« 店情報: イタリアンバール「バジル」(横浜・桜木町) | トップページ | 残暑きびしき葉月下旬 … 居酒屋「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) »

近頃、野毛で流行る店 … イタリアンバール「バジル」(横浜・桜木町)

 古い酒場や、焼き鳥屋などが多い野毛(のげ)の町に、最近おしゃれなイタリアンバールや、スペインバルがオープン。若者たちのみならず、野毛の呑ん兵衛たちの人気までさらっているらしいのです。

 英国のどの町にもパブがあるように、イタリアにはどの町にもバールがあり、スペインにはどの町にもバルがある。朝から夜まで、飲み物を飲んだり、食べ物を食べたり、そしてなにより地域の人たちのコミュニケーションの場として欠かせない存在なのだそうです。カフェ+大衆食堂+大衆酒場+ネイバーフッドバーといった感じなんでしょうか。

 野毛の大通り沿い、「ちぇるる野毛トポス」の前に2軒並んでいるのは、スペインバー「ボデゴン・ノゲ(Bodegon Nogue)」と、イタリアンバールの「バジル(BASIL)」。「ボデゴン」は今年8月に、「バジル」も今年5月にオープンしたばかりです。

 今宵は、となり合った2軒のうち「バジル」へ。店内は、右手の厨房の前が立ち飲みカウンター兼、料理などのショーケースになっていて、左手の壁際に小さなテーブルが2卓。店の外にもテーブルが用意されていて、若者たちがそのテーブルを囲んでいます。店を切り盛りしているのは、イケメンの店長と、それを手伝う若い男女の、合わせて3人のようです。

 飲み物はビール、ワイン、季節のサングリア、各種カクテル(ロングドリンクのみ)などのほとんどが500円。コーヒーやエスプレッソ、カプチーノ、アイスティー、トマトジュースなどのソフトドリンク類は各400円と、呑ん兵衛も、そうでない人も、一緒に楽しめる品ぞろえ。

 店の奥には、今日のサングリアの内容が掲示されていて、赤が「桃→巨峰」、シロが「グレープフルーツ&ミント→パイン」と書かれています。サングリアというのは、元々スペインの飲み物で、ワインに果実やハーブなどを加えて造ったお酒です。「桃→巨峰」と、矢印で示されてるのはどういうことなんだろうなぁ??

「サングリアは、赤、白、ともに1日1種類ずつ作っているんです。たとえば赤は、昨日からお出ししているのが桃のサングリア。今日からお出しするのが巨峰のサングリアです」

 と、店のおねえさんがニコニコと説明してくれます。それじゃ、その桃のサングリア(500円)をいただいてみましょう。

 料理のほうも、カウンター下のショーケースの中にずらりと並んだつまみ(冷たい前菜)類が、それぞれ500円。2種盛りにしてもらうと600円、3種盛りで900円です。2種盛りで、ニシンのマリネと、アンチョビとポテトのサラダをもらいます。

 本場イタリアのバールが、朝から開いているお店が多いのとくらべると、ここ「バジル」は、夕方4時開店。ただし、土日は昼1時から開けているのだそうです。そして、閉店時刻は午前2時。この閉店時刻の遅さが、野毛の呑ん兵衛たちに受けているようなのです。他でたっぷりと飲(や)ったあと、最後のシメとして楽しむことができますもんね。

 2杯目は白ワインのサングリア、グレープフルーツ&ミントのもの(500円)をいただきます。

「このサングリアは、私が仕込みをやったんですよ。ちょっとミントを効かせ過ぎたかもしれません」

 ちょっと心配そうな、おねえさん。どれどれ。おぉーっ、なるほど。ビシッとミントが効いてますねぇ。でも、もともとスティンガーなどのミントが入ったカクテルも好きだし、全然問題ないですよ。でもミントの効きで、あまりアルコール飲料らしくない飲み心地になり、すいすいと飲めてしまうのが危ないですねぇ。

 1時間弱立ち飲んで、お勘定は1,600円でした。どうもごちそうさま。

070823a 070823b 070823c
「ボデゴン」と「バジル」 / 壁のメニュー / 天狗ナスとサングリア赤

070823d 070823e 070823f
前菜2種盛り / サングリア白 / 店内の様子

店情報

《平成19(2007)年8月23日(木)の記録》

|

« 店情報: イタリアンバール「バジル」(横浜・桜木町) | トップページ | 残暑きびしき葉月下旬 … 居酒屋「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16556281

この記事へのトラックバック一覧です: 近頃、野毛で流行る店 … イタリアンバール「バジル」(横浜・桜木町):

» 【129献目】「BASIL」で男の子と話した [酒場で話した100のコト]
野毛らーを知ってますか? と言っても、どれだけの人が使っている言葉なのかは不明である。 「野毛らー」 とは何ぞや?というと 野毛が好きで頻繁に野毛ではしご酒をする人たち ということなのだと思うが、私が... [続きを読む]

受信: 2007.10.31 14:35

» 最新流行にときめいて … 立ち飲み「車橋もつ肉店(くるまばし-)」(横浜・石川町)など [居酒屋礼賛]
 「武蔵屋」をあとに、本日、野毛に集った飲み仲間たちと再集結したのは、バス通りを渡ったところにあるイタリアンバール、「バジル」です。すぐとなりにある、スペインバル「ボデゴン・ノゲ」とともに、最近、野毛で大人気の立ち飲み屋なのです。  先ほどの「武蔵屋」のキーワードが「万古不易」だとしたら、こちらのキーワードは、さしづめ「最新流行」といったところ。しかしながら、バールといった形態自体は、ヨーロッパ... [続きを読む]

受信: 2007.11.24 09:38

« 店情報: イタリアンバール「バジル」(横浜・桜木町) | トップページ | 残暑きびしき葉月下旬 … 居酒屋「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) »