« 嘉永3年創業の超老舗 … 立ち飲み「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷) | トップページ | 店情報: 小料理「銀漢亭(ぎんかんてい)」(神保町) »

つけ揚げで無双湯割り … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町)

071106y


 四ツ谷の「鈴傳」をあとに、やって来たのは、一度ひとりでじっくりと飲んでみたかった神保町の「兵六」です。

 平日(火曜日)の午後9時という時刻ながら、店内は満席模様。コの字カウンターの一番奥がかろうじて空いていて、その場所にすべり込みます。

 やぁー、よかった。入れた。

 この店の椅子は、それぞれがコの字カウンターの1辺全体をカバーする長椅子なので、明確な定員はありません。ギュッと詰めれば、たくさん入れるのです。

 ほっとして店内を見渡すと、コの字カウンターの向かい側には、酒友・呑んだフルさんをはじめ、以前、門前仲町の「だるま」から、新宿「川太郎」にご一緒させていただいた、「兵六」の常連のみなさんがずらりと座っています。

 どうもどうも。ごぶさたしてます。

 さすがは二日と空けずに通っているという常連さんたちですねぇ。

 コの字カウンターの真ん中で、店を仕切っているのは、三代目の店主。常連の呑んだフルさんによると、若いながらも熱血漢なんだそうです。

 その店主に、この店の名物でもある焼酎湯割り(「無双」、650円)を注文すると、その注文は、店主の後ろにある小窓から、奥の厨房に通されます。

 焼酎湯割りは、徳利に入れられたあったかい焼酎とお猪口。それとはべつに、アルマイトの急須で、お湯が出されます。この徳利の焼酎と、急須のお湯を、お猪口の中で混ぜ合わせて、湯割りを作るのです。ックゥ~ッ、うまいっ。

 お通し(サービス)で出されたのは、四角い小皿の対角線の位置2箇所に、ちょんちょんと見栄えよく盛られたヒジキと納豆。こういう昔からの肴を、チマチマとつまみながら飲むのがいいんですよねぇ。大袈裟(おおげさ)かもしれませんが、日本に生まれて良かったなぁ、と思ってしまいます。

 この焼酎。ひとつもらうと、徳利1本の焼酎+急須のお湯ですから、5:5のお湯割りにしても、都合、徳利2本分のお湯割りができるのです。

 飲むうちにチマチマとつまんでいた、お通しもなくなり、次はカウンター上の大皿にならんでいる、つけ揚げ(500円)をもらいます。つけ揚げは、薩摩揚げの鹿児島地方での呼び方。丸皿に、四角いの、丸いの、棒状のと、3つのつけ揚げが盛られ、横に練りガラシが添えられています。酒場で薩摩揚げをたのむと、おろしショウガが添えられることが多いのですが、練りガラシとは珍しいですね。

 ゆっくりと1時間ほどくつろいで、今日のお勘定は1,150円でした。ごちそうさま。

071106d 071106e 071106f
「兵六」 / つけ揚げ / 店内の様子

店情報前回

《平成19(2007)年11月6日(火)の記録》

|

« 嘉永3年創業の超老舗 … 立ち飲み「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷) | トップページ | 店情報: 小料理「銀漢亭(ぎんかんてい)」(神保町) »

コメント

先日、「兵六」で偶然お会いした時の事、本ブログで思い出しました。写真まで撮っていただいて(というよりは店内風景に映り込んだが正解でしょうが)有難うございます。
「銀漢亭」へ流れるお決まりコースを辿られたんですね。
銀漢亭にも当然行きましたが、既に脳内HDDはsave不能状態だった様です。
追伸)門前仲町「だるま」、新宿「川太郎」他のDVD完成しました。機会がありましたら、お渡し致します。
それでは

投稿: 荒木又右衛門 | 2007.12.02 14:27

>荒木又右衛門さま
 あららー。こっそりと写真を載せてたのに、ばれちゃいましたか(^^;;
 「兵六」にも、また近いうちにうかがいたいと思いますので、よろしくお願いします!!

投稿: hamada | 2007.12.02 16:39

実は私も同席していました!まさか、お会い出来るとは思ってなかったので、とても嬉しかったです!
お騒がせしてご迷惑をかけてなければいいですが…。今後もブログ楽しみにしております

投稿: サッチ | 2007.12.05 16:52

>サッチさま
「ご迷惑」だなんて、とんでもないです。
また「兵六」でお会いできましたら、よろしくお願いいたします!(^^)v

投稿: hamada | 2007.12.09 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17229691

この記事へのトラックバック一覧です: つけ揚げで無双湯割り … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町):

» 酒盗に漬物で無双一丁 … 大衆酒場「兵六(ひょうろく)」(神保町) [居酒屋礼賛]
 アメリカでの食事も美味しかったのですが、日本に帰ってきたらまずは和風の肴(さかな)をつまみたい。何軒かの候補店が思い浮かぶ中、成田空港から京成電車に乗り、本八幡で乗り換えて都営新宿線で神保町へ。向かったのは「兵六」です。  成田空港から都内まではけっこう遠くて、「兵六」に到着したのは午後8時前。金曜日の夜だけあって店内はほぼ満席で、ふたつあるテーブル席(4人掛け)のうち、ふたり連れが座っていたテ... [続きを読む]

受信: 2008.05.11 11:33

« 嘉永3年創業の超老舗 … 立ち飲み「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷) | トップページ | 店情報: 小料理「銀漢亭(ぎんかんてい)」(神保町) »