« 店情報: 焼き鳥「正一合(しょういちごう)」(鎌倉・大船) | トップページ | 店情報: ひな鶏「小山(こやま)」(鎌倉・大船) »

名物トンチャンで一献 … 焼き鳥「正一合(しょういちごう)」(鎌倉・大船)

 G.Aさんと大船(おおふな)で飲むことになりました。大船と言えば、G.Aさんの「至高のはらわた」で気になっていた「正一合」のある町。G.Aさんと落ち合うなり、その希望を伝えてみたところ、

「もしかすると、いっぱいかもしれませんが、駅から近いことですし、まずのぞいてみましょう」と、G.Aさん。

 目指す「正一合」は、大船駅東口からすぐのところにあります。白地に黒でくっきりと「味自慢 やきとり 正一合」と染め抜かれた暖簾(のれん)をくぐり、店内をのぞきこんだG.Aさん、「空いてます、空いてます。入りましょう」と店内へと入っていきます。私も後について店内へ。

 店内は、入口を入ってすぐ両側にテーブル席があり、その奥が6人ほどの直線カウンター。そのカウンターの上段に、ガラス製のネタケースがあって、生の焼き鳥がずらりとスタンバイされており、その向う側、カウンターの中が焼き台です。

 その焼き台に向かって、真剣な表情で焼き鳥に対峙している、おとうさんが、この店の店主のようです。そして、カウンターの中と外を行ったり来たりしながら、注文を受けたり、できあがった焼き鳥を運んだりしている女性が二人。店主の奥さんと、娘さんなのかな。

「お二人さん? こちらへどうぞ」

 入口のすぐ左手のテーブルを指し示してくれる、おかあさん。その席に座って、さらに左手を見ると、左手奥側にもテーブル席がずらりと並んでいて、そちらはほぼ満席の状態です。入口から見ると狭いのに、入ってみると、けっこう大勢入れるお店であることに気がつきます。

 まずは瓶ビール(サッポロラガー大瓶、650円)をもらって乾杯です。

 この店のメニューはとってもシンプル。焼き鳥はトンチャン、カシラみそダレ、カシラ、とり肉、とり皮、つくね、レバ、シロ、タン、砂肝、の10種類で、それぞれ1本160円。

「1本あたりの値段が高いように思うでしょうが、ボリュームがあるので、コストパフォーマンスとしては、悪くないんですよ」とG.Aさん。

「これだけのお客さんの焼き物を、おとうさん一人でこなしてますから、一気に注文したほうがいいでしょう。2~3本注文して、食べ終わったらまた2~3本といった注文の仕方をすると、いつ出てくるかわからないですからねぇ」

 と説明してくれながら、10種類の焼き鳥の中から、おすすめの6種類を2本ずつ注文してくれるG.Aさん。焼き鳥のでき上がりを待つ間に、お新香(380円)も注文します。

 焼き鳥以外の料理メニューもシンプルで、お新香、もろキュウ、塩辛、シラスおろし、冷奴、の5品が各380円で、枝豆が400円。ナメコおろし、ナメコとうふ、納豆とうふ、の3品が各500円の、都合9種類だけの厳選メニューです。

 予想どおり、すぐに出てきたお新香は、浅漬ながら、しっかりと味のついたヌカ漬。キュウリが9切れ、ニンジンが2切れと、比較的たっぷりと盛られているのに、シャキシャキと心地よい食感に、あっという間になくなってしまいました。

 最初に出てきた焼き鳥は、トンチャンとカシラみそダレ。トンチャンは、豚のテッポウ(直腸)なのかなぁ。ちょっと辛めの味噌ダレで仕上げられたトンチャンは、とろけんばかり。カシラも同じ味噌ダレですが、間に白ネギが2本刺された、いわゆるネギ間焼きです。

 続いてはタンとシロ。タン塩は、豚の舌。カシラと同じくネギ間焼きです。シロタレは、豚の小腸ですが、クルクルッと巻いたプリップリのシロが1串に4個。やわらかさと弾力感の、とてもいいバランスです。

 最後の2種類は、とり皮と、つくね。どちらも塩焼きです。とり皮も、大きくカットした鶏の皮を、巻き込むようにしながら、U字に折り曲げて、その状態で1串に5~6個刺したもの。焼けてカリッとしたところと、中からジュワッと出てくる脂がたまりませんねぇ。

 つくねは、丸くなくて、餃子の具のような形の肉団子が1串に3個。ねっとりと粘着感を感じる噛み心地が、なんだか新鮮です。

「そうか。前から何かに似てると思ってたんですが、シュウマイの餡なんだ」

 とG.Aさん。なるほど、言われてみればそんな感じです。

 瓶ビールを2本飲んだ後は、「やっぱり「正一合」だけに、日本酒の正一合をもらわなくっちゃ」と、燗酒(正一合、500円)を注文します。

 出されたのは、ガラス製1合瓶入り「菊勇」を、そのまま燗づけたもの。なるほど。これは確かに正一合(180ml)だ!(笑)

 1時間ほどの滞在は、二人で4,200円(ひとりあたり2,100円)でした。

070822a 070822b 070822c
ビール大瓶 / お新香 / トンチャンとカシラみそダレ

070822d 070822e 070822f
タンとシロ / とり皮とツクネ / 燗酒

店情報

《平成19(2007)年8月22日(水)の記録》

|

« 店情報: 焼き鳥「正一合(しょういちごう)」(鎌倉・大船) | トップページ | 店情報: ひな鶏「小山(こやま)」(鎌倉・大船) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16498363

この記事へのトラックバック一覧です: 名物トンチャンで一献 … 焼き鳥「正一合(しょういちごう)」(鎌倉・大船):

« 店情報: 焼き鳥「正一合(しょういちごう)」(鎌倉・大船) | トップページ | 店情報: ひな鶏「小山(こやま)」(鎌倉・大船) »