガツを醤油で2本ずつ、ハラミとカシラを味噌で2本ずつ注文します。満席のときは、焼き台もいっぱいで、もつ焼きができあがるのに時間がかかるので、早めの注文が必要です。

 レバ生をつつきながら、最初のビールを飲み終え、続いてはホッピーかな。「お客さんがいっぱいで、冷蔵庫が追いついてない」という話だったので、久しぶりに氷入りの赤ホッピー(380円)をもらいます。そのついでにお新香(180円)も追加。今日のお新香はキャベツを中心に、カブとキュウリが混ぜられたものです。

 もつ焼きと野菜はいい相性。いいもつ焼き屋には、安くて旨い野菜料理が置いてあります。ここ「秋元屋」の場合、お新香をはじめ、それぞれ人気のキャベツみそ(100円)や、山いも醤油漬(120円)、青のり(150円)、梅きゅうり(180円)、味噌きゅうり(180円)、もずく酢(200円)、冷やしトマト(220円)、オニオンスライス(220円)、月見とろろ(220円)、そして定番のポテトサラダ(280円)と、その数も豊富で、飽きることがありません。

 さぁ、出てきました、もつ焼きです。モツということであれば、今月2日に「スタミナ苑」でテッチャンを食べて以来、もつ焼きだと1日の「ひょうたん」(京成中山)以来ですから、ほぼ2週間ぶりです。

 醤油焼きの芳(こう)ばしさと、テッポウ、ガツ、それぞれの個性ある弾力感。ピリッと辛みの効いた、「秋元屋」独自の味噌ダレに包まれた、ハラミ、カシラの肉の旨み。こんな品々が、それぞれ1本100円で焼きたての熱々で出されるんだから、たまりませんなぁ。

 うぅーっ、満足した。これでモツ切れのほうは解消だ!

 1時間半ほどの滞在は、ふたりで2,770円(ひとりあたり1,385円)でした。

070817a 070817b 070817c
サッポロラガービール大瓶 / レバ生(ごま塩) / おしんこ

070817d 070817e 070817f
ホッピー(氷入り) / てっぽう醤油、ガツ醤油 / はらみ味噌、かしら味噌

店情報前回

《平成19(2007)年8月17日(金)の記録》

|

« 30年ぶりの、がんばっていきましょい!(松山) | トップページ | ラーメン切れも解消? … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16424717

この記事へのトラックバック一覧です: モツ切れラーメン切れ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方):

» 新婚夫婦がやってきた … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) [居酒屋礼賛]
 新婚2ヶ月となるここっとさんご夫妻が遊び(飲み?)に出かけてきて、まずは野方(のがた)の「秋元屋」からスタートです。  店に到着したのは、開店5分後の、午後4時5分ながら、すでに店内は満席。それぞれひとり客で来られたみなさんも、店内に入ることができず、テラス席のテーブルを相席で囲んでいます。それも1テーブルでは収まりきらず、もうひとつのテーブルにも、ひとり溢(あふ)れている状態。そのひとりが座っ... [続きを読む]

受信: 2007.09.17 14:11

« 30年ぶりの、がんばっていきましょい!(松山) | トップページ | ラーメン切れも解消? … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) »