« 金曜日は古漬けの刻み … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 店情報: 居酒屋「龍家(たつや)」(高円寺) »

久しぶりに焼き鳥注文 … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

071019y

 焼き鳥屋なのに、この店で焼き鳥を食べたのは久しぶり。なにしろ、休みの日の午後4時にやってくることが多いので、こうやって会社帰りの遅い時間に来ること自体も久しぶりです。遅い時間帯も込んでるんですねぇ!

 店に到着したのは、午後10時前。ここ「川名」は、11時半にはピシャッと閉店するので、あと1時間半ほどしかありません。

 店内は、金曜日ということもあるのか、お客さんが多くて、カウンターはかろうじて1席空いているのみ。その席に腰をおろし、生グレープフルーツサワー(336円)を注文すると、今日のお通し(サービス)は柿です。

 お通しとして、必ず季節の果物が出されるのも、この店の定番。私なんか、嫌いじゃないんだけど、好んで果物を食べるということは少ないので、ここ「川名」で果物の季節を学習しているような次第です。

 まず注文した肴(さかな)は、ブナしめじバター(252円)。こんなメニューもあったんですね。

 たっぷりとお皿に盛られて出てきた、ブナしめじバターは、塩バターで炒めて、最後にこれまたたっぷりと削り節をトッピングしたもの。ブナしめじって、まっ白なものもあるんですね。シャッキリとした食感が嬉しい一品です。

 そして、いよいよ焼き鳥です。今日、注文したのは、鳥中おち串(126円)と、豚とろ串(126円)の2本。味つけ(塩・タレ)は「塩」にしました。

 ここ「川名」は、店の表で、お土産用の焼き鳥や、豚煮込みなども販売しています。お土産用の焼き鳥は、すでに焼きあがった状態で大皿にずらりと並んでいて、注文すると電子レンジで温めて出してくれます。

 これは、あくまでもお土産用を買って帰る人の、店の外で立って待たないといけない時間を短くするための措置で、店内からの注文に対しては、生の状態から、炭火できっちりと焼きあげてくれるのです。

 プリップリに焼きあがった焼き鳥のうまいことよ。ックゥ~ッ。サワーも進みますなぁ。

 ちなみに、ここの焼き鳥は豚系と鶏系の両方があって、豚のほうは、白もつ(84円)の他、タン、ナンコツ、カシラ、豚レバ、ハツ(各105円)というラインナップ。一方、鶏のほうは、鳥皮(84円)の他、鳥レバ、すなぎも、若鳥、ねぎま、つくね(各105円)が並びます。

 これら定番メニューのほかに、ホワイトボードに豚とろ串、豚ばら串(各126円)、豚にんにく串、鳥にんにく串(105円)、鳥中おち串(126円)などの追加メニューが書き出されるのです。

 簡単に注文したいときには、タン、ハツ、カシラ、豚レバ、ナンコツ、白モツという、焼きトン(豚)系の6本をセットにしたニュートンセット(609円)や、若鳥、ねぎま、鳥皮、砂肝、鳥レバの5本セットであるチキンセット(504円)もあります。

 なにしろ焼き鳥屋さんだけあって、焼き鳥は当然おいしいのですが、口開け(午後4時)にやってきて、どれか1~2品を、となると、ついつい刺身などに走っちゃうんですよねぇ。

 そんなわけで、久しぶりに「川名」の焼き鳥を愉しんで、今夜は、一番最後のお客として、お店のみなさんが掃除をはじめる午後11時半にお勘定。1時間半の滞在は、1,218円でした。どうもごちそうさま!

071019a 071019b 071019c
生グレープフルーツサワーとお通しの柿 / ブナしめじバター / 玉ねぎ

店情報前回

《平成19(2007)年10月19日(金)の記録》

|

« 金曜日は古漬けの刻み … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 店情報: 居酒屋「龍家(たつや)」(高円寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17062078

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに焼き鳥注文 … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» もつ入り野菜スープ? … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 先日、飲み仲間で集まったときに、どこの煮込みが好きか、という話題になりました。以前なら、すぐに東京三大煮込みとか、五大煮込みと言われている店が挙げられたのでしょうが、日本酒や焼酎の進化と同じように、もつ文化も、このところ大きく進化していて、挙げられる店名も幅広い! 「私が宇ち多゛以外の店を挙げるわけないでしょう」  と語るのは、「宇ち多゛」中毒を自称する宇ち中さん。もつ焼きもさることながら、豚の... [続きを読む]

受信: 2007.12.02 10:37

« 金曜日は古漬けの刻み … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 店情報: 居酒屋「龍家(たつや)」(高円寺) »