« 路地の奥の日本酒バー … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 日曜日にスタミナ六品 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

ひとりでクールダウン … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)

071013y

 昼過ぎから、大勢でワイワイと飲み騒いだ日は、最後は独り静かにクールダウンして締めくくりたい。

 そんな思いで、阿佐ヶ谷駅で後輩Aを見送った後に立ち寄ったのが、北口ガード下にあるバー、「アルフォンソ」です。

 カウンター6席と、壁に造りつけの補助席があるだけの小さな店内は、土曜日の深夜(0時半)にもかかわらず、先客が4人。空いていた、カウンター一番手前の席に座り、ジンリッキー(700円)を注文します。

 店の外にも明示されたチャージは300円で、今日はグリーンピースの煎り豆が出されます。

 先ほどの「善知鳥」もそうですが、この店も、非常に志の高い、若い店主がひとりで切り盛りされていて、「善知鳥」同様に、店内には凛とした空気が漂います。この凛とした感じが、いい飲み屋に共通の空気ですよねぇ。

 この「凛とした空気」は、たとえば先客が誰もいないときに店に入っても、店主が一所懸命グラスを磨いていたり、注文された飲み物や食べ物に真剣に取り組んでいたり、お客とのいい距離感を保って、けっして馴れ合ったりしなかったり、といったようなことの積み重ねで、じわりじわりと、年月をかけて醸成されていくものではないかと思います。心から一所懸命であることの集大成なんでしょうね。

 あぁ、この空気が心地よい。ジンリッキーのおかわりをもらいましょう。

 最初にバーに行きはじめた頃は、何を注文していいのか、よくわからず、とても困ったことを思い出します。バー自体、あまり知らなかったので、つい雑誌などによく登場する、いわゆるオーセンティック・バーに行くことが多かったのも敗因だったのかもなぁ。

「こちらさまは、なにをお造りいたしましょう」

 と慇懃無礼な態度で、じっと目を見つめられたりすると、もう上がっちゃって、上がっちゃって。

「え、、えぇーっと、……、ジントニックを…」

 なんて、たったひとつしか知らないカクテルを、繰り返し、繰り返し注文していたものでした。

 いや。実際にはマティーニとか、ギムレット、ダイキリといった、「超」がつくくらい有名なカクテルも、名前だけは知ってたんですよ。でも、そんな有名なカクテルの名前が、自分の口から出ること自体が、こっぱずかしくて、注文することができずにいたのでした。

 今、考えれば、なんでもないことなんですけど、当時は、「ひとりで酒場に入る」というのと同じくらい、最初の壁を乗り越えるのが大変でした。

 これからバーを楽しもうという方は、ここの店主もそうですが、バーテンダーは、みなさん飲み物のプロですので、

「お酒が弱めで、甘くないもの」

 とか、

「うーんと強いお酒で、スカッとミントの効いたもの」

 と、自分の好みを伝えさえすれば、「それじゃ、こんなのは」と、美味しい飲み物を提案してくれるはずです。

 特に、ここの店主はいつもニコニコと優しそう(実際に優しい!)なので、とっても相談しやすいと思いますよ。

 ありゃありゃ。もう1時半になっちゃいましたか。じゃ、ボチボチと腰をあげますか。

 約1時間のクールダウン。お勘定は1,700円でした。どうもごちそうさま!

店情報前回

《平成19(2007)年10月13日(土)の記録》

|

« 路地の奥の日本酒バー … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 日曜日にスタミナ六品 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16993160

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりでクールダウン … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷):

» 戦い終えて夜も更けて … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 立石での飲み会を終えて、京成押上線から都営浅草線・京急線に直通する電車に乗り込み、中央線沿線メンバーは浅草橋で、総武線各駅停車に乗り換えます。立石からの帰り道はいろんなルートがあるんですが、中央線方面だと、1回乗り換えるだけのこのルートが一番楽かな。土曜日11時過ぎのこの時間、電車内はけっこういっぱい。年末の忘年会シーズンだからでしょうか。しかしながら、途中から座ることもできて、うつら、うつらと... [続きを読む]

受信: 2008.01.27 09:33

« 路地の奥の日本酒バー … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 日曜日にスタミナ六品 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »