« わざわざ出かけるお店 … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 流行りの店に口開けで … 立ち飲み「パニパニ」(中野) »

幻の梅でイクラ醤油漬 … やきとり「鳥佳(とりよし)」(横浜・上大岡)

071101y


 私が知らないだけかも知れませんが、横浜地区には、もつ焼き屋さんが少ないのです。昔から外国人が多かったので、牛や豚の内臓も、肉と同じように、ごくごく普通の食材として消費されてしまっていて、もつ焼き用として、安く市場に出回ることがなかったのかなぁ、なんて推測したりしていますが、実際のところどうなんでしょう?

 そんな横浜の地で、創業者であるお母さんの代から、もう30年以上、もつ焼きを提供し続けているのが、上大岡(かみおおおか)の「鳥佳」です。

 店の正面に向かって両側に入口があり、駅から遠い右側(信号交差点の側)が、カウンター&テーブル席への入口です。木曜、午後8時過ぎの店内は、ゆるやかに満席に近い状態。テーブル席には空きがなく、カウンターに2席分程度の空きがあります。そのカウンター席に腰を落ち着けて、瓶ビール(キリンラガー大瓶、520円)と、小腹セット(700円)を注文します。

 小腹セットというのは、おまかせの、やきとり7本盛り。目の前の焼き台で、店主が一所懸命焼いてくれる様子がよく見えます。最近、焼き台と客席の間に、アクリル板のような、透明の仕切りがあるお店が多いのですが、ここは、まさに目の前が焼き台。炭火の強い火力を、客席からも実感することができるのです。

 まず出されたのは、カシラ、ハツ、タン、鳥ネギの塩焼き。お皿の脇にはキャベツの酢漬けも添えられています。

 やきとりは、基本的には1本130円ですが、タンは150円、ボンボチ、トンタマは210円、さがり(牛串)は350円と、単価が高めの串も、いくつかあります。

 続いては、レバーとシシトウのタレ焼き。大ぶりのレバーのプリプリ感が、あいかわらずいいですねぇ。そして、シロタレ。くるりと巻き込むようにして、串に刺されたシロの弾力感といったら! 感服です。

 ビールが空いたところで、「幻の梅サワー」(420円)を注文します。“幻の”なんて言葉を見ると、つい気になっちゃいますよねぇ。

 すぐに出された幻の梅サワーは、サワーグラスの底に梅干の実が入り、グラスの底のほうは梅酒のような薄茶褐色。そこからグラスの上のほうに向かって、グラデーションに透明感が増していき、グラス上部は完全に透明です。なんだかテキーラサンライズのような、カクテル系の飲み物なんですね。

 上のほうを飲んでみると、さすがに透明だけあって、このあたりは、ほとんど味はない。添えられたマドラーでグルグルとかき混ぜて、全体が透明っぽい褐色になったところで、いただきます。ふーん。けっこう甘めの飲み物ですねぇ。

 やきとりを食べ終えて、G.Aさんの「陸ボケ日記」にもよく登場する、コブクロ刺しがないかどうか確認してみたところ、残念ながら今日は無いとのこと。それじゃと、黒板にずらりと書き出されている「本日の美味」から、イクラ醤油漬け(500円)を注文します。

「はい。イクラ醤油漬けです」

 と、カウンターの上部越しに手渡された醤油漬けは、透明なガラス小鉢に盛られた、とても美しい透きとおるオレンジの粒々。うわぁーっ、としばらく観賞してから、おもむろに数粒を口に運びます。

 ックゥゥゥ~~ッ。こりゃまた、うまいもんじゃのぉぉっ。

 その様子をニコニコと見守っていた店主から、

「熱いご飯が欲しくなるでしょう!?」

 と声がかかります。まったく、まったく。熱いご飯に、このイクラをたっぷりと盛り上げて、丼を口につけたまま、ザクザクとかき込むと、死ぬほどうまいだろうなぁ!

 日本酒とも、ものすごく合いそうですが、合い過ぎて、酒が3本(3合)くらいは軽く空いちゃうかもなぁ。残念ながら、まだ木曜日だから、ちょっと控えておきますか。

 キラキラと輝くイクラを食べ終えて、1時間ちょっとの滞在は2,140円でした。どうもごちそうさま。

071101d 071101e 071101f
カシラ、ハツ、タン、鳥ネギ(塩) / シシトウ、レバー(タレ) / シロ(タレ)

店情報前回

《平成19(2007)年11月1日(木)の記録》

|

« わざわざ出かけるお店 … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 流行りの店に口開けで … 立ち飲み「パニパニ」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17173520

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の梅でイクラ醤油漬 … やきとり「鳥佳(とりよし)」(横浜・上大岡):

» とろり半熟うずらの卵 … やきとり「鳥佳(とりよし)」(横浜市・上大岡) [居酒屋礼賛]
 横浜勤務のにっきーさんと一緒にやって来たのは上大岡の「鳥佳」です。生ビール(500円)をもらって、小腹セット(おまかせのやきとり6本で700円)でスタートすると、今日の小腹セットはナンコツ、ハツ、カシラ、シシトウの塩焼きに、レバー、シロのタレ焼きの6本です。くるりと巻かれたシロが、やっぱりうまいですねぇーっ!  そう言えば、以前は1本130円だったやきとりが、150円に値上がりしています。しかし... [続きを読む]

受信: 2008.06.08 10:36

« わざわざ出かけるお店 … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 流行りの店に口開けで … 立ち飲み「パニパニ」(中野) »