« 15周年おめでとう! … 立ち飲み「和一(かずいち)」(門前仲町) | トップページ | こんな静けさは珍しい … バー「ブリック(BRICK)」(中野) »

牡蠣南ばんで蕎麦屋酒 … そば「おおひら」(野方)

牡蠣かき南ばん


 わが家の近くにある手打ちそばの「おおひら」。テーブル席が3卓ほどと、座敷席も3卓ほどの、この蕎麦屋には、季節ごとに、その季節ならではの蕎麦が1,000~1,500円くらいで用意されています。この季節の蕎麦を食べながら、チビチビといただくお酒が実にいいのです。

 12月に入ったばかりの今の時期、品書きに並ぶのは、「きのこ汁せいろ」(980円)、「姫鱒(ひめます)天せいろ(いくら御飯付き)」(1,380円)、「牡蠣(かき)かき南ばん(小ライス付き)」(1,260円)の3品です。

 どれにするか、しばらく悩んだ末に、今回は「牡蠣かき南ばん」をもらうことに決定。「かきかきなんばん」という、言葉の響きもかわいらしいですね。

「お酒のつまみとしていただきますから、すぐに出してください」

 注文するときに、そう付け加えておきます。

 席に座るとすぐに出される揚げそばと、お酒のお通しとして出されたセリのお浸しをつまみながら、信州・佐久の地酒、「菊秀(きくひで)」の燗酒(420円)をチビリチビリ。

 蕎麦屋で飲む酒が好きな人は非常に多いようで、蕎麦屋酒に関する本も、数多く出版されています。

 まず蕎麦味噌か、板ワサ、焼き海苔などで日本酒を飲み始め、お酒をおかわりする頃に、鴨や天ぷらなどの、ちょっとこってりとした系統のつまみへと進み、最後にズズッと、せいろでしめる。こういうのが、粋(いき)な飲み方の例として紹介されています。

 ここ「おおひら」にも、おしんこ(400円)、とろろ(420円)、板わさ(420円)や、鴨焼き(790円)、あなご天ぷら(790円)、季節の野菜天ぷら(950円)、盛り合わせ天ぷら(1,260円)などのつまみメニューも用意されているのですが、ひとりでやって来たときに、それらを注文したことはありません。

 こういうつまみ類からはじめると、私の場合には、ついもう1杯、もう1杯とお酒が進んでしまって、シメのそばまで行き着かなかったりして、『なんのために蕎麦屋に入ったんだろう?』なんてことになりがちなのです。

 もっと問題なのは、粋な飲み方は、軽めにしか飲まない割りには、けっこう高くついてしまうということ。値段設定がかなり安めの、この店でも、板わさ(420円)、鴨焼き(790円)、せいろ(580円)と食べ進むうちに、菊秀(420円)を3本ばかりいただくと、お勘定は3,050円になりますからねぇ。

 引き合いに出して申しわけありませんが、超有名店ということでご容赦いただくとして、「神田やぶそば」で、同じような楽しみ方をすると、かまぼこ(630円)、あいやき(1,260円)、せいろうそば(630円)に、菊正宗(735円)が3本で、なんと4,725円と、とても「軽~く」とは言えないお勘定になってしまうのです。

 そんなこんなで、結局この店では、季節の蕎麦を注文して、それをつまみにお酒を飲む、というパターンが、私のお気に入りになっているのでした。

「お待たせしました、牡蠣かき南ばんです」

 やぁ、来た来た。塗りのお盆の上には、牡蠣南ばんそばの他に、茶碗のご飯、お新香(キュウリとカブ)、そして薬味(おろし生姜と刻みネギ)の小皿が載っています。

 どーれどれ。まずは牡蠣をひと口。

 ヌォーッ。うまいっ。

 下味をして、衣をつけ、いったん唐揚げにされている牡蠣は、よく火が通っていながら、その衣のおかげで、牡蠣特有のコクと深みのあるうまみが、ちっとも失われていません。これはいいなぁ。あぁ、合わせるお酒も、うまいっ。

 酒のつまみでいただくときには、そばもフニャっとふやけて、伸びた状態でも十分いけるのですが、せっかくの新そばなので、伸びてない、シャキッとしているうちに、麺の三分の一ほどをいただいておきましょうか。箸で軽くつまみあげては、ズズッ、ズズッ、ズズッと、そばをすすり込みます。

 牡蠣がつまみになり、そえられている春菊もつまみになり、今やフヤフヤと伸びかけている麺もまたつまみになり、そして、最高のつまみは、なにしろその汁(つゆ)そのものです。

「お酒のおかわりをお願いします」

 当然のようにお酒もおかわりし、ちょっと蕎麦をつついてはお酒を飲み、お酒を飲んでは蕎麦をつつき。最後に、具として入れられているネギで、添えられたご飯をいただくと、思いっきり満腹です。

 1時間半の滞在。けっきょくお酒は3本いただいて、今日のお勘定は2,520円でした。

 このシーズン、ぜひもう一度食べに来たい「牡蠣かき南ばん」ですが、向こうのおにいさんが食べていた「姫鱒天せいろ」もおいしそうだったよなぁ。次回もまた、何を注文するか迷うに違いない。ぜいたくな悩みなり。

071202a 071202b 071202c
「おおひら」 / 揚げそばとセリのお浸し / 牡蠣かき南ばん

店情報前回

《平成19(2007)年12月2日(日)の記録》

|

« 15周年おめでとう! … 立ち飲み「和一(かずいち)」(門前仲町) | トップページ | こんな静けさは珍しい … バー「ブリック(BRICK)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17417547

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣南ばんで蕎麦屋酒 … そば「おおひら」(野方):

» 旬を楽しむ鮎天せいろ … 手打そば「おおひら」(野方) [居酒屋礼賛]
 「すっぴん酒場」を出て、野方での2軒目は手打そばの「おおひら」です。  「おおひら」は、非常にアットホームな雰囲気を持つ、本格的手打そばの店で、食べるにしても、飲むにしても、とても居心地がいいのが大きな特長なのです。  店内は、左手がテーブル席、右手が小上がりの座敷席になっていて、ひとりの場合は左手テーブル席の一番手前にある、囲炉裏が切られた大き目のテーブルに座るのが定番のようです。  金曜、午... [続きを読む]

受信: 2009.07.27 08:30

« 15周年おめでとう! … 立ち飲み「和一(かずいち)」(門前仲町) | トップページ | こんな静けさは珍しい … バー「ブリック(BRICK)」(中野) »