« サイドメニューも充実 … もつ焼き「ホルモン(ほるもん)」(沼袋) | トップページ | 毎月第2土曜は夕食会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

毎月8日は全料理半額 … 大衆酒場「ふくろ」(池袋)

070908b

 池袋駅西口で、毎朝7時からやっている大衆酒場「ふくろ」。しかも、毎月8日は、料理全品が半額になると言うんだから、うれしいではありませんか。

 そんなわけで、土曜日で8日の今日、その「ふくろ」にやってきました。店に着いたのは午後3時半過ぎ。

 入口引き戸を開けて店内に入ると、ズドーンと、店の反対側にある入口までを結ぶ長ーいカウンターには、人、人、人。普段でも、お客さんがいっぱいのこの店。さらに料理半額となると、人が来ないわけがないですよねぇ。

 店のおねえさんがいると、「こちらにどうぞ」と空いてるところを指し示してくれるのですが、料理でも取りにでもいってるのか、この付近には、たまたま誰もいない状態。もう一度、ゆっくりとカウンターを見渡して、カウンターの端っこがJの字に回り込んだところに、ひとり分の空席を発見。両側の先客に声を掛けて、その真ん中に入れてもらいます。

「いらっしゃいませー」

 このカウンター担当のおねえさんも戻ってきました。

「瓶ビールください。あと、刺身の盛り合わせ」

「はーい」

 と返事したおねえさん、まずはお通し(200円)の空豆をトンと置き、カウンター下の冷蔵庫から出した瓶ビール(アサヒスーパードライ大瓶、450円)の栓を、ポンッと抜いてくれます。

 刺身盛り合わせは、この店の最高値メニューで、普段は800円。それが、料理半額の今日は400円なので、まわりのお客さんたちのところにも、ずらりと刺身盛り合わせが並んでいます。店の側も、注文の多い料理は、あらかじめ用意しているらしく、私の刺身盛り合わせも、あっという間に出てきました。四角いお皿には、大きく切られたタコとブリが3切れずつ。そして赤身のマグロが4切れに、10切れほどの細く切ったイカ。紅白、鮮やかですねぇ。

 瓶ビールを飲み終わると、メニューに「清酒(正一合)260円」と書かれた、日本酒を、燗(かん)で注文します。すぐに出されたのは、徳利型のガラス瓶入りの「大関」。なるほど、これは確かに正一合(180ml)だ。ちなみに、料理は全品半額ですが、飲み物は普段どおりの料金です。

 それにしても、この刺身盛り合わせ、けっこうなボリュームです。これは、普段の800円でも、十分お得な一品だと思います。しかし、せっかく料理半額の日なのに、刺身盛り合わせ1品で退散したのでは、もったいない。がんばって、もう1品、いただきましょう。

「すみません。柳川鍋(やながわなべ)をお願いします」

 柳川鍋は、定価700円のところ、今日は350円。この店で2番目に高い料理です。なにしろ、この夏は、1度も「どぜう」を食べないまま9月を迎えてしまったので、遅ればせながら、ここで「どぜう」を食べられるのが、うれしいですねぇ。

「柳川鍋、これで終わりましたー」

 という声が、店の中央部から響きます。やぁ、よかった。最後の1人前だったんですね。

 まだ4時半過ぎなのに、続々と売り切れの品が出てきます。カウンターの中にいる、おねえさんは、「終わりましたー」という声が響くたびに、手の甲に、売り切れた品名を、ボールペンで書き加えています。お客さんからの注文を受けたときに、ちらりと手の甲を見て、売り切れてないかどうか確認するんですね。

 柳川鍋が出されたところで、2本目の燗酒をもらいます。

「この店には、よく来るんですか?」

 左どなりに座っている、おにいさんから声がかかります。

「いやぁ、普通に移動する経路からは、はずれているので、めったに来れないんですよ。今日は8日(料理半額の日)なんで、出かけてきたんです」

「そうなんですか。ボクは、前はよく来てたんだけど、最近は週に1回くらいかなぁ。毎月8日は、人が多いから来ないようにしてるんですよ。今日は、今日が8日だということを、すっかり忘れちゃってました」

 このまわりに座っている人たちは、みなさんそれぞれ独り客。しかしながら、ほとんどの人が常連さんらしく、それぞれ名前で呼び合いながら、親しげに会話を交わしています。かといって、常連ではない客に阻害感があるわけでもない。この微妙な距離感が、おもしろいですね。

 本当は、この辺(5時半過ぎ、店に入って2時間ほど)で切り上げる予定だったのですが、両側のお客さんとの話も弾み始めたので、もうちょっと腰を落ち着けることに決定。3本目となる燗酒をおかわりし、つまみにはお新香(キュウリ、大根、ニンジンの、ぬか漬け3点盛りで、普段360円のところ180円)をもらいます。

 右どなりのおじさんは、この店で飲むために埼玉から出てきたんだそうです。

「この店に来て、もう40年以上になるかなぁ。仕事をしてるときは、帰り道に寄ってたんだけど、今はわざわざ出てきて飲んでるんだよ」

 と楽しそうに語ってくれます。京成立石の「宇ち多゛」なんかもそうですが、いい店は、常連さんたちが、電車代をかけても、わざわざ通ってきてくれるんですよねぇ。すごいことだと思います。

 そのおじさんに、昔の池袋のことをうかがったりして過ごすうちに、もう6時半過ぎ。話は尽きませんが、私はそろそろ腰を上げますか。3時間の滞在。お勘定は普段なら3,290円となるところ、料理半額日なので2,360円でした。どうもごちそうさま。みなさん、お先に!

070908a 070908c 070908d
ビールと空豆 / どぜう柳川鍋 / お新香と燗酒

店情報前回

《平成19(2007)年9月8日(土)の記録》

|

« サイドメニューも充実 … もつ焼き「ホルモン(ほるもん)」(沼袋) | トップページ | 毎月第2土曜は夕食会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

はじめまして。カムC空次郎と申します。池袋の話題がでてきたので、東口からジュンク堂書店に向かう途中にアディダスの直営店がありますが、あそこって昔居酒屋でしたよね。二階建てで味のある店だったと思うのですが。

投稿: カムC空次郎 | 2007.10.06 21:11

はじめまして。
2度送信していたらごめんなさい。
いつも楽しく読ませています。なかなか色々なお店に行けないので、バーチャル体験でしょうか、楽しませていただいております。
あの日、自分も「ふくろ」の2階で4時頃にいました。昼食兼夕食でした。「ふくろ」好きです。うう~ん、お会いしたかったな。残念・・・。
今度は一歩足を伸ばして東上線の「大山」までおいでになりませんか。有名な「鳥たき」や「蕪屋」だけでなくユニークな飲み屋さんが沢山あります。
よろしければご案内いたします。

投稿: ギターを抱いた酔っ払い | 2007.10.08 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16656031

この記事へのトラックバック一覧です: 毎月8日は全料理半額 … 大衆酒場「ふくろ」(池袋):

» 真昼間から、つみれ鍋 … 大衆酒場「ふくろ」(池袋) [居酒屋礼賛]
 三連休の最終日。目が覚めると、すでに息子は部活へと出かけており、朝食が終わったところで、カミサンと娘も、 「お買い物に出かけてくるから、お昼は、どっかで適当に食べといてね」  と出かけていきました。  うーむ。昼ごはんかぁ。夕方ならば、いろんなお店が開いてるのに、真っ昼間というのはなぁ。……待てよ。今日は8日か。毎月8日は、「ふくろ」が料理全品半額の日じゃないか!  そんなわけで、ちょうど昼ど... [続きを読む]

受信: 2007.11.04 07:50

« サイドメニューも充実 … もつ焼き「ホルモン(ほるもん)」(沼袋) | トップページ | 毎月第2土曜は夕食会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »