« まさにオールインワン … スナック「幸(さち)」(呉・安芸阿賀) | トップページ | 30年ぶりの、がんばっていきましょい!(松山) »

故郷の酒場に集まって … バー「露口(つゆぐち)」(松山)など

「今日は、どんなぞなぁーっ!」
(訳:今日は(お魚は)いかがでしょうか)

 故郷(いなか)の家で、ゆっくりと朝寝をきめこんでいると、魚売りの行商のおばちゃんの大きな声で目がさめます。近くの小さな漁港に上がった魚を、手押し車で売りにきてくれるのです。私が子供のころ、もう40年近く前から、変わらず続くこの光景。眠い目をこすりこすり、私も今日の魚をのぞきに玄関を出ます。

「あらぁ、もんとんのぉ」
(訳:おや、帰ってたんですか)

 まるで昨日もこうして会ったかのように、笑顔で声をかけてくれる魚売りのおばちゃん。手押し車の中は、瀬戸内の小さな魚や、エビ、タコなどがいっぱい入っています。そんな中から、今日の魚はドンコとガラエビに決定。

 さっそくドンコのムニエルでビールを飲み、最後の仕上げは、そのドンコのガラで出汁をとった味噌汁です。あぁー、うまいっ。瀬戸内の小魚で出汁をとった味噌汁が、本当においしいんですよねぇ。故郷に帰ってきたなぁ、という実感がわきあがります。

 食後は、洋酒棚の中に並ぶウイスキーの中から、マッカラン18年を発見して、これをストレートでチビリチビリといただきます。いい、お盆休みだ、なんて思いながら、酔いにまかせてウトウトと昼寝。開けっ放しの窓から流れ込んでくる瀬戸内の風が、なんともいい気持ちなのです。

 目が覚めると、食卓の上にはガラエビがたっぷりと茹であがっています。これまた夏の味ですねぇ。カリッと皮をとっては、プリプリの身をぱくり。そのまま食べてもおいしいのですが、マヨネーズ醤油をちょっと絡めると、これがもう、やめられない止まらない。お酒(これまた地元の「梅錦」)を飲んでる間もないほどです。

 夜は夜とて、中学校時代の同級生たちと、松山の、さかな料理「志季」(089-945-8945、松山市二番町1-1-11)で一献。カラスミ大根からはじまって、刺身は岬アジ(ハナアジ)、アコウ、ハモ、イセエビの4種盛り。アコウ(キジハタ)は、ピンクがかった白身で、この時期、関西地方でもてはやされる高級食材。この店に、夏やって来ると必ず出してくれる刺身です。

 男2人、女2人という、外から見ると、まるで合コンのような組み合わせながら、自分たちの気持ちは中学時代そのもの。毎年のことながら、女子から、自分の下の名前(ファーストネーム)を、“君”付けで呼ばれるというのも、なんだか新鮮な気分ですねぇ。その女子のほうは、結婚して姓が変わってるから、こっちは呼びにくいこと。この場だけは、昔の名前(姓)で呼ばせてね。

 タコの唐揚げは、生簀(いけす)の中で生きていた大ダコを、手早くさばいて、一気に唐揚にしたもの。鮮度抜群の唐揚げに、日本酒も進む進む。

 最後はイセエビのお椀でしめて、一次会は終了です。

 二次会は、すぐ近くのワインバー「グランクリュ」(089-934-1123、松山市三番町1-11-12)。ワインバーだけに、白ワインから飲みはじめたんだけど、気がつけばマッカラン・カスクのロックです。ジャズの流れる薄暗い店内は、雰囲気も非常によく、友人たちとの地元言葉での会話がなければ、どこの土地で飲んでるのとちっとも分からない感じ。

 そして三次会は、昭和33(1958)年創業の老舗バー「露口」です。帰省期間の短かった昨年は、「露口」にも立ち寄ることができなかったので、一昨年以来、2年ぶりです。

「久しぶりじゃねぇ、元気じゃった?」

 と迎えてくれる、ママさんの変わらぬ松山弁に、ひと安心。まずは元祖・ハイボールをいただいて、4人で乾杯です。

 今日の店内には、サントリー広報部の方もいらしています。「寿屋(ことぶきや)チェーンバー(KCB)」から始まったこの店は、もともとサントリーとなじみが深いようです。今も店の看板は「サントリーバー露口」となっているほど。先日は、イラストレーターの柳原良平(やなぎはら・りょうへい)さんも見えられたのだそうです。

「シャシャシャァーッと、その場で描いてくれた絵が、これなんよ」

 ママさんが指し示してくれた入口側の壁の額縁には、店内のマスターとママさん、そして客席の柳原さんが描かれた水彩画です。へぇーっ。シャシャシャァーッと描いても、きっちりと柳原カラーが出るんですねぇ。さすがです。

 もうちょっと腰を落ち着けたいところですが、今日は来る時間が遅かったので、もう閉店の時刻(午前0時)。最後にスティンガー(ブランデーとミントのショートカクテル)を1杯いただいて、本日は終了です。

 朝の地魚(じざかな)からはじまって、〆のスティンガーまで。楽しく、美味しい1日は、飛ぶような速さで過ぎてしまいました。明日も飲むぞっ!

070811a 070811b 070811c 070811d
瀬戸内海 / 行商のおばちゃん / ドンコのムニエル / ガラエビ

070811f 070811g 070811h
「志季」のカラスミ大根 / 刺身盛り合せ / 生ウニ

070811i 070811j 070811k
煮魚 / ハモの煮もの / タコ唐揚

070811l 070811m 070811r
う巻き / イセエビのお椀 / 「グランクリュ」のマッカラン

070811n 070811o 070811p
「露口」の角ハイボール / 店内の様子 / 柳原良平さんの絵

・バー「露口」の店情報前回

《平成18(2007)年8月11日(土)の記録》

|

« まさにオールインワン … スナック「幸(さち)」(呉・安芸阿賀) | トップページ | 30年ぶりの、がんばっていきましょい!(松山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16395076

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の酒場に集まって … バー「露口(つゆぐち)」(松山)など:

« まさにオールインワン … スナック「幸(さち)」(呉・安芸阿賀) | トップページ | 30年ぶりの、がんばっていきましょい!(松山) »