« 家族3人分のアラ煮? … 居酒屋「鳥恵(とりけい)」(鎌倉・大船) | トップページ | シメ炭はペスカトーレ … バー「ピュアー(PURE)」(野方) »

小さな囲炉裏を囲んで … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野)

071012x

 昭和36(1961)年に、この地で創業し、今年で46年。BGMのない店内は、小さな囲炉裏を囲むようなJ字のカウンター、8席程度のみ。この薄暗い、古びた(←ともに褒め言葉です!)小さな空間を、二代目のご夫婦ふたりで切り盛りされています。

 飲み物は日本酒(千福の樽酒と本醸造)と、瓶ビール、ウイスキーのみ。料理は季節の野菜や、豆腐、岩魚などの、ごくごく自然なものが、シンプルに並んでいます。

 金曜、午後9時の店内には、先客が3人ほど。それぞれ、ひとり客ながら、お互いによく知っているようで、いつものとおり、店主夫婦を中心にして会話がはずんでいます。この店の最大の特長は、小さな囲炉裏を囲んだ、この会話なのです。みんなの話を聞いているだけでも楽しいのですが、店主夫婦のさりげない采配で、たとえ一見(いちげん)さんでも、気がつくと会話の輪の中に入っているのです。

 まず瓶ビールをもらって喉を潤したあと、千福の樽酒(800円)です。この店に来たら、この樽酒を飲まなければ始まらない。ここの樽酒は、樽の香りがほのかに漂う上品なもので、すいすいと、とても飲みやすいのです。

 料理のほうは、お通しのキンピラに続いて、生揚げを焼いてもらいます。

 となりのおにいさんは、囲炉裏で餅を焼いてもらっています。みんなと話をしながら、ときどきちょいちょいと餅をひっくり返す店主。目の前でプクゥーッと膨らんでいく餅が、おいしそうです。

 J字カウンターの頂点のところのお客さんは、ウルメイワシです。これも囲炉裏の上に金網をのせて、さっと炙ってできあがります。こうやって、目の前でつまみができあがっていく様子が見えるのがいいですねぇ。

 樽酒をおかわりし、野菜皿の中にある食用菊を注文します。

「サッと茹でて、わさび醤油で食べるのも美味しいのよ」

 という、おかみさんのオススメにしたがって、その食べ方を試してみると、これがまたシャキシャキとした、菊(もってのほか)の食感によく合うこと。赤紫の色合いもいいですねぇ。

 ワイワイと2時間半の樽酒タイムは、3,600円でした。どうもごちそうさま。

071012a 071012b 071012c
樽酒 / 生揚げ / 食用菊

店情報前回

《平成19(2007)年10月12日(金)の記録》

|

« 家族3人分のアラ煮? … 居酒屋「鳥恵(とりけい)」(鎌倉・大船) | トップページ | シメ炭はペスカトーレ … バー「ピュアー(PURE)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16969305

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな囲炉裏を囲んで … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野):

» 囲炉裏前でゆっくりと … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) [居酒屋礼賛]
 中野駅北口側に広がる中野5丁目の飲み屋街は、各駅ごとにそれぞれ素晴らしい飲み屋街がそろっている中央線沿線の中でも、おそらく随一の規模。そんな一大飲み屋街の深部に、「樽酒」を看板に掲げた「路傍」があります。  すぐ近くには、軍鶏料理の「竹やぶ」や、ジンギスカンの「神居古潭」、麦とろの「丸子亭」、そして人気のうなぎ串焼き店「川二郎」と、それぞれ特徴のある食べ物を提供してくれる店々が並びます。  水曜... [続きを読む]

受信: 2008.06.15 09:21

« 家族3人分のアラ煮? … 居酒屋「鳥恵(とりけい)」(鎌倉・大船) | トップページ | シメ炭はペスカトーレ … バー「ピュアー(PURE)」(野方) »