« 小さな囲炉裏を囲んで … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 路地の奥の日本酒バー … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) »

シメ炭はペスカトーレ … バー「ピュアー(PURE)」(野方)

071012y

 中野の「路傍」で樽酒を楽しんだ後は、自宅のすぐ近くの野方まで帰ってきて「ピュアー」です。

 前回もいただいた、生ビール添えのアクアビット(630円)を注文すると、今日のお通し(310円)は生ハムのサラダです。

 バーで、ひとりで飲み始めたのは、今から10年ほど前。三十代後半だったでしょうか。

 若い頃は、バーとスナック、クラブなどの区別がついてなかったのです。そういう形態のお店は、否応なくボトルキープさせられたウイスキーの水割りが出て、これまた否応なく値段のわからない料理が出てきて、店には(けっこう年配の)おねえさんがいて、そのおねえさんの飲み物も「1杯いただいていいかしら?」なんて、これまた否応なくおごらざるを得なくて、しかも会話が途切れてくると、半ば無理矢理にカラオケを歌わされる。区別なくそんなイメージだったのです。

 十数年前に、海外出張時にホテルのバーで飲んだりしたのをきっかけに、国内でもホテルのバーや、ガイドブックなどに書かれている、いわゆるオーセンティック・バーと言われるような店に行きはじめたのですが、それでもなんだか慇懃無礼な感じがするし、値段も決して安くないしと、大衆酒場とくらべると、あまり好んで行きたい酒場ではありませんでした。

 しかし、その後もときどきバーに顔を出したりしているうちに、自宅近くにある「日登美」や「ブリック」「ペルル」、そしてここ「ピュアー」などの、気取りがなくて居心地がよく、値段も安く、それでいて、きちんとしたお酒や料理が楽しめるようなお店に出会い、徐々に「バーもいいなぁ」と思い始めたのでした。そんなバーの良さに気づいてしまうと、実は自宅近くだけではなくて、各地にいいバーがあることも分かりはじめてきました。

 さらに、ここ5年ほど、横浜に単身赴任しているうちに、横浜ではバーが大衆酒場的な位置づけで、ごくごく普通にくつろげる空間であることを知るに至り、やっと自分でもバーが楽しめるようになってきたのでした。

 そんなことを思い出しながら飲んでいるところへ、

「マスター、ペスカトーレをお願いします」

 と隣のおにいさんが、スパゲティを注文します。

「じゃ、私も同じものを、小さいので!」

 と便乗注文。この時間(午前1時前)になると、なんだかお腹がすいてきて、シメの炭水化物(略して“シメ炭(しめたん)”)が欲しくなってくるんですよねぇ。メタボリックへまっしぐらのシメ炭ですが、これがなかなか止められない。サイズを「小さいの」にすることで、せめてもの自己弁護です。

 この店は、もともと店主が料理人だったこともあって、料理がうまいし、種類も多い。しかも、料理の量が、M(1人前)とS(半人前)で選べるものが多いので、ちょっとつまみたいときや、最後にちょっと小腹に入れたいときに、ちょうどいいのです。

 ペスカトーレは魚介類とトマトソースのスパゲッティ。私のもらったSが520円で、となりのおにいさんのMは840円です。いつもは、もうちょっと太い麺で作るのだそうですが、今日は麺のストックが切れていて、急きょ細麺で対応してくれたのですが、これがソースによく絡んで、飲んだあとにはちょうどいい。

 スルスルと、あっという間に食べ終えて、今日のお勘定は1,460円でした。やぁ、おいしかった。

071012d 071012e 071012f
「ピュアー」 / アクアビット、生ビール添え / お通しの生ハム

店情報前回

《平成19(2007)年10月12日(金)の記録》

|

« 小さな囲炉裏を囲んで … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 路地の奥の日本酒バー … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/16973035

この記事へのトラックバック一覧です: シメ炭はペスカトーレ … バー「ピュアー(PURE)」(野方):

» 怒濤の年末年始特集1 … 「秋元屋」「ピュアー」「鳥竹」「満月」「ゴテンズバー」 [居酒屋礼賛]
 12月28日・金曜日。今年の仕事も今日まで。会社での納会を終えて、ひとり「秋元屋」です。氷なしホッピー(380円)に煮込み(320円)、お新香(180円)でスタートし、氷なしの黒ホッピー(380円)でレバ生(300円)へ。ツルリツルリといただくレバ生のなんとうまいことよ。最後はガツとテッポウを1本ずつ(各100円)醤油で焼いてもらって、今年の「もつ納め」は、午後9時半から1時間ちょっとで、席料1... [続きを読む]

受信: 2008.02.02 14:16

« 小さな囲炉裏を囲んで … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 路地の奥の日本酒バー … 酒亭「善知鳥(うとう)」(阿佐ヶ谷) »