« 胃袋でトマト割り完成 … 立ち飲み「ぼんそわ」(新橋) | トップページ | 寒くなったらイカ大根 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) »

うな丼の予定が昼間酒 … 大衆酒場「まるます家(まるますや)」(赤羽)

071117x


「今日はお出かけなので、どっかでお昼ごはんを食べておいてねー」

 そう言って、家を出て行くカミサン。土曜日は、私立高校・中学に通っている娘、息子も学校に行ってるので、ひとりで昼ごはんです。となると、赤羽かな! 「まるます家」で、熱いのを1本もらって、うな丼(きも吸い付き、750円)でもいただきますか。

 トコトコと環七まで出ると、そこから赤羽まではバスで1本(210円)。バスに揺られてウトウトしているうちに、終点・赤羽駅東口に到着です。

 昼前に着けば大丈夫だろうと、少し早めに家を出たので、「まるます家」に到着したのは午前11時過ぎ。入口引き戸をガラリと開けて店内へと進むと、この時間なのに店はもう満席で、年配のご夫婦二人が待ち席で待っています。なんとまぁ、この時間から、もうみなさん飲んでるんですねぇ。

 しかし、ほとんど待つこともなくご夫婦はコの字が二つ並んだカウンターの奥へと案内されて、

「おにいさん。おひとりなら、まん中の席でいい?」

 と、二つのコの字カウンターのまん中に1席だけある席に案内されます。この席に座るのは、これで2度目。「まるます家」のオペレーションをじっくりと観察することができる、とてもおもしろい席なのです。(オペレーションの様子は前回記事をご覧ください。)

 まずは予定どおり「富久娘」(350円)を燗酒(ホット)でもらって、料理は、この店の名物のひとつ、鯉のあらい(400円)です。前回は、最初に瓶ビールをもらって鯉のあらいを食べたのですが、やっぱり鯉のあらいには、燗酒のほうが合いますね!

 まわりを見わたしてみると、地元の人と思われる年配のお客さんに、若いカップルなども混ざっていて、まさに老若男女、さまざまな客層になっています。

 名店の条件として、万古不易(ばんこふえき)な営業形態と、老若男女満遍ない客層ということが挙げられるとすると、昭和25年創業のこの店は、まさにその両者を兼ねそなえた名店と言えるでしょう。

 昼どきだけあって、うな丼が飛ぶように出ています。まぁ、この値段(きも吸い付き、750円)だったら、そうですよねぇ。

 呑ん兵衛たちに人気があるのは、すっぽん鍋(700円)に、つみれ鍋(700円)。私が座っているこの場所は、厨房から、両側のカウンターへの料理の通り道でもあるので、どんな料理がよく出ているのかが、ボォーッと飲んでても、すぐに分かるのです。ひとり用の鍋にたっぷりと作られた鍋物が700円ですからねぇ。まさにこれだけで酒の2本、3本はすぐに飲めそうです。

 こうやって、昼間っから、みんながザワザワと飲んでる中に入っちゃうと、「熱いのを1本やって、次は、うな丼」って気分にもなりにくいなぁ。やっぱり、もうちょっと飲んじゃいますか。

「すみません。富久娘(350円)のホットをおかわり。それと、サメのにこごり(300円)をください」

「はいっ、こちら、カワイコちゃんホットに、サメのにこごりぃーっ!」

 と謳うように注文が通されます。カワイコちゃんというのは、この店での「富久娘」の呼び方です。

 鍋もそうですが、サメのにこごりも、冬らしい品物のひとつですよねぇ。出された煮こごりは、お皿に4切れ。透きとおった茶色ごしに、サメの皮がうねうねと並ぶ様子も美しいですねぇ。

 1時間ちょっとの昼間酒。お酒2本の、ちょうどいいほろ酔い加減で、お勘定は1,400円でした。あぁ、実にいい休日だ!

071117a 071117b 071117c
「まるます家」 / 鯉のあらい / サメのにこごり

店情報前回

《平成19(2007)年11月17日(土)の記録》

|

« 胃袋でトマト割り完成 … 立ち飲み「ぼんそわ」(新橋) | トップページ | 寒くなったらイカ大根 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17331567

この記事へのトラックバック一覧です: うな丼の予定が昼間酒 … 大衆酒場「まるます家(まるますや)」(赤羽):

» 昼前から楽しむ鯉と鰻 … 大衆酒場「まるます家(まるますや)」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 長男(中学3年生)の参観日で板橋方面に出かけ、そのまま保護者会に出席するというカミサンを残し、ひとり赤羽に向かいます。赤羽に到着したのは午前11時半。まだ午前中なのに飲めるというのが赤羽のすごいところですねぇ!  向かったのは、赤羽駅近くにある鯉とうなぎの「まるます家」です。この店は朝9時からの営業で、しかも月曜(月曜が祝日の場合は翌火曜)定休とあって、土日祝日でも平日と変わることなく朝から飲め... [続きを読む]

受信: 2008.08.03 14:38

« 胃袋でトマト割り完成 … 立ち飲み「ぼんそわ」(新橋) | トップページ | 寒くなったらイカ大根 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) »