« 店情報: 小料理「銀漢亭(ぎんかんてい)」(神保町) | トップページ | アラ煮を肴に燗酒2本 … 居酒屋「夕凪(ゆうなぎ)」(横浜・屏風浦) »

家族といるより長い? … 小料理「銀漢亭(ぎんかんてい)」(神保町)

071106z2


 酒友・呑んだフルさんとともに「兵六」を出て、神保町駅方面に向かいながら、「兵六」の常連のみなさんが、「兵六」終了後に流れるという店の数々を紹介してもらいます。「兵六」を好む人たちが通う酒場だけあって、どの店もなかなか良さそうです。

「今日は、ここに入りましょう」

 と、呑んだフルさんが入っていったのは、創作小皿料理の「銀漢亭」。入口近くはL字カウンターの立ち飲みで、店の奥のほうは普通に座れるテーブル席になっています。我われは、立ち飲みカウンターに立ち、呑んだフルさんオススメのシークワーサーハイ(300円)を注文します。

 飲み物は、シークワーサーも含む酎ハイ各種が300円のほか、生ビール400円、日本酒(浦霞など)や焼酎が400円、グラスワインが350円といったところ。

 料理のほうは、さすがに創作小皿料理の店らしく、黒板に「本日のおすすめ料理」が手書きされています。その内容は、鶏モツ赤ワイン煮、いかのうまみ干、鯖の山椒煮、烏賊と大根のうま煮、いなだの昆布〆め(以上各600円)、やりいかの酒盗和え(500円)、豆腐よう(400円)などなど。他にも肉料理、野菜料理、魚料理といってジャンルに分かれて、それぞれ10種類程度ずつの料理が並んでいて、どれもそれぞれに美味しそうです。

 そんな中から、選んだ料理は、じゃがバターと塩辛(600円)。ひと口大にカットして、ずらりと並べられた、じゃがバターの上に、イカの塩辛がトッピングされています。

 そうこうしているうちに、「兵六」の閉店時刻(午後10時半)を過ぎ、「兵六」で飲んでいた常連さんたちも続々と登場。店はますます、にぎやかになってきました。なるほどなぁ。「次は銀漢亭!」なんて約束をしてなくても、みなさん、知らぬ間に同じ店に流れてくるんですねぇ。もしかすると、家族と過ごす時間よりも、常連さんたち同士で過ごす時間のほうが長いくらいかもしれませんね!(笑)

 明日の仕事に備えて、今日は横浜まで帰らないといけません。それじゃ、私はボチボチと引き上げますね。どうもごちそうさま。みなさん、お先に!

071106z3 071106z4 071106z5
シークワーサーハイ / じゃがバターと塩辛 / 店内の様子

店情報

《平成19(2007)年11月6日(火)の記録》

|

« 店情報: 小料理「銀漢亭(ぎんかんてい)」(神保町) | トップページ | アラ煮を肴に燗酒2本 … 居酒屋「夕凪(ゆうなぎ)」(横浜・屏風浦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17230137

この記事へのトラックバック一覧です: 家族といるより長い? … 小料理「銀漢亭(ぎんかんてい)」(神保町):

« 店情報: 小料理「銀漢亭(ぎんかんてい)」(神保町) | トップページ | アラ煮を肴に燗酒2本 … 居酒屋「夕凪(ゆうなぎ)」(横浜・屏風浦) »