« もつ入り野菜スープ? … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | つけ揚げで無双湯割り … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町) »

嘉永3年創業の超老舗 … 立ち飲み「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷)

071106x

 四ツ谷方面での仕事を終えて、久しぶりにやってきたのは、酒屋としての創業は江戸時代末期の嘉永3(1850)年という超老舗、「鈴傳」です。

 古い酒屋の左端にある、知る人ぞ知る扉を開けて、左側の壁に張りつくように作り付けれた立ち飲みテーブルの並ぶ細長い通路を進むと、その奥がドーンと広がる立ち飲みスペースになっているのです。

 火曜日、午後7時の店内は、立ち飲みカウンターも、立ち飲みテーブルも、まだ若干の余裕がある状況。

 立ち飲みカウンターの一番手前にある注文場所で、小瓶のビール(キリンラガー、350円)と刺身(350円)を注文し、支払いを済ませて、立ち飲みカウンター中央部の、やわらかく弧を描いたところに陣取ります。

 地酒が安く楽しめるこの店ながら、最初はやっぱりビールですね。小瓶は350mlで、きれいに泡立てながら注いで、ビアタンに3杯分程度。飲みはじめの喉潤しにちょうどいいのです。プハァーッ。今日の仕事が終わった感じがしますよねぇ。この瞬間が一番好きです。

 喉が潤ったところで地酒ですね。

「燗で飲めるのはどれ?」

 と聞いてみると、

「上の段に並んでるものなら大丈夫よ」

 とカウンターの中のおねえさん。

 地酒のメニューは、注文カウンター横の壁に、上下2段に短冊で張り出されているのです。今日の上の段は、宮城「日高見」(450円)、静岡「正雪」(380円)、富山「満寿泉」(380円)、千葉「腰古井」(380円)、宮城「一ノ蔵」(380円)に、北海道「千歳鶴」(350円)の6種類。これが、ビールメーカーのビアタン1杯にちょっと溢れる量(つまり正一合以上!)の値段なのだから、うれしいではありませんか。酒屋に併設された立ち飲みならではですよね。

 そんな中から、『漁師の酒』と注記された、千葉の「腰古井(こしごい)」(380円)を燗で注文すると、カウンターの中では、いったんは冷蔵庫で保存されている「腰古井」を、普通に冷酒でもらうようにビアタンに溢れさせて注いだ後、その溢れた分も含めて、カウンター内の燗づけ器の注ぎ口から注ぎ込みます。その受け皿付きのビアタンを、今度は燗づけ器の下に置き、蛇口を開けると、ちょうどよく燗のついた「腰古井」のできあがりです。

 刺身は、ここに来るたびに、だいたいいつも注文している定番の品。最初のころは、立ち飲みカウンターの上にあるガラスケースをのぞき込んで、「マグロください」なんて単品で注文していたのですが、あるとき、常連さんが注文しているのを見てると、単に「刺身!」と注文している。これで、その日の刺身を小皿に盛ってくれるんですね。それ以来、私も真似して「刺身」と注文しているのでした。

 今日の刺身はカツオのたたきとネギトロ。横に刻んだミョウガも添えられているのがうれしいですね。醤油を回しかけて、ちょいちょいとワサビを付けながらいただきます。燗酒ともよく合いますねぇ。

 刺身をつまんでは、酒を飲み。酒を飲んでは、刺身をつまみ。あっという間に、酒も魚もなくなります。

 今日の2杯目は、今度は『由比漁港の銘酒』と書かれた静岡の「正雪(しょうせつ)」(380円)を、これまた燗で注文し、つまみにはガラスケースの中で、私に一番近いところにあった煮物(350円)をいただきます。

 煮物は、厚揚げ、つみれ、さつま揚げ、がんもどき、など。具材のひとつひとつが、それぞれ酒に合うのがいいですねぇ。

 ちなみに、2段に並んだ地酒のうち下の段(冷酒で飲むのがおすすめ)は、山形「楯野川」(500円)、宮城「撰勝山」(600円)、福島「にごり酒」(600円)、富山「成政」(500円)、栃木「四季桜」(500円)、山形「出羽桜・吟醸生」(600円)の6品です。

 となりにやって来た若いおねえさんは、つまみを1品に、地酒(冷酒)を1杯、キューッと飲んで「ごちそうさま」と帰っていきました。店内に15分も居たかどうか。粋(いき)ですねぇ。

 それに引き換え、私のほうは、ゆっくりとチビチビと飲み進めて、1時間ほどの滞在は1,810円でした。どうもごちそうさま。

071106a 071106b 071106c
看板 / 刺身 / 煮物

店情報前回

《平成19(2007)年11月6日(火)の記録》

|

« もつ入り野菜スープ? … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | つけ揚げで無双湯割り … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町) »

コメント

こんにちは。

成政酒造の杜氏、シマと申します。

鈴傳には、とんとご無沙汰しております。
と申しますか、東京から遠ざかっております・・・。
その昔、四谷を根城にしていたのが懐かしく思い出されます。

今度は弊社の『純』をいってみてくださいませ。

よろしくお願い申し上げます。

投稿: シマ | 2007.12.04 07:34

>シマさま
「鈴傳」のお酒はどれもおいしくて、いつも感激しながらいただいています。
富山「成政」の「純」、ぜひいただいてみます。
どうもありがとうございます。

投稿: hamada | 2007.12.09 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17212706

この記事へのトラックバック一覧です: 嘉永3年創業の超老舗 … 立ち飲み「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷):

» サッと飲みスッと帰る … 立ち飲み「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷) [居酒屋礼賛]
 ものすごく久しぶり(4年半ぶり)に四ツ谷の「スタンディングルーム鈴傳」にやってきました。  ここ「鈴傳」は、嘉永3(1850)年創業の老舗の酒屋。その酒屋の一角で立ち飲みができるようになったのは昭和24(1949)年のこと。戦後間もないその当時は、大蔵省や東京陸運局などが四ツ谷にあって、ちょっとお酒を飲むことができる場がにぎわっていたんだそうです。  昭和31(1956)年に大蔵省が霞が関に移転... [続きを読む]

受信: 2012.05.09 21:16

« もつ入り野菜スープ? … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | つけ揚げで無双湯割り … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町) »