« 秋鮭ときのこの包み焼 … 小料理「燗酒屋(かんざけや)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 真昼間から、つみれ鍋 … 大衆酒場「ふくろ」(池袋) »

ノドクロ尽くしで満腹 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

071007x

「ねぇ、マスター。メニューにあるノドクロ(1,500円)って、1尾丸ごと?」

「そうですよ。ちょっと小さめですけどね」

 そう言いながら、冷蔵庫から取り出したノドクロを見せてくれる店主。

「小さいって言っても、これを1,500円で出したんじゃ、まったく儲けがないんじゃないんですか?」

「そうなんですけどね。うちの店で、なかなかそれ以上の値付けはできなくて」

 うーん。たしかに、そうかもなぁ。刺身の盛り合わせや、天ぷらの盛り合わせだって1,000円で、それ以外の品は、ほとんど3桁の値段ですもんね。千円を超えてるのは、ノドクロと、アンコウ鍋(1,500円)の2品しかない。

 そのノドクロは、姿焼きか、刺身にできるということなので、姿焼きで注文します。

 今日は日曜日ながら、三連休の中日(なかび)。なんだか刺身が食べたくなって、開店時刻である午後5時に、「竹よし」にやって来て、瓶ビール(キリンラガー中瓶、500円)と刺身の盛り合わせからスタートしたのでした。

 刺身を待つ間のお通し(200円)も、これまた大好物のアン肝。ビールを飲み始めた時点で、すぐに燗酒(菊正宗、350円)を注文したことは、言うまでもありません。このアン肝で燗酒を飲まなきゃ、なんで飲む! ってなもんですね。

 アン肝をなめなめ、お酒をやっているところに出された刺身盛り合せは、シマアジ、戻りガツオ、中トロ、生サーモン、そして関サバという豪華5品盛り。それぞれ3切れずつ盛られているので、通常はこれだけ注文したら、もう十分っていうほどの量なのです。

 この刺身盛り合せは、天ぷら盛り合わせと並ぶ「竹よし」の名物品のひとつ。

「ほっといても、どんどん出るんだから、もう少し値段を上げるか、刺身の量を減らせば?」

 と気遣う常連さんも多いのですが、店主はガンとして、この価格、この量を維持しているのです。

 そんなたっぷりの刺身に、やっと「刺身が食べたい!」という発作(?)もおさまり、おもむろに他のメニューを眺めているときに、冒頭に紹介したノドクロ(アカムツ)に気付いたのでした。

 焼き網を強火の遠火において、まずはノドクロの表面を焼き、あらかじめ予熱した魚焼きグリルに入れて仕上げていきます。

「業者さんからも、よくサラマンダー(上から加熱できる調理器具)をすすめられるんですが、なにしろ店が狭いので置けなくてねぇ」

 コンロやグリルを、うまく使い分けながら魚を焼いてくれるのは、そういう理由だったんですね。

 さぁ、できあがりました。ノドクロの姿焼きです。焼き魚の王者・ノドクロは、箸で持ち上げた身が、テカテカと照り輝くほどの脂ののりで、口に入れると、もうトロトロ。たまりませんなぁ。

「いやぁ、きれいに召し上がりましたねぇ。残った頭と中骨のところをスープにしましょう」

 と店主。しばらくして出された小鍋には、きのこや小柱なども追加されていて、それだけで何杯もお酒が飲めるようなスープに大変身。いやぁーっ。これは嬉しいなぁ。お酒も、おかわり、おかわり!

 口開けに、ひとりでやってきて飲み始めたのに、ひとり増え、ふたり増えと、お客さんも増えていき、すでにカウンターはいっぱい。午後8時過ぎに、近所に住む酒友、となおとんさんと、ふじもとさんの二人がやって来たところで、一緒に後ろ側のテーブル席に移動します。

 なおとんさん、ふじもとさん組も、さすがに目ざとくノドクロを発見し、「半分刺身で、半分焼き魚」というオーダー。他のお客さんもノドクロを注文したので、仕入れていた、すべてのノドクロが完売です。

 横から、ひと切れいただいた、ノドクロの刺身。これもまた脂がのりまくりで、トロトロです。なるほど。焼いても、生の状態のトロトロ感を失わないのが、ノドクロの特長なんですね。焼いて熱が通ることで、身の香りや味わいがふくらむから、ものすごく美味しく感じるんだ。

 さぁ、たっぷりと汁(つゆ)を残して、ノドクロのスープも食べ終わりました。さっき、これを出してくれたときに「汁が残ったら、あとで雑炊もできるからね」と言ってくれてたので、汁を大事にしながら食べてたのでした。今日は、まさにノドクロ尽くしですね。

 大満足、大満腹で、ノドクロ雑炊を食べ終わったのは、午後11時。シェーッ、三連休の中日とはいうものの、6時間も飲んじゃいましたか!

「あと1時間ほど飲んでれば、開店時刻から閉店時刻まで、ずっと居たことになるのに。今まで、そんな人はいなかったから、もうちょっと頑張ってみる? 新記録だよ」と店主。

 うーん。残念ながら、もう食べられないし、もう飲めません。

 たっぷりと6時間分のお勘定は4,800円。なおとんさんや、ふじもとさんをはじめ、店内のお客さんたちに「お先に!」と、あいさつして、フラリフラリと家路についたのでした。あぁ、美味しかった。

071007a 071007b 071007c
アン肝 / 刺身盛り合せ / ノドクロ焼き魚

071007d 071007e 071007f
ノドクロのスープ / ノドクロ刺身 / ノドクロ雑炊

店情報前回

《平成19(2007)年10月7日(日)の記録》

|

« 秋鮭ときのこの包み焼 … 小料理「燗酒屋(かんざけや)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 真昼間から、つみれ鍋 … 大衆酒場「ふくろ」(池袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16912079

この記事へのトラックバック一覧です: ノドクロ尽くしで満腹 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 日曜日にスタミナ六品 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 毎月、第2土曜日の翌日は、「竹よし」の夕食会のなごりを楽しむ会。…って、私が勝手にそう名付けて、ひとりで出かけているだけですが、今月も、その日がやってきました。今月は冬の味覚・鱈(たら)がテーマという噂だったのですが、どうだったんでしょうね。  そんなことを考えながら、午後5時過ぎに「竹よし」に到着です。  「こんにちは」と入った店内には、すでに先客がひとり、カウンターの一番奥で飲み始めていま... [続きを読む]

受信: 2007.11.10 15:53

« 秋鮭ときのこの包み焼 … 小料理「燗酒屋(かんざけや)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 真昼間から、つみれ鍋 … 大衆酒場「ふくろ」(池袋) »